日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新城仙台山の三本ナラ(初夏)

芦別市の「花しょうぶ園」に向かう途中、三本ナラを見に寄りました。
昨年、春先に訪れた時は、葉が吹く前でしたので、葉が繁っている三本ナラが見たくて・・・
前回訪問の記事http://kurumi2002217.blog77.fc2.com/blog-entry-2.html

新城峠を一望できる小高い丘を登り切ると
CA3C0192_convert_20110715181325.jpg

そこには、「新城仙台山の三本ナラ」が堂々と肩を並べて立っています。
CA3C0197_convert_20110715182339.jpg

想像していたより、葉も繁ってなく、枯れた枝が目立っていますが・・・
CA3C0194_convert_20110715182508.jpg

この地に根を下ろして460年!!厳しい環境を耐えた証拠でしょうね
CA3C02000001_convert_20110715183107.jpg

沿 革
幹周 手前242m/中央302m/奥343m
樹高 手前13m /中央15m /奥14m
 三本ナラの立つこの丘は、かつて大木が茂る原生林であった。
明治35年(1902年)に宮城県仙台市出身者数名が初めて入植して以来、通称「仙台山」と呼ばれるようになる。
 大正3年(1914年)には14戸ん゛集団入植し、大正8年(1919年)に至り北三線用水組合を結成、イルムケップ山から続く尾根沿いに用水路を掘削した。用水路は昭和2年(1927年)に完成し、の高台にも水田が造られるようになった。
 三本ナラは、うした開拓の際も伐採されることなく、水神碑の建つ鎮守の森として地元の人々に大切にされてきた。
 平成12年5月、代々この巨樹を守ってきた農家9戸が、三本ナラを芦別市に寄贈した。市は、平成13年に樹木医の指導のもと幹や枝の腐れた部分を治療し、平成14年の道路改良工事では樹根保護のため道路を三本ナラから離すなど、保存処置を行っている。
 ミズナラは「芦別市の木」であるが、道内においても、れほどの巨樹が3本並んで残されているのは貴重である。
平成15年5月31日  芦別市教育委員会

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



新城仙台山の三本ナラ
所在地 北海道芦別市豊岡町251番地


(2011/07/13)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。