日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニセコ湯本温泉郷 月美の宿 紅葉音(大浴場と朝食)

 1日12組だけが味わえる寛ぎの宿「紅葉音」の美味しい食事と露天風呂に癒された昨夜は、いつもより少し早く就寝
紅葉音
(※画像は公式サイトより)
「月美の宿 紅葉音」夕食と貸切風呂はhttp://kurumi2002217.blog77.fc2.com/blog-entry-838.html

・・・・・・それが、早朝に目が覚めてしまったので、大浴場へ
キャンドルの灯りに照らされ幻想的なロビーが素敵

(※マウスオン、またはタップすると画像が変わります)

キャンドルの軟らかい灯りが、心和ませてくれます
紅葉音  紅葉音
(※画像をクリック、またはタップすると拡大します。)

大浴場前のエントランスには、温泉分析書別表のみが掲げられています。
(※温泉分析書は交流促進センター雪秩父のもの)
紅葉音  
雪秩父温泉
(※画像をクリック、またはタップすると拡大します。)

源泉名 湯元温泉 雪秩父
泉質 単純硫黄泉(硫化水素型)(低張性弱酸性高温泉)
泉温 56.8℃(気温17.5℃)
知覚的試験 弱灰黒色・微濁・弱金属味・硫化水素臭)
ph 値 3.85
成分総計 0.557g/kg
試験年月日 平成20年10月

脱衣所はあまり広くありませんが、貴重品ロッカー、パウダースペース、紫外線消毒器の中にブラシなど用意されいます。
紅葉音  紅葉音
(※画像をクリック、またはタップすると拡大します。)

それでは、独り占めの大浴場を満喫しましょう
木の香り溢れると言うより、硫黄臭の方が強い感じですが、それはそれで温泉気分が味わえますね

(※マウスオン、またはタップすると画像が変わります)

湯治場って雰囲気で良い感じ
紅葉音
(※画像は公式サイトより)

肩まで浸かってのんびり寛ぐ至福のひととき
紅葉音  紅葉音
(※画像をクリック、またはタップすると拡大します。)

露天風呂は・・・本日は悪天候のため湯温が低く入浴ができないそうですが、見ることは可能のようです
紅葉音  紅葉音
この光り輝いている湯を見ていると、湯温が低くても浴槽に飛び込みたくなっちゃいますね

手を入れてみると、やっぱりぬるすぎ
紅葉音
ここでの湯浴みは諦めて

・・・と言うことで、客室露天風呂へ移動

(※マウスオン、またはタップすると画像が変わります)

客室露天からはニセコの山々が眺められ、バルブ調整が出来るので湯温も適温
湯浴みしながら、読書なんてしてしまって長湯の
紅葉音  紅葉音

長湯の後は、「四季彩和食らくまる」で、お楽しみの朝食です

(※マウスオン、またはタップすると画像が変わります)

朝食も品数多くて、美味しそうですね
やっぱり、温泉宿のお楽しみはお食事でもあり・・・湯でもあり・・・

(※マウスオン、またはタップすると画像が変わります)

ごはんは、白米と十穀米の好きな方を選ぶことができ
焼き魚や卵焼きなど、定番の朝ごはんのおかずに、たらこ和え、上品な味付けの煮物
紅葉音  紅葉音
(※画像をクリック、またはタップすると拡大します。)

うに椎茸に新鮮なハマチのお刺身、たらこ、梅干し、お浸し、デザートの杏仁豆腐と温めて食べる手作り豆腐
朝の身体に優しいおやずと味付けが嬉しいですね
紅葉音  紅葉音
(※画像をクリック、またはタップすると拡大します。)

そして、チェックアウト時も外まで宿の方が、荷物を持ってくださり、寒いのにお見送り
「おもてなし」と、細部まで気が利くサービスで、とても寛げた1泊2日の「紅葉音」でした
リピートしたいですね
紅葉音
それにしても、もう4月になろうとしているのに、この積雪

参考になったと思われた方は、
是非↓↓↓こちらをクリックしてね



ニセコ湯本温泉郷 月美の宿 紅葉音
所在地 北海道磯谷群蘭越町湯本温泉680(国民宿舎 雪秩父向かい) 
0136-59-2881
日帰り入浴 10:00~17:00 料金 800円
公式サイトhttp://www.akahane-onsen.com



(2016/03/24)
スポンサーサイト

ニセコ湯本温泉郷 月美の宿 紅葉音(夕食と貸切風呂)

1日12組だけが味わえるくつろぎの宿
昔「チセの湯」と呼ばれていた温泉施設がリニューアルした奥ニセコの一軒宿

(※マウスオン、またはタップすると画像が変わります。)

