日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

越川温泉

標津町の秘湯「川北温泉」で白濁りの湯を満喫したあと、国道244号線を斜里町へを走らせ
根北峠を下って暫くすると有形文化財の「第一幾品川橋粱(越川橋梁)」昭和14年着工完成した10連アーチ橋が私たちの目前に現れました。
CA3C1475_convert_20110910161037.jpg
国道244号線を跨いで橋梁跡の一部を見る事が出来ます。

この橋粱の直ぐ近くに、白いドラム缶の門が目印の「越川温泉」が本日3番目の目的
CA3C15050001_convert_20110910162017.jpg
地元組合員さんたちの手作りの温泉施設、風情があって良い感じです。

「越川温泉」の看板を撮影しようと近寄ると地元組合の方がスッポンポンで男湯の掃除中です
撮影は後回しにして、出入り口のドアを開け「こんにちは~入浴できますか?」と声を掛けると
中から気さくなオジサンがタオルを腰に巻いて出て来て「女湯は、掃除前だから大丈夫だ!男湯は今湯を入れてるから、まだだぁ~」って・・・
何でも3日に1度は、湯を抜いて掃除をしないと、浴槽底に2~3cmも湯花が溜まるそうです。
CA3C1507_convert_20110910163003.jpg

地元の方々に愛されている憩いの場なんでしょうね
CA3C1480_convert_20110910163408.jpg
休憩小屋内には何でも揃ってて、このまま宿泊も出来そうです(笑) 宿泊は禁止です。

今日は、たまたま地元組合の方が居ましたが、普段は無人になっているので、
協力金をドラム缶の貯金缶(箱)に200円入れてから入浴する事になります。
CA3C1481_convert_20110910164921.jpg
この貯金缶の開け方は秘密だそうで、1年に2~3回開けて除雪の費用などにするそうです。※金額はです(笑)
以前、貯金缶の入り口が凸ってた頃、サンダーで切られてを盗まれてしまったらしく、それ以外にも休憩小屋の壁に穴を開けて、窃盗するのに侵入した跡もありました。
貯金缶もベコベコしてて、これも中のを盗むために叩いた跡らしく、こんな事が続いているそうで、ドラム缶の貯金缶をコンクリートで固めてありました。
外壁にも叩いた跡が複数見られ、何とも情けなくなります
こんな事が続くと、もう一般開放してくれなくなるかもしれないですょね

休憩小屋には、昭和51年の古い温泉分析表平成20年の温泉分析表が掲げられてました
分析表によると
源泉名:越川温泉
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉(中性低張性高温泉)(旧泉質名:含石膏-食塩泉)
泉温:50.9℃  湧出量:450リットル/min  ph7.0
知覚:無色澄色 弱カン味 無臭
密度:1.0043   蒸発残留物:7.034

地元のオジサンが「コレなかなか良いだろ~」と指さした掲示物がCA3C1500_convert_20110910172446.jpg
「育ち盛りが終わった私でも大丈夫?」って聞くと「大丈夫だ。あははは・・・何度でも入りに来たら良い」って・・・コレを書かれた方も亡くなったそうで・・・
他には、神棚や組合名簿などもありました。

休憩所奥が脱衣所と浴場になっており、脱衣所には、正確なのか?って思える体重計もあります。
CA3C1488_convert_20110910173440.jpg
屋根が半透明な波板で作られているので、の光が浴場全体に取り入れられ、とっても明るいく

湯も打ちっ放しの浴槽から、止めどなく溢れてます
CA3C1491_convert_20110910174248.jpg

源泉温度が高いので、沢水で加水されているのですが、バルブで調整が出来る様になってて・・・本格的な施設だと驚いてしまいました。
CA3C1490_convert_20110910174952.jpg
最初、ちょっと熱めだったので、バルブを開き沢水を大目に・・・

極楽極楽めちゃ気持ちイイ~
CA3C1494_convert_20110910175329.jpg
すると、男湯に湯がまだ溜まってないらしく、地元のオジサンに「女湯に一緒に入れ」って言われた連れが・・・
女湯の浴槽の方は、2人入浴は少し狭いかもしれませんね
湯が一気に溢れ落ちていきました

男湯の方は
CA3C1497_convert_20110910180038.jpg
女湯の1.5倍以上、新鮮な湯がドンドン溜まっていきます

風呂から上がると
CA3C1499_convert_20110910180946.jpg
連れと裸の地元組合のオジサンが談話中、意気投合した模様
最近、ココの温泉のオーナーさん(帯広市在住)が病気で亡くなり「この先、この温泉もど~なるのか?」って心配してましたが
ただ、部落(越川)でも、温泉掘削時に○○万円を協賛金として出しているので、このままかも・・・とも言ってました。
また、ここの温泉の住所は「越川」でないらしく、管理している組合や協賛金を越川で出しているので「越川温泉」と名付けたそうです。


そして「いつまでも、この温泉を残していって下さい。お元気で・・・」と知床を目指すことにしました

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



越川温泉
住 所:斜里群斜里町字富士150-1
協力金:200円
時 間:6時~21時
定休日:年中無休



(2011/09/07)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
精力的に活動(^-^)/
神が君臨したかのような湯めぐりだね。
越川温泉…そこまで行って外せないよね。
共同浴場の鄙びた感がたまらない…湯も最高っす。Mちゃん&相方さんの地元の方との触れ合いも、素敵です。
ブログを通じて、温泉への感謝、愛を感じるので、嬉しくなってきます。
あ~自分も激しく温泉めぐりがしたくなってきたよ(^-^)/
2011/09/10(土) 20:39 | URL | 札幌温泉人 #-[ コメントの編集]
札幌温泉人さん(^-^)/
こんばんは
コメント感謝ですe-459
なかなか行けないから、巡れるだけ巡ろうって感じで・・・
しかし、めちゃくちゃ疲れてしまったわ
温泉は疲れを癒すものなのに、逆に疲れるとはe-351

地元のオジサンは面白い人でね
色々な秘話も聞いちゃいました(笑)
連れなんて温泉より、話してる方が長かったかも・・・
2011/09/12(月) 00:49 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。