日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝梅温泉

初めて訪れる人は「迷う」と言われる
千歳市の『祝梅温泉』にナビを合わせ・・・
30分捜して判らなければ「潔く諦めよう」って事で、千歳市に向かいました

ナビ通り、何もない田舎の直線道路を行くと、「工事中通行止め」の看板
「どうしょう?」「取り合えず左折してみよう」

すると左折して直ぐに
39305305_2806334711_convert_20101116020350.jpg 39305305_3246136304_convert_20101116020427.jpg
偶然にも、この雑品の山を発見
皆さんのブログで見た光景、もしかして ・・・・

やっぱ、ありました目印のボーリングのピン
39305305_3453955512.jpg想像していたボーリングのピンより大きいせいぜい1mくらいかと思ってたら・・・
と比較してみて


ブロガーさんのブログを読む限り、この奥にあるはず
39305305_2795873288_convert_20101115223644.jpg
奥へ進んでみると・・・・

 
鄙びた雰囲気を漂わせた祝梅温泉
39305305_3505978816.jpg
「ごめんくださ~い」と声を掛けるが、応答ナシ
ちょっとビビリながら、ドアを開けると・・・・
更にビビッた~~
 
薄暗い中、薪ストーブで暖を取るニコやかなおばぁちゃんが1人
CA3C1071_convert_20101115230304.jpg
「2人で700円で良いですか?」と大きな声で話しかけると
可愛い笑顔で「うんうん」と、うなずくおばぁちゃん
おばあちゃんが座る休憩室には、新鮮な野菜も売られており
には載ってない温泉だけど、温泉分析表もきちんとあります。
ナトリウム-塩化物泉・炭酸水素塩泉(弱アルカリ性低張性冷鉱泉)
効能:神経痛・筋肉痛・慢性消化器病・慢性皮膚病・婦人病・切り傷・やけど等
飲用:慢性消化器病・慢性便秘・糖尿・痛風・肝臓病など

連れと、浴場へのドアを撮影してたら
「カメラマンかい?」だって~可愛い
否定したけど、耳が遠いおばぁちゃんに聞こえたかなぁ~

そして、そのドアを開けると
39305305_293211346_convert_20101115232414.jpg
脱衣場には、女湯の方にも畳が敷かれてます。
たぶん男湯と同じでしょうね

さ~階段を下りて、噂の茶色の湯、ツルツルヌルヌルの湯に浸かりましょう

浴室は湯気が立ちこめてます。
39305305_2585830100.jpg
何の匂いなんでしょう?アンモニア?
温泉に詳しくない私には、ちょっとわかりませんが

39305305_2183874192_convert_20101115233101.jpg
湯船の中で、転んでしまいそうなくらいのヌルヌル感があり、今日は熱めの湯で、半身浴を15分した程度で汗だく
湯船の隅には、古いベッドの一部が使われてます。男湯は確かベッドヘッドのはず・・・
ここのは廃材を再利用や燃料にしているそうで、今時の「エコ」な温泉なんですね

 
浴室の窓からは、紅葉と池が見え、その対岸には、薪で湯を沸かす小屋があります。
数年前までは、この池にも魚が居たそうですが、全部釣っちゃって今は1匹も居ないと、地元の方が教えてくれました。

39305305_3414810888_convert_20101115233815.jpg シャワーとカランも茶色の源泉が使われ
何故か、鏡が無い(笑)

地元の方達と話が弾み
貸し切りも良いけど、他に入浴客が居たら居たで
見ず知らずの方と温泉に入りながらのお喋りって、ホントに楽しいです

1時間ほど入浴して、おばぁちゃが居る休憩室で休憩です。
おばぁちゃんとお喋りしていると・・・
突然裏のドアが開いた
CA3C1084_convert_20101115234128.jpg
おじぃちゃん登場


「おらぁ~ここ生まれだここの千歳の事は何でも知っている
ここで生まれて、ここで89年育っている。
この温泉は、おらぁ~のだおらぁ~が薪で沸かしてるんだぁ」
「旭川から来たのか名寄に従兄弟がおったが、みんな死んだから、旭川には行けんから、おらぁ~の作った芋を持って行ったら良い~大根も、おらぁ~が作ったから、美味いから持って行け~。」と・・・・
39305305_4239185492_convert_20101116004041.jpg

見て~見て~新鮮で美味しそうな野菜貰っちゃったょ

おばぁちゃんは、
「大根美味しいょ。また来てょ。遠いけど、また来てください。」と終始笑顔

いや~。お湯も温かければ、人も温かい 
良い思い出と、人の温かさに触れ

心も身体もポカポカ
「また絶対に来るから、だから元気で居てね。そして、3度目の火事はナシだょ」と祝梅を後にしました

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



祝梅温泉
住所 千歳市祝梅2142-7
電話番号  0123-29-2222
定休日 なし
営業時間 14:00~21:00(最終入場20:30)
入浴料   350円



(2009/10/21入浴)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
人が温かい、こういう温泉には頑張ってほしいもの
老夫婦にも長生きしてもらいたいですね
2010/11/16(火) 18:39 | URL | イチダイ #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。