予定通り17時に到着すると、いきなりの「お・も・て・な・し」
雪が降る中、宿の方がお出迎えに現れ、荷物などを運んで宿の中へ案内してくれます。
紅葉音  紅葉音
(※画像をクリック。またはタップすると拡大します。)

硫黄臭が香る宿内は、間接照明があしらわれた和の風情が漂う空間が広がり

(※マウスオン、またはタップすると画像が変わります。)

間接照明や小物がセンスよく飾られたロビーには受付と売店もあり・・。
紅葉音  紅葉音
(※クリック、またはタップすると画像が拡大します。)

こちらに座って、ウエルカムドリンクを飲みながら、宿帳の記入と館内の説明を聞きます。
紅葉音
また、珈琲やいちごオレのサーバーがあり、宿泊者は無料と嬉しいサービスも・・・

そして、いよいよ客室へ・・・。
普通の洋室ツイン、金庫もちゃんとあるので貴重品も安心ですね
冷蔵庫のお茶やジュースも無料とサービス
そして、この部屋の嬉しいところは、露天風呂付き
いつでも入りたい時に何時間でも湯浴みができる
紅葉音  紅葉音
(※クリック、またはタップすると画像が拡大します。)

他にも嬉しいサービスがいっぱい
浴衣以外に作務衣が用意され、これはには嬉しいです。
浴衣は裾がはだけたり、着崩れしたりと気を使うこと色々・・・
紅葉音  紅葉音
ドレッサールームのアメニティー女性用化粧品コエンザイムQ10のパックまで用意されており、自宅から持ってこなくても良いくらい充実してます。
もちろん男性用化粧品も・・・

それでは、夕食までの時間は客室露天風呂で寛ぎましょう
ニセコは場所によって泉質が違い、の湯の特徴は、この濁り湯と硫黄臭
湯船の底に溜まっている「湯花」で泥パックができるので、美肌効果もバツグン
バスローブにボディソープやシャンプー類もあり、真湯のシャワーにカランも付いてるので、わざわざ大浴場に行かずに済むのが、更に嬉しいですょね

(※マウスオン、またはタップすると画像が変わります。)

もちろん、ph値3.9の単純硫黄泉はかけ流し
紅葉音  紅葉音
(※クリック、またはタップすると画像が拡大します。)

露天風呂で疲れも癒されたころで、「四季彩和食らくまる」で夕食のお時間です
掘りごたつ式の個室なので、まわりの目も気にせずに、ゆっくり会話も食事も
紅葉音  紅葉音
(※クリック、またはタップすると画像が拡大します。)

個室に招かれると、食べきれるかな?と思うほどの品数が列んでます。
※お料理の全体を撮影するの忘れたので「紅葉音」のHPより、お料理のイメージ写真をアップしました。
紅葉音  紅葉音
(※クリック、またはタップすると画像が拡大します。)

先ずは、薔薇の香りがする食前酒の梅酒とはビールで乾杯
その梅酒とタラの芽豆腐の先付、そして彩り綺麗な鴨燻製や炙り煮あなごなどの前菜
紅葉音  紅葉音
(※クリック、またはタップすると画像が拡大します。)

近隣の積丹や岩内の新鮮魚介をふんだんに盛り込んだ豪快なお造り
紅葉音
縞ぞい・うに・ホタテ・サーモンなどなど・・・2人で食べきれるかしら?

焼物は、まるでチョコレートが掛かってるのかと思った冬鰈酪農焼胡麻炭ソースと煮物はアンコウの味噌仕立て
見てるだけで、楽しくも、美味しさまでも伝わってきますね
紅葉音  紅葉音
(※クリック、またはタップすると画像が拡大します。)

強肴(いざかな)は、池田牛の石焼き美味しくて箸が止まりません
紅葉音  紅葉音
(※クリック、またはタップすると画像が拡大します。)

酢の物は、たつ蒲のポン酢クリーム、作るたつ蒲と、やっぱり食感が違って美味しい
お腹いっぱいなのに、磯風味の鮭茶漬けがサラサラと・・・
最後の水菓子も、全部食べきって
紅葉音  紅葉音
(※クリック、またはタップすると画像が拡大します。)

北海道の山と海の味覚をふんだんに盛り込んだ料理に、お腹も心も満たされた後は、やっぱり湯浴みでしょう
予約していた貸切風呂(完全予約制/15:00~22:00)へ・・・
夜もすっかり更けると宿内は備長炭とキャンドルに火が点り、更に良い雰囲気

(※マウスオン、またはタップすると画像が変わります。)

