日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天人峡温泉「天人閣」

1894年に発見され、当時は発見者の名前が付けられ「松山温泉」と呼ばれていたそうですが、1937年に今の「天人峡温泉」と改名されたそうです。
天人峡には4軒の温泉宿がありますが、今回は「天人閣」で入浴する事にしました。

大人1名1,000円は、ちょっと高いですね
ま、ここのは、仕方ないと言えば仕方ないですが・・・
泉質はナトリウム・カルシウム・マグネシウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉、自然湧出200リットル/分 泉温53.2℃
湯元から直径15cmのパイプでが数百メートル引かれ
その間に、湯温が10℃程下がり、入浴に適温となるそうです。


今日(日替わり)の女湯は、若干硫黄臭がしています。
内湯は、3つの湯船
36919809_1832483083.jpg

五右衛門風呂なんかもあり
他に日本風呂なんてありましたが、違いは桶が木製ってコトだけでした(笑)
もしかすると、よく見ると違いがあったかもしれませんね
露天の景色は、見返り岩露天
36919809_1267497185.jpg
尖塔状の岩峰である見返り岩と、下流側には巨大な1枚岩の涙岩が眺める事ができます。

男湯の水車露天の景色は、なかなか良かったそうです。
"36919809_1728970644.jpg"
以前は、この水車露天風呂は混浴だったそうですょ

そして、オマケ画像
36919809_490311101.jpg
写真撮影のため、しばらく待っていたそうなんですが
画像の男性が、川や山を見たりと、そこから動いてくれなかったので、待ちきれなくなった連れが激写してしまったそうで・・・
その画像を貰っちゃいました
画像が小さいので大丈夫ですょね

そして、天人峡のキャラクターと言えば
36919809_3436509305_convert_20110102010153.jpg
羽衣伝説の天女様「天人 狭子(てんにんきょうこ)」さんと
天人峡温泉の守り神ハゴロモンのストラップを購入
このハゴロモン・・・・
顔が岩と岩の間が滝になってるし・・・可愛くないわ
そして、休憩室でゴロゴロ、のんび~り穏やか~~なひととき
こんな時間って、大切ですょね

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



天人峡温泉「天人閣」
〒071-1400 北海道上川郡東川町天人峡温泉
 0166-97-2111
入浴時間 12:00~17:00 
料金 1,000円
公式サイトhttp://www.tenninkaku.jp/


大きな地図で見る
(2009/10/07)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。