日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界自然遺産「知床」を満喫♪

12号が停滞しているだの、12号と13号で北海道を挟み撃ちだのと・・・連日「大雨洪水」警報ばかり
ネコの目の様に天気予報も数時間単位でコロコロ
前日、養老牛温泉に宿泊している間は、雨と風が強かったのが、翌朝には嘘の様な天気
「こりゃ~行くしかないね」と知床へ向かうことに・・・
途中、「川北温泉」「越川温泉」に立ち寄りながら、昼頃に斜里町に到着

国道334号の知床国道を行くと、日本100名瀑の「オシンコシンの滝」が見られました。
CA3C1512_convert_20110912022100.jpg
断崖60mから水しぶきを上げて流れ落ちる迫力満点の滝
先週からの雨で、増水しているのかな?
虹が架かる事もあるそうですが、今日は観光バス2台と重なってしまい
この写真を撮影するのに精一杯でした(笑)

CA3C1516_convert_20110912022517.jpg
『「オシンコシン」とは「そこにエゾマツが群生するところ」を意味するアイヌ語に由来します。
流れが2本になっていることから、別名「双美の滝」とも言われています。
この滝は平成2年に日本の滝100選に選定されました。』と記載されてました

ウトロ漁港には、オロンコ岩
CA3C1519_convert_20110912030542.jpg
高さが60mもある巨岩で、 170段もの急な石段を上っていくと頂上は平らで、岩礁が透けて見えるほど青く澄んだオホーツク海やウトロの町並み、知床連山などが広く見わたせ、知床八景の1つだそうです。
階段があると、直ぐに上る私たちですが、今回は急遽知床行きが決まり、時間がなかったため、上りませんでした

帽子岩の横にゴジラ岩があります。
CA3C1518_convert_20110912030713.jpg
オロンコ岩の上から見るゴジラ岩は、本当にウトロの町を襲うゴジラに見えるとか(笑)
夜、酔っぱらって見ても、そう見えちゃうかもしれませんね

ウトロの町を抜けて「プユニ岬」まで来ました。
が2~3台しか駐車できないほどのスペースなので、バスとか停車しないのが良いね
CA3C1520_convert_20110912032745.jpg
ウトロから知床自然センターへ向かう途中の上り坂にある絶景と夕陽の名所
オホーツクの美しい海岸線やウトロ港が一望できるほか、はるか遠くには阿寒国立公園の山まで見渡すことができます。
小さくオロンコ岩とゴジラ岩も見えてます。

プユニ岬近くの「知床自然センター」の所から、フレペの滝(乙女の涙)に徒歩で行けるのですが、往復20分と聞いてたので止めました。
取りあえず、今日は時短コースで・・・


カムイワッカ湯の滝へ向かう途中では、エゾシカやキタキツネが顔を出します。
CA3C0008_convert_20110912033357.jpg
あまり珍しくはないのですが、せっかく撮影したので
ヒグマが出てこないかドキドキしたんでが・・・

ダートな道を進むと、やっと到着しました。
CA3C1583_convert_20110912033644.jpg
ど~しても、ココだけは来たかったのです
来週からは、での乗り入れが出来なくなり、シャトルバスのみになるんですょ

早速、靴を脱いでズボンの裾を折り、沢登りに挑戦です
CA3C1584_convert_20110912035747.jpg

連れをおいて、サッサと上まで登る私
CA3C1585_convert_20110912040203.jpg

滝壺のところで待っててあげましたガンバレ~
CA3C1590_convert_20110912040626.jpg

皆さん、結構上まで上ってますねぇ~
CA3C15890001_convert_20110912035315.jpg

あんな上までど~やって下りるのかな?
CA3C1587_convert_20110912040959.jpg

一の滝まで上ったので「さ~下りましょう」
そこに若いカップルが下りてきて「下りるの大変ょ。この先は止めた方が良いわ」と
で、この若いカップルの後ろを・・・
CA3C1592_convert_20110912041412.jpg
滑らないけど、結構流れが速いので、足がすくわれそうになります

