日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊富温泉「ふれあいセンター」

強風の中オトンルイ風力発電所とサロベツ原野を見てきたあと、冷え切った身体を温めるため「豊富温泉」に向かいました

日本最北の温泉郷豊富温泉は、
CA3C0405_convert_20110723234446.jpg

大正14年、石油の試堀を行なってた際、高圧天然ガスと油を多く含んだ温泉が湧出され、北海道でも歴史のある名湯のひとつ
CA3C04450001_convert_20110723232009.jpg
とても寂れた感じの温泉街ですが、アトピー性皮膚炎や乾癬治療のために、全国から湯治に訪れる人が多く、有名な温泉でもあります。

温泉街の突き当たりの敷地には、数個の源泉井と天然ガスのタンクらしき物もあります。
CA3C0441_convert_20110724023957.jpg
豊富温泉の由来の看板もありました。

以前立ち寄った事がある「かわしま旅館」での入浴をしたかったのですが
お昼までには音威子府村に行きたいので、朝8時30分オープンの「ふれあいセンター」に立ち寄る事に・・・。
CA3C0407_convert_20110724025133.jpg

玄関を入ると直ぐにレストランや売店があり、休憩所もありますが、ロビーでも十分に休憩できる様になってました。
券売機で大人1名500円で入浴券を購入し、受付のお姉さんに渡し、奥の浴場へ
湯治湯の方は、いつも大勢の入浴客が居ると聞いてたので、朝1なら・・・と思い湯治浴場の方から入浴する事に・・・。
CA3C0410_convert_20110724030809.jpg
脱衣所は広く、30近くの脱衣カゴも用意されてて、なのど貴重品は、100円返却されるロッカーもあるので安心

浴場に入ると、鼻がツ~ンとするほどの油臭、石油ストーブの灯油を給油の際に、こぼした様な感じに近いかなぁ~
床も油でヌルヌルで、危ないです転倒注意
CA3C04120002_convert_20110724232927.jpg
カランとシャワーも8つあり、ボディーソープもシャンプーも・・・
このボディーソープは必需品だょ
浴槽は2つこちら側の小さい浴槽が真湯で、なななんとそこには真っ黒のボトルが
CA3C0415op.jpg
中身は、タールが入ってるらしいです。
尋常性乾癬や重度のアトピー性皮膚病の方が使われる物なんでしょうね
他にも強酸性と書かれたスプレーなども常備されてました。

そして、こちらが温めの湯治浴槽
CA3C0720_convert_20110724234737.jpg
10人前後は入浴できる広さもあり、湯治に来ている方は、みなさんこちらに・・・

黄濁色の湯の中に、黄色と黒い湯華が・・・手ですくってみると油華って感じ
CA3C0413_convert_20110725002734.jpg
浴槽の縁も良い感じで温泉成分が堆積されており、
湯面にも鈍く虹色に光る油膜も見られ、身体の表面は、たちまち油で覆われヌルヌルした感じに
男湯の方は、オイルフェンスが張ってあり、その中に湯が注がれているそうで・・・そのフェンス内の油を身体に塗っていたそうです。
この油が保湿性が高く、皮膚病に良いのかもしれませんね
舐めてみると、かなりしょっぱく(塩辛い)て、皮膚病に効き目ありそう~

CA3C0415_convert_20110725030647.jpg
湯から上がると、全身油まみれッ椅子に座るとヌルッグニュッ
このあと、音威子府に行かないとならないので、油まみれで服を着る訳にもいかず
こんなに洗っても良いのか?ってくらい全身の油を洗い流したのでした
温泉成分も・・・
これじゃ~温泉の意味ないね

そして、以前にも入浴しているのですが、一般浴場へも・・・。
CA3C0424_convert_20110725032302.jpg
こちらの脱衣所は湯治浴場より広く、同じく貴重品ロッカーやドライヤーもあります。