こちら、貸切風呂の脱衣所
紅葉音  紅葉音
(※クリック、またはタップすると画像が拡大します。)

浴槽は2~3名がゆったり浸かれるくらい・・・
紅葉音  紅葉音
(※クリック、またはタップすると画像が拡大します。)

もちろん、にごり湯の硫黄泉は源泉100%のかけ流し。
紅葉音  紅葉音 
(※クリック、またはタップすると画像が拡大します。)

身も心も「紅葉音」の「お・も・て・な・し」と、いつも笑顔で気さくな宿の人達、そして美味しい料理、湯花いっぱいのにごり湯に、日頃の疲れもすっかり癒され、お布団に吸い込まれる夜なのでした

参考になったと思われた方は、
是非↓↓↓こちらをクリックしてね



ニセコ湯本温泉郷 月美の宿 紅葉音
所在地 北海道磯谷群蘭越町湯本温泉680(国民宿舎 雪秩父向かい) 
0136-59-2881
日帰り入浴 10:00~17:00 料金 800円
公式サイトhttp://www.akahane-onsen.com



(2016/03/23)

川上温泉

羊蹄山麓を走る国道276号沿い、京極町で有名な「野々傘うどん」の近くにあるコーラとスプライトの看板がポイントの

(※マウスオンすると画像が変わります。スマホの方はタップすると画像がか変わります。)

開業は90年も前の大正15年だそうです
川上温泉

入り口から入ると直ぐに受付があり、スプライトは無いけどコーラやお菓子、でん粉が売られてます。
入浴料(大人1名500円)を手渡すと「男湯の方はまだ湯を入れてるので、女湯の方に・・・」と通されました
川上温泉  川上温泉
(※画像をクリック、またはタップすると拡大します。)

廊下の途中には、温泉分析書が掲げられており、それを撮影しようとしていると、反射するからと灯りを消してくれたりと、このアットホームさと心配りが嬉しいですょね
川上温泉  川上温泉
(※画像をクリック、またはタップすると拡大します。)

源泉名 -
泉質 単純温泉(中性低張性低温泉)(旧泉質名:単純温泉)
pH値 pH7.2
泉温 30.9℃
温泉分析 平成12年11月6日

廊下の奥に広々とした男性用の脱衣所があり、今は使ってなさそうなサウナが・・・
川上温泉  川上温泉
(※画像をクリック、またはタップすると拡大します。)

たちは、その手前の女性用脱衣所へ・・・狭く小じんまりした脱衣所には、やっぱり小じんまりした洗面所付き
こ~いう鄙びた雰囲気とっても好き
川上温泉  川上温泉
(※画像をクリック、またはタップすると拡大します。)

浴室には、透明な湯が溢れるほど注がれた浴槽が1つと小じんまり

(※マウスオンすると画像が変わります。スマホの方はタップすると画像がか変わります。)

シャワー付き洗い場には、シャンプーなども揃えてあります
源泉100%ですが、泉温が低いため加温していることもあり、お湯はパイプから注がれてません
しかし、自由にバルブを開閉しても良いそうです
川上温泉  川上温泉
(※画像をクリック、またはタップすると拡大します。)

軟らかくなめらかな肌触りの湯は、透明でキレイ
川上温泉
癖がないので、長湯できちゃいますねぇ~

帰りに、男湯をちょこっと覗かせてもらい
窓の外には露天風呂の跡があり、羊蹄山が綺麗に見えるそうですが・・・
流石豪雪地帯、この日は雪山で何も見えませんでした

(※マウスオンすると画像が変わります。スマホの方はタップすると画像がか変わります。)

湯上がり後もさっぱり感があり、そして何よりもアットホーム感が良い感じの「川上温泉」
これからも、10年・・・20年と頑張って欲しいですね

参考になったと思われた方は、
是非↓↓↓こちらをクリックしてね



川上温泉
所在地 北海道虻田郡京極町字更進
 0136-42-2566
日帰り入浴 平日・13:00~21::00  土日祝・10:00~21:00



(2016/03/24)

秘境の温泉宿「新見温泉ホテル」の今後は?

