日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

養老牛温泉「旅館 藤や」(お食事とボーボーの湯)

夏の観光シーズンも終わり、紅葉には早いこの季節
観光客も少なく、ゆっくり出来そうなので、中標津町の養老牛温泉郷の「旅館 藤や」に宿泊しました。
CA3C1406_convert_20110910223835.jpg

ココは、映画「釣りバカ日誌20ファイナル」の舞台となった旅館でもあり・・・
CA3C1409_convert_20110910234208.jpg
スミマセンその映画観てません

12号から変わった温帯低気圧と13号に挟まれた北海道、各地に大雨洪水警報が飛び交う中
旭川の自宅から約299kmの養老牛温泉郷にようやく到着
玄関に入ると、「お疲れ様です。雨の中、お疲れでしょう。」と、品の良い女将さんが優しい言葉を掛けて下さいました。
一言って大切ですょねその一言で宿の印象が左右されたり、その宿で気持ちよく過ごせるか決まったりもしますものね
館内も木の温もりと、ふくろうの置物が多く置いてあり、温かみがあります。
CA3C1323_convert_20110910225258.jpg

私たちのお部屋は、2階の竹の間
CA3C1321_convert_20110910225517.jpg
お腹も空いてて、お疲れモードの私は、テーブルの上に用意されている茶菓子を2個ともパクパク
お部屋でゴロゴロしたいところですが、お腹が・・・鳴ってて(笑)

夕食は1階の「藤や亭」に用意されています。
私たちが1番最後の様で、大きな窓側の大きなテーブルに、私たち2人分の膳が用意されてました。
CA3C1327_convert_20110910230833.jpg
「凄い品数私、こんなに食べきれるかな?」「M子なら大丈夫だょ」と笑う連れさん

なんとこれ以外にも、さすが花咲港が近いだけあって花咲蟹
そして野付半島特産の北海シマエビも
CA3C13340001_convert_20110910231338.jpg
花咲蟹は、ふんどしと味噌が超美味しかったぁ
シマエビは、やっぱり生より茹での方が、味がシッカリしてて美味しいです

乾杯連れがを飲んでる(舐めてる)姿を初めて見て驚いてる
料理の説明が始まりました。
CA3C13310001_convert_20110910231824.jpg
ジンギスカンの陶板焼き、海鮮のオーブン焼き、お造り(サーモン・帆立・甘エビ)、やまべ甘露煮、行者ニンニク、帆立の子、こごみ酢味噌、ホワイトアスパラ、魚河岸上げ、茶碗蒸し、酢の物、漬け物、生ハムマリネ

近くの根室ではサンマ祭りの時季、根室産なのかな?脂がのった肉厚なサンマの切り込みマリネ風
CA3C1329_convert_20110910232641.jpg
コレ、ワサビが利いててめちゃくちゃ美味しかったです
これ以外に、白飯と椀物も付き、最後にメロンと牛乳プリンのデザートも有りました
は、途中で放置して
夕食膳の品数に驚きながらも、美味しく食べさせて貰い
海の幸、山の幸、川の幸を全て完食
食べきれないお客さんも居るとか・・・女性には厳しいかもしれませんね

そうそう、食事中に窓の外の池にシマフクロウが来てましたが・・・全く撮影不可
何でも今日はラッキーとのことです。
全く姿を見せない日もあれば、早朝姿を現したり、みんなが寝静まった後だったりと・・・野生生物だもの当然ですょね

部屋に戻って、お腹がきつくてきつくて・・・ぐるじ~い
1時間を観たり、ゴロゴロしたりしてましたが、10時半からサッカーのテレビ観戦があるので、お風呂へ行くことにしました

最初に「ボーボーの湯(貸し切り露天風呂)」へ
フロントにあるランタンを持って行くのですが、とてもロマンチックですねぇ
しかし、何故ボーボーの湯なんでしょう
「草ボーボーの中に露天風呂があるの?」「湯の効能が毛がボーボー生えるとか?」「体毛がボーボーはイヤだなぁ」

新館のロビーから、外のデッキに出て行くのですが、真っ暗です
スリッパを履き替え、入浴可→入浴中に札を掛け替えてから、「ボーボーの湯」の暖簾を潜り、10m程先にある露天風呂へ
ちゃんと脱衣小屋もあるんですょ
そして、どうやら川の縁に露天がある様ですが、今夜はもなく、ランタンの灯りくらいじゃ~見えないのょ
CA3C1341_convert_20110911001400.jpg

湯気も良い感じサラサラの湯で身体が良く温まります。
CA3C1343_convert_20110911001705.jpg
音は川の流れだけで、辺りはとっても静かなの
すると「ボッ~ボ~~ボ~~~ボ~~」って・・・直ぐ脇の林から聞こえてきたのでした。
「シマフクロウの鳴き声だね」「あ、だからボーボーの湯って言うんだね」「すごいねぇ~」と何故かヒソヒソ話し

遠くに旅館があるだけ、他に何も遮る物もなく
川の水音と木々の揺れる音、そしてシマフクロウの鳴き声に良い湯
これが「至福の時」と言うんでしょうね。初めての経験でした。
CA3C1345_convert_20110911002618.jpg
星空だったら、もっと素敵だったんだろ~なぁ~と思いつつ
この後、大浴場で洗身・洗髪と普通に入浴して、お部屋に戻りました。
大浴場と露天風呂の記事http://kurumi2002217.blog77.fc2.com/blog-entry-352.html




翌朝は、5時前から目が覚めたので「ボーボーの湯」で湯浴みしたあと、浴衣のままに飛び乗り「からまつの湯」
入り口の看板が外されていたので、少々分かり難かったですが、何とか辿り着き
今までにない露天風呂を満喫してから、旅館に戻り朝食です

CA3C1433_convert_20110911004952.jpg
ニシンと蕗・笹の子の煮物、切り干し大根、煮さんま、おひたし、明太子、納豆、温泉玉子、梅干し、こうもの、白飯、椀物とあっさり和風膳

そして、キャップの裏に生クリームが出来ている程の、濃い牛乳
CA3C1434_convert_20110911005922.jpg
朝から、やっぱりお腹いっぱい

美味しい食事に、良い湯の「藤や」さん、幸せな時間をありがとうございました

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



※2014年12月末に閉館
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/584575.html

養老牛温泉「旅館藤や」
住所:〒088-2684 北海道標津郡中標津町養老牛温泉
電話:(0153)78-2341 FAX(0153)78-2343
宿泊料金:11,000円(平日・朝夕食あり・本館)
日帰り入浴時間:正午~20時
入浴料:500円
公式サイトhttp://www.aurens.or.jp/~fujiya/pc/fukurou.html



(2011/09/06)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
長い休暇を楽しんでますね♪
今週は、積丹?
運転気をつけてるんだぞ!
2011/09/11(日) 16:28 | URL | イチダイ #-[ コメントの編集]
Re: タイトルなし
イチダイくん、こんばんは
コメントありがとうございます。
いつまで続く?この長い休暇(笑)
バイトでもしないと、もう働けなくなるわe-351
こんな遊んでて、いつまで給料貰えるのかな?
なんか怖いわe-447
2011/09/12(月) 00:58 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。