日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和琴温泉「温泉旅館 湖心荘」

三香温泉を出てから「和琴半島にも温泉あったょね」と話になり、立ち寄ることにしました。
それが、で行くことが出来ず・・・徒歩で行く元気もなく
帰ろうと思いましたが、「三香温泉」でも「コタン温泉」でも、シャンプーしてなかった事を思い出し
「良い感じの温泉旅館があるょ。」「ここにしょう~」と、
日帰り入浴をお願いしたのが、和琴半島入り口にある「温泉旅館 湖心荘」CA3C4631_convert_20110623002824.jpg
この鄙びた感じが、私にはたまらないです
玄関を入ると、正面に階段、左側に大きめの受付があり、そこで入浴料(大人1名400円)を支払い
CA3C4632_convert_20110623004425.jpg
自動販売機と休憩所の前を抜けると内湯の入り口です。
男湯と女湯の入り口の間には、温泉分析書温泉分析書別表がありました。
源泉名は和琴半島東岸、泉質は単純泉(弱アルカリ性低張性高温泉)、ph8.0、泉温47.5℃、無色透明の湯の様です

CA3C4635_convert_20110623005850.jpg
脱衣所には、ドライヤーなどはありませんが、綺麗に整理整頓され気持ちが良い感じ
服を脱いでいると、男湯から「わぁ~きれぃ~。綺麗だょ」と聞こえてきました

続いて私「ホントだぁ~綺麗だねぇ~
CA3C4636_convert_20110623010435.jpg
大きな窓で浴場内は明るく、ブルーの壁とタイルが鮮やか

男湯との仕切りがガラスブロックで、更に明るく感じます
CA3C4637_convert_20110623010937.jpg

なにより嬉しいのが、浴槽から溢れた湯が、床一面に広がっていたことです
CA3C4638_convert_20110623011323.jpg

湯は直接浴槽に注がれ、惜しまなく湯が浴槽から溢れ出してました
CA3C4646_convert_20110623011922.jpg

CA3C4641_convert_20110623012356.jpg
シャワーはありませんが、カランが4つ、シャンプーやボディソープはあります。

濁り湯も好きですが、無色透明の湯も良いですねぇ~
なんだか、心も洗われる様です。
CA3C4640_convert_20110623012658.jpg
大自然の中のも素敵ですが、この様なシンプルなも素敵ですょね

美幌峠から、最後に屈斜路湖を眺め、帰路につきました
CA3C4659_convert_20110623013919.jpg

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



和琴温泉「温泉旅館 湖心荘」
住  所:北海道川上郡弟子屈町屈斜路和琴半島
入 浴 料:400円
営業時間:08:00-20:00
定 休 日:冬期間閉鎖



(2011/06/08)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。