 新見温泉郷には、「秘湯の宿 新見本館」と「秘境の温泉宿 新見温泉ホテル」の2軒の湯宿が隣接していましたが、「新見本館」と同じく平成28年3月末に閉館となる「新見温泉ホテル」
さようなら!秘湯の宿「新見本館」の記事http://kurumi2002217.blog77.fc2.com/blog-entry-815.html
どちらも開祖故新見直太郎氏によって発見され、明治45年から万病卓効の良泉として親しまれた奥ニセコの秘湯です。

(※マウスオンすると画像が変わります。スマホの方はタップすると画像がか変わります。)

「美人女将が居る」「お蕎麦が絶品」などと聞いてはいたけど、隣の「新見本館」でたっぷり癒されてしまい
こちらへ足を運ぶまでには至らなかったため、今回が最初で最後の湯浴みになってしまいます

(※マウスオンすると画像が変わります。スマホの方はタップすると画像がか変わります。)

入浴料のを支払い、横を見るとアンティークな金庫の上に温泉分析書があります。
新見温泉ホテル  新見温泉ホテル
(※画像をクリックすると拡大します。)

お湯はお隣の「新見本館」と同じ・・・
源泉名 新見温泉1号井
泉質 カルシウム・ナトリウムー硫酸塩温泉(旧泉質名:含芒硝ー石膏泉)(中性低張高温泉)
泉温 63.2℃(気温16℃)
知覚的試験 無色澄明・無味無臭
ph値 7.3   ラドン 0.649マッヘ単位/kg
成分総計 1.446g/kg
分析終了日 平成22年10月5日

残念だったのが、この日は2階部分に位置する野天風呂「立木の湯」で湯浴みできないとのこと・・・
混浴ですが、野趣溢れる素敵な露天風呂だったと記憶しています。
新見温泉ホテル  新見温泉ホテル
(※画像をクリックすると拡大します。)

しかし、最後ですから、我が儘は言ってられません
内湯の脱衣所は、とにかくシンプル子供のオモチャが置いてあるだけ
新見温泉ホテル  新見温泉ホテル
(※画像をクリックすると拡大します。)

初めての浴場はどんな感じかな?いつもながらしちゃいます
ガラガラ~っとガラス戸を開けると・・・
透明な湯が静かに静かに浴槽から溢れ、湯面はまるで鏡の様、床タイルはコーティングされた様に光ってます

(※マウスオンすると画像が変わります。スマホの方はタップすると画像がか変わります。) 

シャワー付き洗い場も6つ、広くはないけど、自然光が取り入れられ明るい浴場です。
新見温泉ホテル

掛け湯槽もあります。そして、剣を持っている様なのでお不動様でしょうか?
新見温泉ホテル  新見温泉ホテル
(※画像をクリックすると拡大します。)

浴槽の真ん中の岩から、湯がゆっくり注がれて、岩に付着している白い温泉成分に歴史を感じます
新見温泉ホテル  新見温泉ホテル

・・・と言うことで、誰も居ないことを良いことに、本日もさん登場

(※マウスオンすると画像が変わります。スマホの方はタップすると画像がか変わります。)
野天風呂でも湯浴みをしたかったけど、この浴場と良く温まる湯感さっぱりの新見温泉の湯を満喫して、2つの新見温泉に別れを告げるのでした

それが、「新見温泉存続」と言う情報がありました
記事元はhttp://mainichi.jp/articles/20160131/ddl/k01/070/142000c

『名湯は残った』 〈一筆半歩/小川祐希〉 毎日新聞2016年1月31日
蘭越町の山中にひっそりとたたずむ秘湯・新見温泉の2軒宿「新見本館」と「新見温泉ホテル」が、3月末で100年余りの歴史に幕を閉じる。そう聞いて、札幌から車で2時間半、現地を訪ねた。
 新見温泉は広島県から入植した新見直太郎氏(故人)が発見し、1912(明治45)年に開業した。現在、2軒の宿はいずれもその孫が経営している。
 新見本館の新見健社長(74)によると、最盛期の90年代前半には平日でも1日約130人が宿泊したが、その後、長く続いた景気低迷で減少。今は湯治などの常連客が8割以上を占め、1日あたりの宿泊者は10人に満たない。2軒とも後継者がおらず、廃業を決めた。
 昨年12月、廃業のニュースがインターネット上で流れると、全国から買い取りの申し出が相次いだ。中には10億円を出すという話もあったが「投機目的で買われるより、温泉を生かしてくれるところに」(新見社長)と、別の企業に約1億円での売却を決めた。
 建物は取り壊される見通しだが、湯は引き継がれる。北海道の歴史ある観光資源として、いつまでも愛される温泉であってほしい。

もしかしたら、近いうちに新見温泉「再開」や「復活」のニュースがあるかもしれませんね

参考になったと思われた方は、
是非↓↓↓こちらをクリックしてね



秘境の温泉宿新見温泉ホテル
〒048-1327北海道磯谷郡蘭越町字新見5


(2016/03/23)