浴場は、曲線を描いた様な大きなジャクジー付きの浴槽があり、やはり油臭が強いです
CA3C0430_convert_20110725033013.jpg

浴槽の前の可愛いタイル柄の壁の向こうは、13箇所の洗い場になってます。CA3C0435_convert_20110725033829.jpg

湯の注ぎ口の近くには、湯治浴場の湯と同じく、黒や黄色の湯華が浮いてますが・・・
CA3C04330001_convert_20110725034718.jpg
湯治湯より、薄いと言うことです。
温泉分析表によると、両方ともR10号井の源泉を注いでるのですが、一般浴場の湯の方が湯温は高く、私的には
また注ぎ口の反対側にジャグジーがあるので、その波で浴槽に浮いてる湯華や油膜は、次々と床へ流れ出てました。
それで、薄いと言われてるのかな?
床は、油分でヌルヌルベトベト・・・油で湯が弾かれてるでしょう
CA3C04340001_convert_20110725035629.jpg
こちらの浴場も、しっかり踏みしめて歩かないと転倒しちゃいますょ

源泉名:R10号井
泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(弱アルカリ性高張性温泉)(旧泉質名:含重曹-食塩泉)
泉温:41.6℃
ph値:7.68
湧出量:51リットル/min
知覚的試験:微黄微白濁 カン味 石油臭
蒸発残留物:13.65g/kg

湯治湯と一般浴場の湯の違いは、私には分かりませんでしたが
油は、明らかに少なかった様に思います。
身体をシャンプーした時に明らかに違ってました。
両湯とも、石油臭も強く、最初は頭がクラクラするかも・・・(笑)
色々な温泉を巡ってきましたが、やっぱりココのは、インパクト抜群
ちなみに、油臭のタオルは1度や2度の洗濯じゃ、臭いが消えませんょ
の中も油臭が・・・もちろん身体も・・・臭ってます

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



「豊富温泉ふれあいセンター」
住所:北海道天塩郡豊富町字温泉 
Tel:0162-82-1777
日帰り入浴時間:8:30~21:00
定休日:第1月曜日
料 金:大人500円 小人250円
公式サイトhttp://toyotomi-kanko.net/onsen2.htm



(2011/07/20)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
Mちゃん
こんばんは~(^^)

豊富温泉何やら興味深い温泉ですね…(^^)
油まみれ覚悟で浸からないとダメな温泉ですね…(ーー;)
こぼした灯油の匂いがするんですか強烈ですね…(ーー;)
今まで経験した事のない温泉です…(^^;)
行って見る価値ありですね…(^ー^)
あそこの食堂んんんっ…???
何てたっけ…???
セットでね…(^。ー)
2011/07/25(月) 17:48 | URL | ゆぅ&かん #-[ コメントの編集]
ゆぅ&かんさん
コメントありがとうございますe-466

こぼした灯油って、いつまでも臭いょねe-351
アレに近い感じかも・・・。
1度経験してみてくださいね
ただ・・・あの辺は、e-224が無いから、なかなか行けないですょね

え~と、美深の「井上食堂」ですe-284
是非、そして必ず「オススメは?」と聞いて、説明を聞いて下さいね
外には、v-367行灯が3つありますょ
2011/07/25(月) 23:52 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
お久しぶりですっ こちらにコメント初めてです~!
豊富温泉 いやっ全然寂れてないし 何十年前からこんなだし っていうかこんな立派なセンターできたんだ!
昔稚内には豊富温泉しかなかったねでよく通いました。懐かしいなぁ~石油の臭いとお湯の色… 昔から皮膚病には豊富温泉でしたよ!
2011/07/27(水) 07:12 | URL | カナリーヌ #-[ コメントの編集]
カナリーヌさん
コメントありがとうございます。
「何十年前からこんなだし 」って・・・カナリーヌさんお若いのに・・・(笑)
私より、最低でも一回りは下かと思いますょe-351

ルパンくんの記事にはビックリでしたe-330
見つかってホント良かったょねv-437
私も以前、路上で横たわった犬を保護して、飼い主をさがした事ありました。
飼い主の老夫婦は老夫婦で、警察に届けを出したり、車がないから歩いて探したらしくて・・・
再会したときは、お婆さん泣いてましたょ
でも、v-286はちょっと冒険して楽しかったe-351って顔してて
その対照的な顔が今でも忘れられないわ
2011/07/27(水) 17:57 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。