日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五味温泉

毎週火曜日に名寄市へ行く連れのお伴で・・・連れが仕事中、私はイオンをブラブラ
この日は、帰りに名寄市からで約30分の下川町の「五味温泉」へ寄りました。
3年前にも、1度入浴しているのですが、あまり記憶に残ってなかったので、今回は記事にしてみました。

CA3C0853_convert_20110812015412.jpg
 明治38年に天皇のご領地であった当地を管理していた五味勘三郎氏が、温泉を発見、現在の「五味温泉」の発祥となりました。
 当時は近隣より遠い道程を、疾病や傷病に効き目があるとのことで、多くの方が尋ねて来た模様です。 昭和の初期に『下川鉱山』の保養施設として利用されていた。

温泉施設の裏、キャンプ場側の駐車場にを駐めて、ふと見ると
CA3C0850_convert_20110812020258.jpg

こんなの発見飲んでみると、金気と少し酸味のある甘くないサイダーって感じ
あまり美味しいってものじゃなかった(笑)
ここもアブが多くて・・・急いで施設内に避難しました
最近は、どこの温泉に行ってもアブに大歓迎されてますね

玄関を入ると正面に売店と券売機があり、大人1名400円で入浴券を購入
長い廊下を行くと、マッサージチェアーのある休憩所や、テレビがある休憩所、そして大広間風の休憩室、全部で3ヶ所の休憩室や休憩所があります。
その先を右に進むとUFOキャッチャー等のゲームコーナーがあり、貴重品ロッカーの前に男湯、そして1番奥が女湯です。

脱衣所入り口に、浴場の案内が貼ってありました。
CA3C0878_convert_20110812023314.jpg
加温・循環
水温を均一にするため循環装置を使用しています。
どこにも、衛生のため薬品を投入していると書いてないので、塩素は投入されてないのでしょうか?
で、飲用泉は「かけ流し」って・・・浴場で見て、思わず吹いてしまった

CA3C0875_convert_20110812024310.jpg
脱衣所は広くて綺麗付きロッカーもあります。
もちろん、温泉分析表別表の2枚貼られてました

CA3C0859_convert_20110812024831.jpg
浴場は広いですょ
プールみたい真湯の浴槽が3つ、真湯の露天風呂、水風呂やテレビ付きのサウナ、シャンプーやボディーソープが備えてある洗い場も15~16あったと思います。

他の施設にもあるのかな?
サウナの入り口には、メガネラックなんてあり
CA3C0870_convert_20110812033304.jpg
サウナもメガネも関係ない私ですが、心遣いが少し嬉しく思ってしまいました

そして、国内では珍しい(?)と言われている天然炭酸泉、他ここら辺では愛別の協和温泉が炭酸泉で有名ですょね
CA3C0860_convert_20110812025250.jpg
鼻が悪いMちゃん塩素が少しくらじゃ、匂わないので・・・塩素が投入されているか不明です
黄濁の湯に浸かると、泡付きは・・・少し
でも肌がキュッキュッキシキシって感じで、よく温まります。
銅板には「含二酸化炭水素塩泉は皮膚病に有効で『美人の湯』と親しまれております。
炭酸ガスには皮膚粘膜等の毛細血管を拡張し、心臓の拍動を増やさずに血液の循環が良くなるので、高血圧症にも心臓に負担をかけずに血圧を下げることが出来、ヨーロッパでは『心臓の湯』と称され貴重な温泉と言われております。」と書かれてました。

含二酸化炭素-ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-炭酸水素塩泉(低張性弱酸性冷鉱泉)
(旧泉質名:含炭酸-重曹泉)
泉温 14.6 °C
pH 5.8

で、これが「かけ流し」の飲用泉
CA3C0866_convert_20110812030834.jpg
確かに掛け流されてますょね
こちらの銅板には、鉱泉の飲み方が書かれてます。
夕食後から就寝前は飲んではダメなんですねぇ~
それより、銅板を使っているところが、さすが銅・硫化鉄・亜鉛の鉱山が30年程前まであった町の温泉ですょね

で、こちらが真湯の露天
CA3C0867_convert_20110812034151.jpg
一歩も浴槽の中に入りませんでしたが、写真だけは撮影しちゃいました

真湯の浴槽の方に、福島から来ている子供たちが入浴してて楽しそうにしてました。
私は、最近悪化しているアトピーを退治するため、ひたすら鉱泉に浸かって、汗だくになり
連れが待つ、大広間の休憩室へ
CA3C0884_convert_20110812035340.jpg
冷鉱泉なので、かけ流しされてないのは仕方ないですょね
循環なので炭酸の泡々って感じはありませんでしたが、汗がなかなか引かなく良い湯でした。

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



五味温泉
住所:北海道上川郡下川町パンケ2893番地
TEL:01655-4-3311
日帰り入浴 10:00~22:00
露天風呂  10:00~21:00
サウナ   12:00~22:00
浴場掃除  08:00~10:00
料金 400円
公式サイトhttp://gomionsen.jp/



(2008/08/27・2011/08/09)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
Mちゃん
おはようございます~(^^)

五味温泉よさげな温泉ですよね…(^ー^)
私達は、まだ行った事が無いんです…(^^;)
まだまだ未湯の多い私達です…(ーー)
名寄の近くなんですね…(@。@;)
道北は中々行けてない私達です…(;。;)
2011/08/17(水) 06:56 | URL | ゆぅ&かん #-[ コメントの編集]
ゆぅ&かんさん
ゆぅ&かんさん、こんばんは
いつもコメントありがとうございます。。
しかもレスが遅くなり、すみませんe-466

ここの温泉もかけ流しでしたら、もう言う事ナイんですけどねe-351
冷鉱泉では、仕方ないですょね
施設的なも、大勢が宿泊や入浴に訪れてますから
循環濾過も外せないでしょうし・・・

道北は・・・なかなか難しいです。
やっぱり、愛山渓や天人峡・層雲峡に白金や十勝岳になっちゃいますょね
2011/08/19(金) 18:34 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。