日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩尾別温泉「ホテル地の涯」

すっかり無料温泉好いてしまった私が向かったのは、地の果ての秘湯「岩尾別温泉」
CA3C1579_convert_20110912224130.jpg
お天気最高ですこ~言う日の露天は、とっても気持ちイイょね

道幅の狭い砂利道を3.8km
秘境へ続く薄暗い原生林を抜けると、道道892号線が通行止めになるため、冬期間閉鎖されいる「ホテル地の涯」が静かに佇んでました。
CA3C1526_convert_20110912224927.jpg
ホテルのは、後で・・・
先に、「ホテル地の涯」が管理している無料の混浴露天

原生林の中、沢を下って行くと、そこには三段の湯船からなる「三段の湯」があります。
CA3C1543_convert_20110912230533.jpg
バイクで本州から来ている私の息子と同じ年頃の青年たちが湯浴み中でした。
「オバサンも入浴して良いかな?」って聞くと
「1番上の湯船が温かいですょ、滑りやすいので気をつけて下さい」って・・・好青年ですね
CA3C15310002_convert_20110912233126.jpg

「三段の湯」から約50m離れた場所に「滝見の湯」がありますが、トンボが頻りに卵を産んでました
ココに卵を産んでも・・・冬は湯を抜いてしまう上、ヤゴの餌もないのに・・・ね
CA3C1534_convert_20110912233711.jpg
大人1人くらいの小じんまりとした湯船で、手を入れてみると40℃以上はありそうな湯温です。
タヌキなのかな?タヌキの立ち小便で湯が注がれてるんですね
落差約5mの滝が、ここの湯船から見えるそうですが、木々が生い茂っていて、なかなか見る事が出来なかったのでした(笑)
脱衣所は無いとは聞いてましたが、目隠しなるモノもなく、ちょっと勇気が出なく、手湯だけで終わらせる事に・・・

そして、私たちは「ホテル地の涯」へ
ホテルに入ると、受付カウンターがあるので、そこで大人1名600円の入浴料を支払います。
その前に、玄関で外靴からスリッパに履き替え、浴場へ行く事になってました。
ロビーも大きく、売店やラウンジもあります。
脱衣所は広くゆったりしているのですが、付きロッカーやコインロッカーもないので、貴重品はフロントに預けるか、持ち込まない方が良いかも・・・
女湯は、内湯のみ
露天は混浴になります。

ドアを開けると、丸太の湯船が2つ
CA3C1547_convert_20110913000934.jpg

エエエェェェェ~この混浴露天
ホテルの中庭じゃないですか・・・客室から丸見えじゃん(笑)
客室の何個か窓が開いてました~

中庭兼混浴露天は、小さい岩風呂と
CA3C1563_convert_20110913001700.jpg
 
二段になったV字の大きな岩風呂があります。
CA3C15490001_convert_20110913002300.jpg
湯船の底の色がめちゃくちゃ綺麗湯も透明で・・・吸い込まれそう~

どの湯船も腰までと深く、気持ち良すぎ
CA3C1555_convert_20110913003839.jpg
温泉って凄い1つとして同じ湯がないょ

この青空の下、「見えちゃう」「恥ずかしい」なんて言ってられないわ
CA3C1551_convert_20110913003952.jpg
たっぷり湯浴みしちゃいました

最後は、先ほどの丸太風呂で
CA3C1566_convert_20110913004623.jpg

そして、こちらが内湯
CA3C1569_convert_20110913004926.jpg

浴槽のタイルがユラユラ・・・・透明でよく温まる湯です
CA3C1575_convert_20110913005547.jpg
ホテルなので、シャンプーなども備わってました。

ホテルの従業員さんが、入浴していたので、話を聞くと「先週の長雨の間は、少し湯が濁ってたんだょ」と教えてくれました。
また、カランもシャワーも温泉だそうです。
浴場には、簡単な温泉分析表もありました。

遠くて行くだけで疲れちゃいましたが、行って良かった「岩尾別温泉」
温泉ますます好きになりました

泉 質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉(低張性中性高温泉)
泉 温:63.3℃
湧出量:200リットル/min(動力揚湯) ・ 46リットル/min(自然湧出)  
ph値 :6.4

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



岩尾別温泉「ホテル地の涯」
住 所:〒099-4356 北海道斜里郡斜里町字岩尾別
電 話: 01552-3-3131
営 業:11:30-15:00
料金:600円
定休日:1月~4月頃まで
公式サイトhttp://iwaobetu.com/



(2011/09/07)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
丸見えなんです(笑)
Mちゃん…素晴らしい度胸に拍手。
岩風呂の淵に湯花がたくさんついていたでしょ。
なめらかな湯で気持ち良かったでしょ。
一度、湯浴みしたけど…ついつい、三段の湯、滝見の湯で、満足しちゃうのよね。
今度行ったら、寄ろうかな。
2011/09/13(火) 18:28 | URL | 札幌温泉人 #-[ コメントの編集]
窓開いたんです。(笑)
札幌温泉人さん、こんばんは

連れとお喋りして、笑っていたら
ななななんと、さっきまで閉まっていた窓が・・・e-451
しか~し、そこはM子なので、変に興奮した(笑)
e-351冗談です。
こんな崩れた身体を見せられる訳ないょ
石投げられるわe-350
2011/09/13(火) 20:55 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
Mちゃん
おはようございます~(^^)

知床の湯めぐり何回も行ってるんですか、ここの三段の湯には
行ってるんですが地の涯には行った事が無くて今年はじめて
行って来ました…(^^)
露天風呂が色々あって素晴らしい温泉施設ですよね…(^ー^)
この施設の中にも三段の湯があってビックリしました…(@。@;)
本当に良い温泉です…(^0^)
2011/09/14(水) 07:14 | URL | ゆぅ&かん #-[ コメントの編集]
ゆぅ&かんさん
こんにちは、
コメントありがとうございます。

ホテルの露天e-224、三段でしたか?e-452
気付きませんでしたe-443
2段目には入浴したんですが・・・
2段目の湯船は、ホテルの客室どころか、ホテルの周りからも丸見えで
驚いてe-451直ぐ、下の湯船に逃げました(笑)

ホテル前の露天e-224は、ちょっと勇気が湧かなくて
諦めちゃいましたi-195
2011/09/14(水) 11:55 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。