日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二股らじうむ温泉

長万部温泉ホテル」を予定より、ちょっと遅く出発
次の目的は「二股ラジウム温泉」です。

長万部の町から、国道5号線を北上すると左手に案内看板が見えてきます。
CA3C37950002_convert_20110328210451.jpg
そこから山奥へ17kmを走らせると

長万部町字大峯「二股ラジウム温泉」があります。
CA3C37960002.jpg近代的な施設に建て替えられ、秘湯と言う感じはしませんね
しかし、今でも湯治場では、とても有名であり、戦前は帝国陸軍の保養所に利用されていたり、ゾウの花子が湯治に来たのは有名な話でょね。

CA3C37970001_convert_20110328211659.jpg
日帰り入浴は、7時からで、大人1名1,000円

泉質 ナトリウム・カルシウム- -塩化物泉
泉温 43 °C
pH 7.1
浸透圧の分類 等張性
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、アトピー性皮膚炎など

券売機で入浴券を購入、受付に貴重品を預け
長い廊下の先にある浴場を目指します。
階段を下りると、男湯(混浴)入り口が両サイド、女湯は中央に入り口があります。
CA3C3840_convert_20110328213011.jpg

CA3C38220002_convert_20110328213238.jpg
脱衣所には、脱衣ロッカーとお金が入らないコインロッカーがあります(笑)

その奥に「大浴場(混浴)」「大浴場にはプールもあります。女性もお子様もお気軽にご利用ください」と書かれた張り紙とがあり、カーテンを開けて覗いてみると男性の脱衣所になってました
CA3C3820_convert_20110328214114.jpg
大浴場の男性客が、1~2名だったら声を掛けてと約束して、私は女湯へ

CA3C38010001.jpg
オレンジ色の濁った湯が浴槽から掛け流され
何よりも驚きなのは、浴室全体が温泉成分で茶褐色になっている事です

湯船の縁には、温泉成分が堆積され
CA3C3824_convert_20110328214907.jpg

湯の華が、油膜の様に・・・どれだけの鉱物(?)ミネラル(?)が含まれているのでしょうね
CA3C3825_convert_20110328215428.jpg

CA3C3834.jpg浴槽の縁全体がこんな感じ
夢中で写真撮影してたので、真っパなの忘れてましたかなり身体が冷え冷え

CA3C38140001_convert_20110328220247.jpg
ここで、洗身して入浴することに・・・。
ここでだけ、シャンプーやボディソープを使う事ができ、シャワーの代わりに源泉を掛けるんですね

さて、入浴としますか・・・ドボッ!ザブッ!きゃ~溺れる~~
CA3C38130002_convert_20110328220615.jpg
なんと左側の浴槽、深さが120cmもあるんじゃないですか~
温泉ブロガーさんの記事を読んでると、男湯に150cmの浴槽がある事は知ってましたが
女湯にも、こんな深い浴槽があるなんて、書いてありませんでしたょ
「あ、当然・・・男性ブロカーさんの記事しか読んでなかったです」
てか、横の壁に張り紙がありましたいや~もっと目立つところに貼ってょ
連れに言うの忘れてました私と同じく金槌なので、ちょっと心配でしたが・・・

混浴側のドアの横に「水・炭酸水を止めないで下さい」と張り紙が・・・
ホースから水が流れ出ており、目を洗っても良く、飲んでも消化器に良いとされていたので、飲んでみるとシュワシュワした冷たい水
これは、地図に「冷泉水」マークがあったので、それなのでしょうか?

露天風呂に移動してみます。
CA3C38030002.jpg
女性露天風呂は、大浴場(混浴)より高いところにあり、とても開放感があり爽快
「ヤッホ~~ッ」と叫びませんでした。

露天風呂からは、大浴場のプールと混浴露天風呂が見えます。
連れ以外に1人の男性客が見えますが、大浴場(混浴)に行こうか迷ったのですが、写真ばかり写してたので時間がなく・・・

天気も良く、女湯でも十分にラジウム温泉を満喫できますね
CA3C38300001.jpg
内湯の湯の華と違い、1つ1つが結晶の様になってて、簡単に手ですくう事ができました。

女湯からは、天然記念物の石灰華ドームの天辺が見られます
この様に配管され、温泉が注がれドームが形成されているんですね

CA3C3839.jpgこれが、天然記念物の 「石灰華ドーム」 
二股川上流カシュリナイ川に湧出する純度の高い鉱泉水により、その沈殿物である温泉湯華の巨大なドームが形成され、この種の温泉湯華は世界でも珍しく、アメリカのイエローストン公園のマンモス温泉郡と二股温泉の2ヶ所だけだそうですょ
温泉に含まれた炭酸石灰成分が湧出によって温度圧力が下がって沈殿堆積したもので、高さ400m、幅200m、厚さ25mの半ドーム状になってますが、年々成長しているのかもしれませんね

よく温まったあとは
CA3C3799_convert_20110328224800.jpg
こちらの休憩室で休憩を・・・
「あれ、連れが居ない
長湯が苦手な連れなのに、余程ここの浴場と湯が気に要ったのかな~

ちなみに『ラジウム温泉』を名乗っているけど、温泉法に基づく分類では放射能濃度が基準に達しておらず放射能泉では無いそうです。

帰りに、受付の横を見ると茶褐色のコップや湯華が売られてたので、私はコチラを300円で購入
これは温泉の湯花を沈殿させて造ったものらしいです。

どこを見ても驚きの茶褐色の浴場と湯華、開放感ある景色と露天風呂に満足しました。
次は混浴に挑戦したいですね

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



二股らじうむ温泉
所在地 北海道山越郡長万部町字大峯32
 0137-72-4283 
日帰り料金 1,030円
時間 7:00~21:00
定休日 無休
公式サイトhttp://www.futamata-onsen.com/



(2011/03/22)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
良い旅のようだったね

温泉と言っても各々特徴があり、奥が深いのが分かったよ
温泉ファンが多い理由が、ようやく理解できました
俺もいつか回ってみたくなったな(笑)
2011/04/02(土) 16:01 | URL | イチダイ #-[ コメントの編集]
Re: タイトルなし
子育てが一段落したら、夫婦で廻ってみると良いょ

よく夫婦で廻ってる方とお会いして、e-224でお喋りするけど

とても羨ましく思う
2011/04/04(月) 00:03 | URL | Mちゃん(雨女) #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。