日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぬかびら温泉郷「元祖 湯元館」

元祖「湯元館」へ湯浴みに行ってきました。
34546457_2130152739.jpg
大正7年、自然湧出の温泉を初代館主が発見、この源泉を「湯殿山」と命名
大正13年、原生林の道路開拓を手がけ、小さな湯つぼ小屋を建設、これが、ぬかびら温泉のはじまりとなりとなったそうです。
大正14年「湯元館」を開業され、糠平には「湯元館」だけだったらしく、それで「元祖」と付けたのかもしれませんね

34546457_3256094811.jpg
ここの温泉宿は、コテージやライダーハウスも併設され、それぞれ内湯と露天風呂もあるそうですょ
さすが毎分250リットルの温泉を湧出しているだけありますね
浴場は男女別内湯、女性露天、混浴露天、混浴打たせ湯と複数あるそ~なので・・・楽しみ
それに、蕎麦と入浴のセット(1000円)もあるらしく、入浴中に蕎麦打ちをしてくれ、打ち立ての蕎麦が食べられるそうです
 
玄関には宿泊客用に下駄が用意されてあり
34546457_619052318.jpg
こ言うの見ると、宿泊したくなっちゃいますね
1人500円の入浴料をフロントで払い、浴場には階段を下りて行きます。

34546457_3412556968.jpg
壁にホースが這わされてますが、 冬の暖房のために湯を通すホースなのかな
天然セントラルヒーティングですねそれならすご~い

女内湯(女露天)男内湯(男露天)混浴露天(女)と順に入り口があるのですが、
突き当たりの「混浴露天(女)」って意味が「???」分かり難かったのですが・・・
つまり混浴露天ですが、女性の脱衣所が、そのドアの向こうにあるって事でした。

先ずは、女内湯から入浴です
34546457_682123307.jpg私には、かなり熱目の湯です
「源泉温度が60℃あるため、20%加水してあります」と張り紙がありますが・・・茹でタコになりそ~っすょ
長湯好きの私には、ちょっと厳しい感じです

34546457_2670552286.jpg
男湯へ行けるドア側に扇形の湯船があったので、手を突っ込んでみたら
「あっちちちち・・・・・・・
とてもじゃないけど、私には絶対に無理熱湯コマーシャル(笑)

床タイル1ヶ所に鯉絵のタイルが貼られ、これは良い感じ
34546457_3316470110.jpg

気温も低く、の女性露天なら長湯できそうです
CA3C0220 (2)l
向こう側の原生林が「湯殿山」なのでしょうかね

34546457_2213856620.jpg
可愛らしい幼児席があるところは、女性専用って感じですょね
続きで増水した糠平川のせせらぎ?ではなく轟音を聞き、たっぷり長湯
川沿いの露天で雨でジメジメしてましたが、今回とのご対面はありませんでした。

次に混浴露天への移動ですが、一度服を着てから廊下に出て、先ほどの「混浴露天(女)」から入ります。
34546457_1478238444.jpg
そして、このドアからに出てくるのですが、露天の真っ正面
先に露天に見知らぬ殿方が入浴されていたら、私みたい恥ずかしがり屋のオバサンは躊躇しちゃうかも・・・
この日は、平日でもあったので、連れしか入浴してなかったので、ホッとしました

34546457_3162659074.jpg広くて気持ちいい~
源泉温度60℃、ph 7の中性、ナトリウム塩化物泉-炭酸水素塩泉の湯は、無色透明で硫黄の匂いが若干します。
味は?飲みませんでした

CA3C0231_convert_20101207021110.jpg 湯量も毎分250リットルと豊富
気持ちが良くなったので、入浴シーンを撮影してみました

露天下には、長雨で増水した糠平川が流れ、普段はもっと澄んだ川の水らしいです。
露天から糠平川の方へ下りて行く階段がありますが、これは男内湯へと続く通路と混浴打たせ湯へと続き
34546457_3845290495.jpg

階段の1番下には、開湯当初から使われている打たせ湯があります
34546457_684074771_convert_20101207020533.jpg
落差4mもあるそうですょ
打たれてみましたが、すごい湯圧で肩こり等には、効き目がありそうでした

楽しくお喋りをしながら、湯元館の湯を堪能し
帰りに宿横の足湯に寄りましたが、雨脚が強くなっていたので
足湯は無料で楽しめるので、雨が降ってない時に楽しみたいですね
34546457_1089237676_convert_20101207015437.jpg 34546457_3063747615.jpg
それにしても、このアヒルの湯口笑える~

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



ぬかびら温泉郷「元祖 湯元館」
住所 北海道河東郡上士幌町ぬかびら源泉郷
電話番号 01564-4-2121
時間 10:00~20:00(閉館)、土・日曜、祝日は8:00~
入浴料 大人500円
休業日 不定休(GW・盆時期・年末年始は営業)
公式サイトhttp://yumoto-kan.jp/



(2009/07/08)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。