ワイス温泉

余市から倶知安方面、国道5号線沿いの鄙びた一軒宿
もう閉鎖になったのかな?とちょっと不安に・・・
ワイス温泉
工事関係者に聞くと「やってますょ」と・・・単に外装工事のようです。

宿内は、リフォームしたのでしょう
どことなく懐かしい昭和の雰囲気は残ってはいるものの清潔感もありキレイ
ワイス温泉  ワイス温泉
(※画像をクリック、またはタップすると拡大します。)
このワイス温泉は、昭和45年(1970年)町営の国民保養センター・ワイス荘としてオープン
その後、昭和55年(1980年)、町営から民間に譲渡となり、ワイス観光を経て平成17年から㈱市原が運営していると言うことです。

入浴料(大人1名500円)を支払い湯浴みしましょう
ワイス温泉  ワイス温泉
(※画像をクリック、またはタップすると拡大します。)
ロビー奥には貴重品ロッカーにマッサージチェアーが置いてある休憩所もあり、湯上がり後はで寛げますね
浴場前には天然温泉の証、温泉分析書温泉分析書別表も掲げられてます。

源泉名 ワイス温泉 市原2号井・3号井の混合
泉質 ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(旧泉質名:含芒硝ー食塩泉)(アルカリ性低張性高温泉)
泉温 46.2℃(気温-5.2℃)
視覚的試験 無色澄明 僅かに塩味 ほとんど無臭
ph値 8.5
総計 0.252g/kg
試験年 平成19年12月

ツルツル感も期待できそうなお湯です
ただ・・・残念なことが1つ・・・改装してから薬品投入とのこと・・・
名湯や秘湯が次々と姿を消し、薬品投入の温泉が増えてきましたね
ワイス温泉  ワイス温泉
(※画像をクリック、またはタップすると拡大します。)
脱衣所は超シンプルドライヤー付きの洗面所と何故か上段と下段は施錠されてて使えないのに、他は扉が閉まらないロッカー可笑しい

さてさて、誰も居なさそうな浴場を独り占めしましょう

(※マウスオンすると画像が変わります。スマホの方はタップすると画像がか変わります。)
中央で仕切られた大きな浴槽が1つ自然光が差し込み浴場内は明るく・・・

静かに、しかし大量に湯が掛け流されてます
こんなに掛け流されているのに薬品投入は勿体ないね
ワイス温泉  ワイス温泉
(※画像をクリック、またはタップすると拡大します。)

シャワー付き洗い場は窓側に6つ、壁側に2つ、シャンプーなども備えられてます。
カウンターにタオルなども売られていたので、あまり居ないと思うけど手ぶらで来ても湯浴みできちゃいますね
高温浴槽の白いパイプでお湯が注がれていると思ったのですが違うらしく、湯口は浴槽の底にあるそうです。
ワイス温泉  ワイス温泉
(※マウスオンすると画像が変わります。スマホの方はタップすると画像がか変わります。)

サラリとした浴感ですが、ツルツル感もあり、よく温まる良い湯です
ワイス温泉
体の芯からポカポカ汗がジワ~~っと・・・食塩泉なので保湿・保温効果も期待でき、地元の方から根強い人気なの分かりますね

参考になったと思われた方は、
是非↓↓↓こちらをクリックしてね



ワイス温泉
住所 岩内郡共和町ワイス256-35
 0135-72-1171
営業時間 10:00~20:00
無休
公式サイトhttp://www.waisu-spa.com/main/top_out.php



(2016/03/23)

さようなら!秘湯の宿「新見本館」

 昨年、温泉ファンを驚かす一報が入った 
2014年に廃業してしまった「ニセコ薬師温泉」に続いて、新見温泉までも・・・
「兎に角、最後にあの雪庇の露天風呂で湯浴みがしたい
そんな思いで、255kmも先の奥ニセコへ一路向かったのでした

(マウスオンすると画像が変わります。スマホは画像をタップしてね)
この温泉は明治42年、開祖故新見直太郎氏によって発見され、明治45年から万病卓効の良泉として親しまれた奥ニセコの秘湯です。
新見直太朗氏が道路を切り開き開拓したことから、ここの地名が「新見」と名付けられました。

湯宿の玄関には「日本秘湯を守る会」の証が・・・そして、閉館の告知も
2016新見本館  2016新見本館
(画像はクリック、またはタップすると拡大します)

受付で入浴料を払い、露天風呂のある「第2浴場」の方へ・・・
2016新見本館  2016新見本館
(画像はクリック、またはタップすると拡大します)

わぉ平日なのに先客が
と同じく閉館を惜しんで来られた方々なのでしょう
2016新見本館  2016新見本館
少々、薄暗い脱衣所ですが、貴重品ロッカーもあるので、のんびり湯浴みが楽しめますね

