日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜野温泉「熊嶺荘」

長万部の「二股ラジウム温泉」をあとに、道央道を南下
八雲インターで下り、噴火湾を眺めながら、国道5号線を更に南下
右に野田生駅が見えてきたら、道道537号線へ右折、13kmほど進むと案内看板があります。

そこから少し走ると渓流釣りで名高い野田追川の上流に桜野温泉「熊嶺荘」が見えてきます。
CA3C3897.jpg

さ~ッ、橋を渡り、正面側に廻ってみましょう
CA3C38570001.jpg思ったほど鄙び感は感じられませんね
渓流釣りとマタギの宿と言われてますが、薄ピンクのサイディングが可愛らしい
玄関には、たくさんの観葉植物と立派な看板が掛けられてました。

玄関を入ると、薄ピンクの外観とは違い山小屋風の作りになっており
吹き抜けになった壁に掛けられた鹿にちょっとビックリ
CA3C3859_convert_20110329231213.jpg
やっぱり、渓流釣りとマタギの宿でした(笑)
タイミング良く女将さんが出てこられたので、入浴料(大人1名500円)を払い、貴重品を受け付けに預けて浴場へ
「誰も居ないので、ごゆっくりと・・・」との声・・・この一言が嬉しいですね
温泉で見知らぬ人とのお喋りも楽しいけど、ゆっくり湯に癒されるのは格別ですょね

CA3C3893_convert_20110329235441.jpg
休憩所(宿泊者には食堂なのでしょうか?)横に浴場入り口があり、男女別になってました。
整理整頓された女性脱衣室は、とても綺麗に掃除がされてて、ドライヤーや鏡などもあり、ここに来たのが正解だと直ぐに分かりました
もう~とてもワクワクで、着ていた服を籠に放り込み、浴場へ急ぎ

CA3C3861.jpg大きな窓で浴場は明るく、岩作りの浴槽には、無色無臭の湯が止めどなく注がれ
溢れた湯がキラキラと床を濡らしてしてました。
CA3C3884_convert_20110329234645.jpg

カランとシャワーが3つずつ、シャンプーにボディソープも揃ってます。
浴槽の左側に・・・白いドアを発見
CA3C3863_convert_20110329235807.jpg
ドアを開け、男湯へ・・・
連れが湯船に浸かってましたが、連れの後ろをスルーした私はここから外へ・・・

スロープを下りて行くと、スポットライトの様に陽差しを浴びた露天風呂が見えます。
CA3C38670001.jpg
これを見ると、走って飛び込みたいくらいでした

CA3C3872.jpg
この画像だけで、説明は要らないですね

CA3C3869_convert_20110330001750.jpg
ロケーションも素晴らしく、眼下に野田追川が流れ、その流れを聞き、時々小鳥のさえずりも聞こえてきます
ここだけ時間が止まってる様でした。
温泉成分も堆積されて・・・内湯の浴槽とは違う感じで付着されてますね

どれだけ時間が経ったのか分かりませんが、内湯の方でも湯浴みしなくては・・・
それで、男湯で連れと入浴
CA3C38740001.jpg
女性浴槽より2倍ほど大きな浴槽で、女湯より1~2℃湯温が低い様です。
カランとシャワーは、女湯と同じく各3つずつでした。



CA3C3864_convert_20110330003413.jpg
こちらも、気持ちが良いほど湯が掛け流されてます。
男性が多いと混浴に入る勇気ってなかなか湧かないけど、女湯も男湯も味わえるのは女の特権ですね

【泉質】含ホウ酸・重曹_食塩泉(緩和性低張高温泉)
【源泉温度】約52℃
【効能】関節痛・慢性皮膚病・慢性関節リューマチ・慢性筋肉リューマチ・腰痛・神経痛・坐骨神経痛・創傷・痛風
【湧出量】毎分140リットル
【PH】6.6
【蒸発残留物 】3.73g/kg

湯上がり後は、女将さんと色々なお話をして、忘れられない温泉「熊嶺荘」をあとにしました。
残念なのは、「この様な秘湯を理解してない人の多さ」と「後継ぎが居ない」との言葉でしたが、これも時代の流れなのでしょうか?

※2015年11月閉館となります。
桜野温泉熊嶺荘 (北海道新聞より)
(画像をクリックすると拡大します)


ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



桜野温泉「熊嶺荘」
住所 北海道ニ海郡八雲町桜野348
 0137-66-2564
時間 09:00~21:00 
日帰り入浴 500円
定休日 不定休
八雲町公式サイトhttp://www.town.yakumo.lg.jp/modules/tmap/index.php?lid=178



(2011/03/22)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。