日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幾春別の「更科食堂」

ある秋の日、「万字炭山森林公園」のズリ山を登ってみようと盛り上がり
岩見沢市の万字へ向かう事になりました。

1976年の災害で閉山、今はズリ山周辺にエゾ山ツツジ等を植樹され、直線775段、総階段数2468段の公園になっているそうですが
が、しかし・・・場所がわかりません
以前に登った赤間炭鉱ズリ山階段777段でも、かなり顎が出てしまい
万字炭鉱ズリ山は、その3倍
アッサリ~諦めました
で、後に気付いたのですが、髪が伸びるお菊人形で有名になった「万念寺」の写真に、そのズリ山が写ってるようです
見学も可能らしいですが、私たちは・・・もちろん・・・怖いものね

来た道を引き返し、三笠市幾春別へ
幾春別には、昨年の秋に入浴した吊り橋を渡る温泉「花月園」や、今年の春に綺麗な梅の花を見に訪れた「邦梅園」、古民家でランチが美味しい「古母里」がありますが
まだお邪魔していない場所があり、今回お邪魔することにしました。

1つ目は、幾春別の巨木ハルニレを見に訪れました。
そして、ちょ~どお昼なので、ハルニレの直ぐ近く、2つ目の「更科食堂」
1551357_645277165_217large.jpgこのレトロ感が何とも言えないほど、そそられます 噂では、安くて旨い

入り口を開けると
1551357_645277179_158large_convert_20110309144707.jpg
男湯と女湯に分かれた昔の銭湯みたく、ドアが右と左に・・・

1551357_645280282_61large_convert_20110309145030.jpg
連れは男湯の左のドアから・・・あ、ここは銭湯じゃなかった

CA3C3087_convert_20110309145447.jpg
私は、女湯の右のドアから
「こんにちは」
厨房側でした
後から訪れるお客さんを見ていると、みなさん、左のドアから店内に入ってました(笑)
 
店内は、昭和の雰囲気がプンプンしてますね
1551357_645280328_130large.jpg炭鉱で栄えた頃から、そのままのお店なのでしょうか

しかし、トイレがめちゃめちゃ綺麗で立派
撮影を忘れたのが、少々残念です

こちらがメニューになります。

私は「ざるそば」550円
1551357_645285163_93large_convert_20110309150249.jpg
私好みの真っ白な更科蕎麦
私は、よくある黒くて硬い10割そばより、更科が好き

連れは「天とじそば」650円
1551357_645285174_118large_convert_20110309150615.jpg
お出汁がとても美味しくて、つゆをいっぱい飲ませて貰いました。
男性の方には、ちょっと少なめかもしれませんが、お味はgoo

お腹も満腹になったので、少し運動しようと言う事で、日本庭園内を散策してから、帰路につきました。

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



「更科食堂」
北海道三笠市幾春別1丁目174
TEL 01267-6-8323 P可能
時間 11:00~15:00
定休日 毎週火曜日



(2010/10/06)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。