相変わらず透明で綺麗な湯がたっぷり注がれている内風呂ですね
第2浴場の内風呂は「新見温泉2号井」含芒硝-石膏泉
詳細は過去記事http://kurumi2002217.blog77.fc2.com/blog-entry-503.html
こちらの内風呂は、後回しで・・・
2016新見本館
恥ずかしくて露天風呂に出られないと言うご婦人2人と挨拶を交わし、目指すは扉の向こう

ド――ン!キタ――!混浴露天風呂――!
2016新見本館
ゲッ 殿方が2人も・・・

しかし、まで来て断念はしたくない
と思った割に、挨拶をしてから、岩陰で湯浴み
浴感がサラリとした露天風呂は1号井と2号井の混合泉だったはず・・・
2016新見本館  2016新見本館
(画像はクリック、またはタップすると拡大します)

今年は温かい日が続いていたので、雪庇も低くなってましたが、まだ1.2~1.3m以上は優にありますね
2016新見本館

この雪庇露天風呂も見納めかぁ~。
幾度も見上げて、ため息
2016新見本館
もっと足を運ぶべきだったと後悔しつつ、別れを惜しみながらの湯浴み

しかも長湯し過ぎてしまい、第1浴場へ行く時間がなくなってしまい更に後悔
第1浴場の詳細はhttp://kurumi2002217.blog77.fc2.com/blog-entry-363.html
2016新見本館  2016新見本館
最後にに別れを告げ、新見温泉の歴史を1枚1枚丁寧に…焼き付けて「新見本館」を後にすることにしました。

新見温泉郷には、「新見本館」と「秘境の温泉宿 新見温泉ホテル」2軒の湯宿が隣接しています。
明治45年の創業以来、103年の歴史を刻んで来た、名湯「新見温泉郷」は、平成28年3月末日、長い歴史に幕を下ろしました。

参考になったと思われた方は、
是非↓↓↓こちらをクリックしてね



秘湯の宿新見本館
〒048-1327北海道磯谷郡蘭越町字新見1



(2016/03/23)

創業100年!丸駒温泉旅館

 支笏湖は、水深が日本で2番目という深い大きな湖で、北海道で不凍湖と言うのも珍しく、透明度の高さで有名な摩周湖やバイカル湖に匹敵する透明度を有しているそうです。
湖の名前はアイヌ語の「シ・コッ」(大きな窪地)に由来、この「窪地」とは支笏湖を水源とする千歳川が開削した深い谷のことを指していたものであり、千歳川の旧名でもあったそうです。
支笏湖
水深が深く、火山の噴火により出来たカルデラ湖で、水底に枯木などがあるため一度沈んだら浮かんでこないなどを理由に「死骨湖」と呼ばれたり「風不死岳(ふっぷしだけ)」なんてあるから心霊スポットになってる様ですが、この青い水と綺麗な風不死岳や樽前山、恵庭岳を見ていると逆に心穏やかになっちゃいますょね

支笏湖に沿って伸びる原生林の中の一本道を走ると、支笏湖の北西側奥に大きな「丸駒温泉旅館」があります。
支笏湖周辺は、建築規制が厳しく、4階以上の建物が建てられないそうで・・・それで、このどっしりした構えの建物なんですね
丸駒温泉

丸駒温泉  丸駒温泉
玄関前には「日本秘湯を守る会」と記された、大きな提灯
また創業100年を迎える「丸駒温泉旅館」、初代が掲げていた看板(複製)が置かれています。

1915年(大正4)年冬、辺り一面が凍りそうな中、一艘のが支笏湖を奥へ進んでいた。舟に乗っていたのは創業者の佐々木初太郎氏と妻トヨさん、そして養子の広見氏の3人。湖畔に到着すると藪をかきわけ、地熱で雪のない場所を見つけ一晩を明かし、初代が自分の病をこの未開の地で湯治して治したことから「丸駒」の歴史が始まったそうです。

創業は大正年と歴史ある温泉旅館ですが、昭和62年と平成16年に改装され、創業当時と違って、現在は湯治場的な雰囲気はほとんどないですね
丸駒温泉  丸駒温泉
宿内に入ると左手にカウンターがあるので、そちらで入浴料(大人1名1,000円)を支払い、浴場へ向かうのですが・・・

途中、廊下には100年の歴史がパネルで掲げられてます。
丸駒温泉  丸駒温泉
また日帰り入浴者専用の入り口もあるのですが、ここは週末だけの利用なのかな?