さてさて、こちらの滝壺で湯浴み
CA3C1588_convert_20110912041635.jpg
と、いきたいところですが、大勢の観光客が居る時は、真っ裸では公然わいせつ罪になるかもしれないので、水着を着用して・・・でも水着持ってきてませんでした

カムイワッカ湯の滝は、活火山である知床硫黄山の中腹から涌き出る温泉が川に流れ込み、川全体が流れる温泉のようになっています。
当然ですが、数段ある滝壺は上に行くほど温かいそうで、そこで湯浴みしたかったなぁ~(笑)

あなたは沢をさかのぼっていけますか?ましてや滝をよじ登れますか?
■カムイワッカ湯の滝では毎年滑落事故が発生しています!■
○転んだときのためにも、両手には何も持たないで下さい
○一の滝より上流へは登らないで下さい
○ロープがかけられていても絶対に使わないで下さい
○携帯電話は沢の中からは通じない場所です
○救急車は要請してから30分以上かかる場所です
※前述のとおりカムイワッカ川には登りやすくするような設備や整備は一切おこなっていませんが、滝に工事用ロープなどをかけていく人がいます。これらのロープはお湯の成分などで腐食し、またいいかげんに結び付けられているものもあり危険です。自然保護監視員などが発見次第撤去していますので、このようなロープは使わないでください

と言うことなので、注意は守りましょう
どうしても上りたかった私は、一の滝まで自己責任で・・・
あとでウトロの道の駅に寄ると、沢登り用の靴と軍手が売られてました。
夢にまで見た「カムイワッカ湯の滝」で湯浴みとはいきませんでしたが、少しだけ沢登りも出来たので、私的には大満足
ここまで、付き合ってくれた連れに感謝

次回、来る時は「知床クルージング」「フレペの滝」「知床五湖」を必ずコースに入れたいですね。
春の知床横断道路をコースにして、羅臼の巡りも良いかもしれないね

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



カムイワッカ湯の滝
知床斜里町観光協会 0152-22-2125
利用期間 毎年6月初旬〜11月初旬頃まで(予定
公式サイトhttp://www.shiretoko.asia/kamuiwakka.html



(2011/09/07)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
やったね(^^)
青空のオシンコシンの滝…綺麗だね。
知床では、神様が、Mちゃんに、青空をプレゼントしてくれたね。
カムイワッカ湯の滝…真っ裸で入っても良いって、監視員の人言っていたよ。
一昨年、俺は、真っ裸で湯浴み…今年は、水着仕込んでいったけど…例のポーズで、真っ裸になりました。
Mちゃんも、やれば良かったのに…(笑)
知床は、何度行っても、感動だよ。
2011/09/12(月) 19:08 | URL | 札幌温泉人 #-[ コメントの編集]
(^^)札幌温泉人さん
こんばんは、コメントありがとうございます。
え~真っ裸でも良いの~
ダメだ!!って友人に言われたんだょね
きっと、上の方なら観光客も少ないし、温かいから良いのかもね
私の場合、一の滝付近でウロウロだったから、観光客も大勢で
あんな所で、真っ裸は・・・ちょっと無理e-351
そ~言えば、温泉人さんのブログで、湯の滝でケッツーやってましたね
良いなぁ~
私も湯の滝で思う存分、湯浴みって言うか遊びだいなぁ~
2011/09/12(月) 19:41 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
Mちゃん
今回の知床湯めぐり凄い勢力的に素晴らしい温泉を
攻めていますね…(^0^)

カムイワッカ湯の滝私達も今年はじめて行きました…(^^)
一の滝しか行けませんが感動しましたよ…(^0^)
ここの湯本当に酸性度だ強いんですね、肌がピリピリ
しました…(^^;)
記念に『かん』のマッパで浸かって写真を取って来ましたよ…(^。ー)
2011/09/14(水) 07:09 | URL | ゆぅ&かん #-[ コメントの編集]
ゆぅ&かんさん、こんにちは
いつもコメントありがとうございます。

私たちも一の滝までしか行けませんでした。
それ以上、上ると・・・下りるのが怖くって・・・e-351
あそこの湯、酸性なんですか~
全然、知りませんでした。
とにかく、感動e-420感動e-420感動の湯の滝でしたe-454
2011/09/14(水) 11:50 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。