日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濤沸湖畔の民宿「原生亭温泉」

斜里町で、思いがけないしれとこくらぶ」で、モール泉を満喫
その後、帰路に付いたのですが、本日最後の予定「原生亭」に立ち寄るため、斜里国道を小清水町へ向けて走らせます。
国道脇には案内看板があるので、直ぐにわかる様になってました
CA3C0040_convert_20110912155802.jpg
夕陽がめちゃ綺麗ですね
こんな綺麗な夕陽を、知床のプユニ峠から見ると、もう感動の一言なんでしょうね

夕暮れの濤沸湖も幻想的で良いですね
CA3C0076_convert_20110912160947.jpg
この辺は原生花園となっており、辺りには数件の旅館や民宿があるようです。

すると、なぜだかがいっぱい
そこに手書きっぽい看板が(笑)

その先に民宿「原生亭温泉」があります。
CA3C00907.jpg
あれれれ・・・よく見ると、こっちは玄関じゃないみたい
「玄関」と案内あり

玄関は、この裏手にありました。
CA3C0072_convert_20110912174053.jpg
既に4~5台のや軽トラが駐車されてて、帰る人、来る人、みなさん顔見知りの様です。
それにしても、次々帰るお客さんに、続々来るお客さん、こんな田舎なのに意外にお客さんが多いのにビックリ
地元で親しまれているなんでしょうね


CA3C0042_convert_20110912174509.jpg
これも手書きっぽくて良いです

玄関に入ると、受付カウンターがあるんですが、ドアの前にオジサンが立ってて
「お幾らですか?」「1人300円だょ。ごゆっくり」と・・・

奥に進むと、オジサンは「趣味じゃないょ~。集まっただけだょ」と照れ笑いしたんですが、
CA3C0043_convert_20110912175242.jpg
ど~う見ても趣味としか思えないモノがいっぱい
たくさんの蜂の巣や石器の鏃昆虫標本なんかもあります。
面白いでしょう~。実はココは泉質より、この面白さでチョイスしたなのでした。

これらのショーケースの前には、きちんと休憩スペースもあり、自動販売機もありますが
みなさん、湯上がり後は休憩もしないで、帰って行く様でした。

長い廊下の奥が女湯、手前が男湯になってます。
後から増築されたのかな?造りがそんな感じで、建材も綺麗ですょね

脱衣所は狭いけど、綺麗に整理整頓されてて、とても気持ちが良かったです。
きっとみなさんのマナーが良いんでしょうね
CA3C20110.jpg
脱衣カゴの棚の上には、子供用のオモチャがいっぱいでした
洗面所の上が男性側と繋がっているので、話が筒抜けで、連れと常連客の会話に笑っちゃいました。
「あの浮いてるの何ですか?」
「ありゃ~泡だょ。垢じゃねぇから・・・。俺は身体洗ったから綺麗だから・・・安心して入んな。モール泉だから泡立ってるんだな」

モクモクの凄い湯煙レンズを拭き拭き撮影
CA3C0048_convert_20110912181849.jpg
凄いょ
ウーロン茶より濃い珈琲色の湯に、ホントに泡が浮いてるょ
何でも新鮮で良いモール泉は、泡が浮いてるって、どこかのブログで読んだ気がするんですが・・・はっきり覚えてません
でも、良い湯に違いないです
時折、湯船の中の源泉パイプから、湯が注がれ泡がブクブクと浮き上がってきてます。

洗い場は左右にカランとシャワーが2つずつ、合計4つあります。
CA3C0051_convert_20110912200931.jpg
浴場の紹介は、ここら辺で終わらせ

早速湯浴みに・・・・アッチチチチチチチ・・・ちょっと無理
身体が煮えそうだょ~茹で上がるょ
辺りを見渡しても、加水用の蛇口も見あたらず、我慢して・・・
CA3C0049_convert_20110912195114.jpg
ツルツルスベスベの湯、少し油の様な臭いがしてました。

で、横を見ると油温計があったので、近づいてみて見ると・・・。
CA3C0059_convert_20110912195840.jpg

45℃だと~!! 私、無理で~す
CA3C0058_convert_20110912200038.jpg
こんなに熱い湯に入ったことありませ~んになりそう・・・。
それでも、何度か果敢に挑戦して、真っ赤になった私なのでした(笑) ※見苦しい物、スミマセン

夏だと源泉温度が50℃以上らしく、ちょっと熱かったけど、ホントに良い湯なのは間違いないょ
今度は、源泉温度が少し下がっている冬に行きたいな~と思います。
ここの、お客さんたちの回転が早いのが、納得できました。

温泉分析表では、
源泉名:原生亭
泉 質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉(弱アルカリ性低張性高温泉)(旧泉質名:含食塩-重曹泉)
泉 温:47.4℃(気温10℃)
湧出量:250リットル/min 動力揚湯
ph値 :8.2
知 覚:褐色澄明・無味・無臭
密 度:0.9976
残留物:1.245g/kg

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



原生亭温泉
住所:〒099-3452  北海道斜里郡小清水町字浜小清水137-1
TEL:0152-64-2065
入浴時間:10時~21時



(2011/09/07)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
マニアックな温泉好きだな
45度って言ったら長湯は無理だね
だから回転率がいいんだな(笑)
2011/09/13(火) 12:03 | URL | イチダイ #-[ コメントの編集]
イチダイさん、こんにちは
コメントありがとう~。
なかなか面白い温泉でしょ?
ちょっと熱かったけど、良かったょ
常連さんも、熱くて子供なんて入れないって・・・
でも、オモチャがいっぱいあったけどね
2011/09/13(火) 16:55 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
ところで、これ二の腕か?(笑)二の腕じゃ太すぎるな(笑)
ふとももか?ピンクに染まったふともも………妄想炸裂だ
2011/09/13(火) 18:41 | URL | イチダイ #-[ コメントの編集]
こんな太い訳ないし
イチダイさん

これが二の腕だったら・・・
私の足、どんだけ太くなるんじゃ?e-442
これは私のメタボ気味の腹だし!!!←嘘e-264
2011/09/13(火) 20:59 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
Mちゃん
おはようございます~(^^)

斜里に民宿「原生亭温泉」なる温泉があるんですね…(@。@)
Mちゃん良く調べてるし勉強してますね…(^^)
頭が下がります…m(_ _)m

良さげなモール泉ですね…(^ー^)
ツルツルスベスベ感が良く伝わって来ます…(^0^)
何やら標茶の温泉を思い出させる温泉ですね…(^。ー)
行って見たいな~(^0^)
2011/09/14(水) 07:21 | URL | ゆぅ&かん #-[ コメントの編集]
ゆぅ&かんさん
コメントありがとうございます。

標茶のオーロラファームと味幸苑はチェックしてたから
絶対に行きたかったけど、時間の関係で断念しましたe-259
すごくガッカリi-195i-195i-195
犬が入浴していた写真を見て、私も・・・と楽しみだったのですが・・・

ここ、良い湯でしたょ
ツルツルスベスベで・・・ただ熱い湯が苦手なので長湯できませんでした。
みなさん、マッハのスピードで挙がって行ってしまうんですょ(笑)
小清水の道の駅から近いので、行ってみて下さいね
蜂の巣も大小いっぱいありましたょ
2011/09/14(水) 12:01 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。