エントランスは広々として、ラウンジもあります
丸駒温泉旅館  丸駒温泉旅館

ラウンジからは紋別岳・キムンモラップとモラップ山も素晴らしく綺麗に見えてます
丸駒温泉旅館

ここからは、旅館より脱衣所も浴場も撮影が禁止されていますので、4年前の春にガラ携で撮影した画像を使用します。
脱衣所は広く脱衣棚がずらりと列んでいて、パウダースペースも広く配置してあり、混雑していても助かりますね
給水器では、支笏湖から汲み上げた水を浄水器により殺菌し、飲料水として提供もされています
丸駒温泉旅館  丸駒温泉旅館
一段高くなった畳の間があるので、そこで横になったり、のベビーベット代わりにもなります
もちろん、貴重品ロッカーに天然温泉の証である温泉分析書も掲げられてます。
泉温が40℃台の自家源泉を6本も所有しているので、温泉分析書も複数あり
ヤバイ覚えらんわ・・・と思っていたら、ここだけ撮影の許可をいただきました

ホッとしたところで、丸駒温泉旅館のシンボルでもある「天然露天風呂」
脱衣所から簡素な造りの渡り廊下を30mも行くのですが、気温が低い時は服は着ていた方が・・・
丸駒温泉旅館  丸駒温泉旅館
長い廊下を曲がったり、上ったり・・・高齢の方にはちょっと厳しいかも

床板の隙間からは風が吹き込んできて、もう度が100%
丸駒温泉旅館  丸駒温泉旅館
そして、この階段を下ったら、そこは天然露天風呂だょ~

綺麗な紅葉の季節だったので、それをお見せできないのが残念です
丸駒温泉旅館

これまた簡素な造りの脱衣所には、天然露天風呂の説明温泉分析書、そして「日本秘湯を守る会」の提灯が下がっています。
丸駒温泉旅館  丸駒温泉旅館
全国でも約20か所しかないといわれる、足元湧出湯の天然露天風呂は、浴場と湖を岩場で隔てただけの野趣あふれる造り、創業当時から変わらぬそうで、まさに秘湯

源泉名 岩風呂
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩温泉(旧泉質名:含土類・石膏-食塩泉)
泉温 40.0℃(気温13.0℃)
知覚的試験 無色澄明・無味・無臭
ph値 6.9
成分総計 1.690g/kg

露天風呂は岩でゴツゴツしてて天然そのもの
岩が高いため、支笏湖を眺める事はできないですが、支笏湖と繋がっているため、浴槽の深さが季節によって湖の水位と共に上下すると言う不思議な露天風呂(湯面水位が湖面水位とほぼ同じ)
湯底は玉砂利敷きで、時々その間からプクッ…プクッ…と温かな湯と共に気泡が私の肌を撫でる様に浮かび上がり、もう~誰も居なかったらザバザバした~い
丸駒温泉旅館
本日の水位(湯面)は5~60cmと低く、少し物足りない気もしますが

真っ青な空に真っ赤な紅葉を楽しみながら
丸駒温泉旅館  丸駒温泉旅館
(※撮影は丸駒温泉旅館の裏庭)

立ち上がると青い支笏湖と風不死岳や紋別岳と・・・支笏の自然と一体になった様な気分
丸駒温泉旅館  丸駒温泉旅館
(※撮影は丸駒温泉旅館の裏庭)

熱い時、ぬるい時、天候や季節にあわせ、湖に繋がる水門に敷いた砂利の高さで温度を調整しているそうです。
丸駒温泉旅館  丸駒温泉旅館
雨の多かった2000年6月、支笏湖の水位が80年ぶりに150cmも上がり、露天風呂の深さが160cmに達したこともあったとか・・・そんな時に浮き輪で湯浴みしたいですね
ちなみに泉温が少し下がった様でぬるめでした。
毎朝、苔除去の作業をして居ますが、直射日光で大量に苔が発生するそうなので、浴槽内は少し滑ります。

いつまでも湯浴みしてたいほどの天然露天風呂でしたが、帰る時間もあるので、ここで内湯に移動します。
丸駒温泉旅館
大浴場は日差しが入る大きなガラス張りで明るく、そして眺めも良くゆったり湯浴みができます。

丸駒温泉旅館  丸駒温泉旅館
石造りの浴槽が2つ、右の浴槽の方が湯温が高めだったはず・・・忘れたわ

洗い場にはシャンプーやボディーソープ、もちろん源泉100%のかけ流し
丸駒温泉旅館  丸駒温泉旅館

以前は1号井と2号井だったのですが、昨年より源泉井が変わった様ですね

源泉名 一号井
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩温泉(旧泉質名:含土類・石膏-食塩泉)
泉温 50.6℃(気温13.0℃) 湧出量 60リットル/分(動力揚湯)
知覚的試験 ほとんど無色澄明・無味・無臭
ph値 6.5
成分総計 1.865g/kg
試験年月 平成21年11月

