日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オソウシ温泉「鹿乃湯荘」

道道718号線を新得町屈足から、トムラウシ温泉に向かう途中

この看板を右折、ここから約7km先にある「オソウシ温泉鹿乃湯荘」へ向かいます。
アスファルトの直線を1km程進むと


1551357_182778608_92large_convert_20101211225043.jpg
昨年(2009年6月)は、ここに「休館中」と書かれた看板があったのですが
今回は「営業中」の看板に代わってました
この橋を渡るとダートな道に変わります。

オソウシ川渓谷沿いの原生林の中の細い道を進むのですが
対向車とのスライドも難しいクネクネの道を
ワクワクしちゃって、思わずスピードが上がってしまいます

原生林の隙間から
1551357_182779175_141large.jpg秘湯「オソウシ温泉 鹿乃湯荘」が見えてきました
その昔、鹿がケガや病を治すために、この湯に入ったと言われているそうです。

この鄙び方が、もう~たまらないわぁ~
ワクワクを越え、ドキドキ
車から降りると、涼しい風に乗って硫黄臭が漂ってきます。

確か、玄関に入るとサングラスを掛けた鹿が、お出迎えしてくれるはず
おッサングラスしてないイメチェンしたのね
1551357_182823136_28large_convert_20101211230245.jpg

 
想像した通りの温泉宿ですね
玄関ガラスもピカピカ
1551357_182823163_207large.jpg

1551357_182823220_57large_convert_20101211230600.jpg
ロビーも綺麗

感じの良い若い男性が「いらっしゃいませ~」と出てきたので、湯銭の1200円(1名600円)を渡そうとすると
こちらを案内されちゃった
失礼ですが、この宿にはミスマッチな券売機
どのボタンを押して良いのか、迷っていると・・・
「この建物に似合ってないでしょ~」と笑いながら、男性がボタンを押して発券してくれました
受付カウンターの中に若い女性が居ました。
ご夫婦でここの温泉を切り盛りしているそうで
道道から温泉宿までの7kmを、冬の間、除雪機で毎日除雪するそうですょ
大雪山の中なので、積雪も多ければ、吹雪も酷い事でしょうね

この廊下の突き当たりが、左右浴場になってます。
「じゃ、露天で待っててね」と脱衣所前で、連れとお別れ・・・と思いましたが
その前に貸し切り状態のうちに、男内湯を撮影
1551357_182836717_159large.jpg
大きな浴槽が加温された湯、小さな方が26℃源泉の浴槽のようです。

泉質と効能
泉 源:自家源泉
泉 質:アルカリ性単純硫黄泉、無色透明
泉 温:28℃
ph値:10.06
効 能:リュウマチ、糖尿病、肌荒れ、アトピーなど

こちらは、女内湯明るく小綺麗な浴室
1551357_182836737_8large.jpg
湯船から溢れた湯は、浴槽脇のステンレス製の溝に流れ込み、1ヶ所に集められ排湯されているようです。
こう言う仕組みにしないと、ツルツルの湯で滑って、転倒者が続出するのかもしれませんね


加温された湯が、獅子の口からドボドボと・・・
1551357_182862330_175large_convert_20101212000025.jpg
掛け流された源泉湯が、少し勿体ない気がしますが、これが大好き

浴室へ入って、すぐ左手前には、小さな源泉の湯貯めがあり、ここでかけ湯(?)するのかな、それとも上がり湯かな?
1551357_182836891_207large_convert_20101212000154_convert_20101212001957.jpg

右側には
1551357_182836811_6large_convert_20101212002413.jpg
26℃の源泉浴槽が・・・ポリ浴槽です。
外の源泉風呂より、入りやすく2回もザブザブ~っとやっちゃいまた

浴槽の奥には、シャワーとカランが2つずつ
CA3C2430_convert_20101212002738.jpg

その奥のドアを開けると
1551357_182848963_54large.jpg
湯温が温めに設定された露天風呂があります。
この露天まで2~3m程歩いて行くのですが、ビックリ
簾が壊れてて、露天浴槽に歩いて行くまでの間、男湯側から殆ど見えちゃうかも

1551357_182849048_34large_convert_20101212003724.jpg
PH10の温泉は、全国有数の強アルカリ泉で、肌の不純物を洗い流し、肌をすべすべにし、美肌効果抜群


女露天の真向かいには
1551357_182849069_177large_convert_20101212004313.jpg
管から源泉が溢れ出て、上の方には氷柱の様に硫黄の結晶が垂れ下がってます。
この管からの源泉は、すぐ横の混浴露天へ注がれ
1551357_182849058_188large.jpg
混浴露天に入浴しようとすると
連れが「止めなさい。冷たいょ~!心臓が止まるかと思ったくらいだょ」と
「26℃なら温水プールだょ~」と足を入れてみると、外気温が低いせいか、26℃より低い感じがしました

露天全体を撮影
1551357_182862203_49large.jpg
左が男露天
手前が源泉混浴
右が女露天簾が透け透けで~す

次のお客が来るまで、少しだけ男性露天にお邪魔して、次はいつ来られるか判らないオソウシの露天と秘湯を満喫
内湯に戻ると、地元の方が2名入ってきたので「こんにちは」と挨拶すると
ちょっと驚かれた様子でしたが、それから永遠と3人でお喋りタイム
温泉でのお喋りって、やっぱり楽しいですょね


湯上がり後は、無料休憩室でジュースを飲みながら、1時間近くゴロゴロしてから、遠い旭川を目指しました。
1551357_182823250_102large_convert_20101212005142.jpg

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



オソウシ温泉 鹿乃湯荘
〒081-0154 北海道上川郡新得町屈足オソウシ鹿ノ沢330
TEL (0156) 65-3338  FAX (0156) 65-3340
営業時間 10:00~20:00
入浴料 大人:600円  小人(小学生以下):300円
貸部屋 1時間500円
公式サイトhttp://osoushi.foodsnet.net/index.html



(2010/07/04)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。