日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千歳市「信田温泉」

先日、記事にした「松原温泉」のあと、千歳市内で「田中屋」のたい焼きと昼食を済ませ
「松原温泉」の直ぐ近く・・・目と鼻の先にある「信田温泉」にお邪魔しました。
  
国道337号線沿いに、改装はしてますが、鄙びた温泉宿って感じで建っています。
1551357_870896998_231large.jpg
しかし、車通りが激しくて危険です
お立ち寄りの際は、の出し入れは、気をつけて下さいね

入り口は、旅館と温泉と2つありますが、今は旅館はされてないって話です。
1551357_870897007_80large_convert_20101129220723.jpg

玄関を入ると、直ぐ脇に整理整頓された受付があり
1551357_870897017_153large_convert_20101129221008.jpg
入浴料は、1時間400円(洗髪の場合はプラス100円)
1時間って・・・プラス100円って・・・面白い料金設定ですょね

受付の前には、昭和33年時の温泉分析表が貼られてました。
1551357_870897024_212large_convert_20101129221942.jpg
ご主人が「昨年温泉分析を10万でやったが、ほとんど変わってなかった」と新しい3枚の分析表を見せて下さいました。
貼られている分析表を指さし「こっちの方が、大きくて見やすい。」って事でした。
確かに、新しい分析表は、貼られている古い分析表の半分くらいのサイズのようです。

階段へ行く、短い廊下の途中に、浴場の男女別入り口があります。
男湯の方は、1番風呂だったらしく、ご主人が湯をかき回しながら「お~大丈夫だ。丁度良い」と湯加減を見てたので
早速、誰も居ない男湯を撮影
1551357_870898313_88large.jpg

1551357_870898474_161large.jpg
源泉口の所にコップがあったので、ここも飲泉できるのでしょう
向こう側に、湯かき混ぜ棒(正式名は知りません)が見えますが・・・
これ後に、私にとって必需品となりました

湯の色は、隣の「松原温泉」と同じく茶色(モール色?)
泉質:単純硫黄泉 (アルカリ性-低張性-冷鉱泉)
泉温:15 ℃
pH:8.6
湧出量:4リットル/分(自然湧出)
隣の温泉宿とは数百メートルほどしか離れてなくても、泉質が全く違うんですね

1551357_870898331_228large_convert_20101129231121.jpg
熱い湯らしく、脱衣室のドアを開け放ってても、湯煙で曇っていきます
男湯の方になりますが、シャワーなしのカランが左右の壁に1つ2つ(女湯とは左右が逆になるだけです)

さ~私は女湯へ
1551357_870899907_77large_convert_20101129231759.jpg
脱衣室には、ロッカーはなく脱衣籠のみ、それと大きな鏡だけです。

1551357_870899936_23large_convert_20101129232246.jpg
先客が入浴中ですね
「こんにちは~」と挨拶を交わし、洗身してから浴槽へ・・・ドボン
すると、ご年配の方が「熱いょ熱いょ
そしたら、若い人も「大丈夫熱くないの
「え」と思った瞬間「あっちちちちちち~」と慌てて浴槽から飛び出しちゃいました
「今、お湯が来てるから熱いょ。冷たい源泉を出して、かき混ぜ棒でかき回して、冷ましてから入ったら良いょ」とアドバイスされ

この棒の出番です
1551357_870899877_233large_convert_20101129233342.jpg
5分ほどかき混ぜ
湯に浸かるも、熱い湯が苦手な私
再度、4~5分かき混ぜながら
「ねぇ~熱くない?」と隣の男湯に向かって聞いてみると
茹でタコになりそ~だょ」と
「なりそ~なの?私は茹で上がっちゃったょ~」と女湯のみんなと爆笑

すると、ご年配の方がドアを開け、廊下から顔を出して
「もう~湯を止めていいょ~」って・・・
浴槽の湯を使うと湯が減る
湯温も下がるだから、ご主人に声をかけて、熱い湯を送って貰う仕組みになってるそうです。

熱いが苦手なので、あまり長湯は出来ませんでしたが、ツルツルする新鮮な湯を楽しませて貰いました。
そして、女3人(70代・40代の私・20代)でのお喋りも、とっても楽しかった
70代の方は地元の方で、お隣の「松原温泉」には滅多に行かないそうですょ
確か、松原温泉で湯を共にした地元の方も「信田温泉」には滅多に行かないと・・・信田派と松原派?
これだけ、色々な泉質があれば、自分に合うに行くのが当然でしょうね「羨ましい」
20代の方は、毎日江別市から来ているそうで「ココの湯が私のアトピーに1番効く」と言ってました。

湯上がり後は、受付横のソファで、汗が引くまで休憩
その間、ご主人が連れとお喋りしてました。
住まいから、カーナビを持ってきて「グルグル回って、行きたいところへ行けなかった」とか
「携帯の電波が悪くて、窓際まで行かないとダメなんだ」とか「○○温泉に行きたかったけど、行けなくて違う温泉に行った」とか・・・
自分の所に、こんな良い温泉があるのに、違う温泉に行かれるんですね
こ言う温泉宿は、湯も良ければ、人も温かいず~っと残ってて欲しい温泉の1つとなりましたが

駐車場は、がいっぱいになってて、これなら大丈夫ですね
1551357_870897031_226large_convert_20101130002535.jpg

帰り際、ご主人に挨拶していると、女湯から「すみませ~ん、湯をお願いしま~す」って・・・

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



信田温泉
〒066-0004 北海道千歳市泉郷498−2
℡ 0123-29-2533
入浴料 1時間400円(洗髪の場合はプラス100円)
営業時間 13:00~21:00
定休日 毎月1日(要・電話確認)

※2014年閉鎖しました。



(2010/11/24湯浴み)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
千歳はいい温泉が多いなーー
しかし、シルエットがそそられる俺でしたが(笑)
2010/11/30(火) 01:49 | URL | イチダイ #-[ コメントの編集]
Re: タイトルなし
千歳は良いv-48が多いょね
支笏湖湖畔にも良い温泉いっぱいあるし
そそられるのは、シルエットだからなんだろ~ねe-351
2010/12/03(金) 22:07 | URL | Mちゃん(雨女) #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。