源泉名 地蔵岩
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩温泉(旧泉質名:含土類・石膏-食塩泉)
泉温 44.8℃(気温20.0℃) 
知覚的試験 無色澄明・微弱塩味・無臭
ph値 6.6
成分総計 1.750g/kg
試験年月 平成25年10月

最後に平成7年に完成した展望露天風呂。
丸駒温泉旅館
こちらは湖面より高台に位置し、展望がすばらしく、デッキにはマッパで寛げる椅子なんかもあったりして

展望露天風呂からは、こんな景色が見られたりします
丸駒温泉旅館
(※撮影は丸駒温泉旅館の裏庭から)

源泉名 砂利風呂
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩温泉(旧泉質名:含土類・石膏-食塩泉)
泉温 45.9℃(気温20.0℃) 
知覚的試験 無色澄明・微弱塩味・無臭
ph値 6.6
成分総計 1.712g/kg
試験年月 平成25年10月 

海水の成分に似た「塩化物泉(含土類・石膏-食塩泉)」で、塩分を含んでいますので、入浴後は肌に付着した塩分が汗の蒸発を防ぐため、保温効果は抜群の湯で、これからの季節には嬉しいですね
丸駒温泉旅館
見渡す限りの原生林、雄大な山々を眺めながら、ボ~っとした時間を過ごせます

溢れたお湯が褐色に床を染め、その先に飲泉所があるので源泉を飲んでみると・・・苦い鉄味
丸駒温泉旅館  丸駒温泉旅館
またサウナもあるので、サウナ好きな方にはヨロシイかと・・・でも、ここに来たらサウナより湯に浸かりながら大自然のパノラマを眺めていた方が、身体にも心にも色んな効果がありそうだょね

湯浴み後、丸駒温泉旅館の船着き場のある裏庭へ行ってみました。
丸駒温泉旅館  丸駒温泉旅館
従業員のでしょうか?激しい・・・落ちる

開業当時はこの宿までの陸路は無く、船便でお客様を運んでいたそうなので、湯治客はここに降り立ち、この石段を上ったのかもしれませんね
丸駒温泉旅館  丸駒温泉旅館
道路がつながったのは1972年の札幌冬季五輪のインフラ整備に合わせてらしいので、それまでは対岸からのが唯一の交通手段だったそうです。

環境省調査で6年連続、湖沼の水質日本一に支笏湖が選ばれているのが頷けますね
丸駒温泉旅館
水が透明すぎ~

展望露天風呂や天然露天風呂も、ここから眺められますでも見えない
丸駒温泉旅館
ホントに良い季節に丸駒温泉旅館に来られて良かった
ゆっくりと宿泊をして、支笏湖のクルージングなんかもしてみたいですね

その後、支笏湖温泉街も訪れてみました
支笏湖
こちらからは恵庭岳も見られますね。

昭和の風情が色濃く残っている路地を歩き、支笏湖特産ヒメマス(チップ)の握りを・・・
淡水魚ですが鮭に似たオレンジの身は癖がなくあっさりしてます
支笏湖  支笏湖
支笏湖のヒメマスは、明治27年に原産地阿寒湖から移植されたそうですょ

そして、ここに寄らなきゃ
しこつ湖 鶴雅リゾードスパ水の詩[パティシエ・ラボ]
支笏湖  支笏湖

列んで買ったモノをポカポカ陽気の下、テラス席で・・・
支笏湖

「たるまえ山シュー」(税込み220円)
支笏湖  支笏湖
バニラビーンズ入りの柑橘系風味のカスタードクリームがた~っぷり、樽前山をイメージしたゴツゴツシューがしっかりしてて、食べるのにちょっとコツが必要だけど…

参考になったと思われた方は、
是非↓↓↓こちらをクリックしてね



丸駒温泉旅館
住所 北海道千歳市支笏湖幌美内7
 0123-25-2341
大人(中学生以上)1,000円 子供(小学生)500円 幼児(3歳以上)200円 幼児(3歳未満)無料
利用時間 10:00~15:00 レストラン11:00~15:00
公式サイトhttp://www.marukoma.co.jp/
facebookhttps://www.facebook.com/1915marukoma/
過去記事①http://kurumi2002217.blog77.fc2.com/blog-entry-283.html
過去記事②http://kurumi2002217.blog77.fc2.com/blog-entry-284.html



(2015/10/21)
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。