日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

養老牛温泉「旅館 藤や」(大浴場と露天風呂)

道東の湯巡りと知床観光がしたくて、養老牛温泉郷の「旅館 藤や」さんに宿泊しました。
CA3C1408_convert_20110911013918.jpg
美味しい夕食のあと、ボーボーの湯(貸し切り露天風呂)を満喫
コチラお食事とボーボーの湯の記事http://kurumi2002217.blog77.fc2.com/blog-entry-351.html

翌朝、まだ薄暗い5時前に「ボーボーの湯」と大浴場を再度利用させていただきました。
新館ロビーから、外のデッキへ
CA3C1376_convert_20110911023437.jpg
昨夜は気付かなかったのですが、デッキの奥は離れ宿だったんですね

ココで、外用のスリッパに履き替え、札を掛け替えます。
CA3C1377_convert_20110911023729.jpg

こんな風に・・・
CA3C13950001_convert_20110911023911.jpg CA3C13940001_convert_20110911024307.jpg
これで「ボーボーの湯」は、貸し切りに・・・

「ボーボーの湯」って、意外と木々が茂った中にあったのね
CA3C1396_convert_20110911024717.jpg
昨夜は、月明かりもない程の真っ暗闇だったので、気付かなかったわ

露天へ歩いて行くと、ボーボーのシマフクロウが来ています。
CA3C1380_convert_20110911025253.jpg
ちっちぇ~。写りわり~。

一応、アップにしてみましたが、何が何だか・・・ホントにシマフクロウか?(笑)
CA3C1378.jpg

「ボーボーの湯」の湯船木々が茂っていて暗いですランタンを持って来れば良かったわ
CA3C1385_convert_20110911030444.jpg
貸し切り露天の「ボーボーの湯」の直ぐ脇を川が流れていたんですね
澄み切った空気、清々しい朝の露天風呂って最高ですねぇ~


大浴場は、新館ロビーの奥で・・・
CA3C1338_convert_20110911014350.jpg

廊下の突き当たりには、昭和48年の物ですが温泉分析表が貼られてました。
源泉名:表1号井
泉 質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉
性 状:無色澄明・弱鹹味・臭なし
湯 温:摂氏80.0度
湧出量:1分間45立 自然湧出
水素イオン濃度:ph6.9
比 重:1.001(20℃)
放射能:CE M.E
触媒作用:ベンチヂン反応・フェノールフタリン反応意味わからんし
蒸発残留物:1.581g

CA3C1353_convert_20110911021629.jpg

CA3C1354_convert_20110911021807.jpg
付きロッカーもあるので、安心して入浴可能
洗面所には、ドライヤーやクリームなどもありました。

浴場は湯気が凄いです
CA3C1375_convert_20110911022650.jpg
浴槽は2つで、手前側の浴槽は、浅い湯船と普通の深さに区切られてて、湯温もぬるめとなってました。

透明で綺麗な湯は、肌触りもサラサラしています。
CA3C1365_convert_20110911031238.jpg
浴槽全体から、溢れた湯が床タイルを濡らし、キラキラと綺麗

こちらの露天も「ボーボーの湯」と同じく川縁にありました。
CA3C13980001_convert_20110911031727.jpg

早朝なので、私だけの露天
CA3C1401_convert_20110911031924.jpg
ず~っと入浴していたかったけど、この後「からまつの湯」へ行く予定だったので、ココの浴場をあとにしました。

大浴場で3回、ボーボーの湯で2回と湯浴み三昧の「藤や」さんでの1泊2日でした。

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



※2014年12月末に閉館
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/584575.html

養老牛温泉「旅館藤や」
住所:〒088-2684 北海道標津郡中標津町養老牛温泉
電話:(0153)78-2341 FAX(0153)78-2343
宿泊料金:11,000円(平日・朝夕食あり・本館)
日帰り入浴時間:正午~20時
入浴料:500円
公式サイトhttp://www.aurens.or.jp/~fujiya/pc/fukurou.html



(2011/09/07)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
Mちゃん
おはようございます~(^^)

からまつの湯には何回も行ってるのに、今だに養老牛温泉に
入った事の無い私達です…(^^;)
旅館 藤やさん良い温泉宿ですね…(^ー^)
ここに泊まって道東湯めぐりだったんですね…(^^)
羨ましいです…(^ー^)
今回の道東湯めぐり越川温泉、川北温泉、養老牛温泉と良い
温泉をチョイスすていますね…(^0^)
道東湯めぐり、また行きたいな…(^0^)/
2011/09/11(日) 05:34 | URL | ゆぅ&かん #-[ コメントの編集]
Re: タイトルなし
ゆぅ&かんさん
こんばんは、いつもコメントありがとうございます。
藤やさんの料理が素晴らしかったですょ
ボーボーの湯も貸し切りなのに無料ですし
あれで星空が見えたら、感動しちゃうと思います。

このチョイスは、師匠の札幌温泉人さんの伝授ですe-461
以前、道南湯巡りも温泉人さんから伝授していただき、大当たりばかりでしたe-461
2011/09/12(月) 00:55 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。