日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮内温泉旅館

「ちはせ川温泉旅館」から、一旦国道229号線に戻り、江ノ島海岸を約4km北上して、道道836号線へと入り、泊川沿いに約4kmほど行くと
草場の影に、案内看板を見つけるコトができます(笑)
CA3C0164_convert_20110919011415.jpg

この地に根を下ろして樹齢数百年は経っていそうな、栗の木の下を通り「宮内温泉」へ

CA3C0165_convert_20110919012038.jpg
1854年(安政元年)に発見された歴史ある温泉宿であり
昭和45~50年に象の花子が湯治に訪れた事でも有名なでもあります。

の花子は、
昭和39年、タイ・バンコクで生まれ
その後、京都市動物園へ贈られるが、昭和41年札幌市「円山動物園」へ移り、昭和42年の開園と同時に旭川市「旭山動物園」へ行った。
しかし、昭和43年の越冬中に「くる病」をわずらい後左足が湾曲して立つことが出来なくなった。
花子は展示できないと判断され、安楽死させるべく剥製標本業者の信田氏に売却さるが、信田氏は病気を治せると考え、面倒をみているうちに再び立ち歩けるようになった。
この話をマスコミが取り上げ、花子は全国的なアイドルとなった。
昭和45年の「旭川冬祭り」出演時に骨折症状が出て、またも立てなくなってしまい(どうも旭川と相性が悪いょね)
その年の8月から長万部町の二股ラジウム温泉で湯治することになったが、冬は閉鎖するため、11月に島牧村の宮内温泉へ移り湯治を始め
島牧村では村をあげて歓迎し、宮内温泉の前の大きな窪地に露天風呂を作って入れたそうです。
昭和50年に島牧村宮内温泉を離れた花子は、その後本州を旅して回り、昭和55年にみなさんから集まった募金で、信田氏とともに南米パラグアイに移住し、そこで一生を終えたそうです。

宮内温泉前の窪地に露天って、もしかして玄関前の池とも言えない様な水たまりが、その露天風呂だったのかな?
↑の写真では、右下のコンクリートらしき物があるところになります。

玄関を入ると、意外と広いので少し驚く私
CA3C0167_convert_20110919014357.jpg
すると奥から社長が出て来られ、大人1名450円の入浴料を手渡しました。
回数券もあるんですね。手書きの料金表ってのが味があってイイかも・・・

真ん中に「蚊取り線香」が置いてある長い緩やかな上りの廊下を行くと、男女別の浴場があります。
脱衣所の前には、付きロッカーもあるので、貴重品も預けられるので安心ですね

脱衣所から、浴場が丸見えなんですね
CA3C0170_convert_20110919015625.jpg

浴槽は、源泉が注がれている高温湯と低温湯の2つ
CA3C0186_convert_20110919015835.jpg

カランとシャワーは両サイドに付いてるのですが、カランだけの方と
CA3C0176_convert_20110919020451.jpg

カランにシャワー付きの方と・・・こっちの洗い場には、常連さん曰く「亀の石」が置いてあります(?)
亀に見えます?
CA3C0175_convert_20110919020642.jpg
亀と言えば「鶴」
「鶴の石」かと思いきや・・・源泉の注ぎ口の上に・・・何故か?「鳩の石」が(笑)
これは、どう見ても私的にはオットセイに見えるんだけど・・・

無色透明の湯に、赤い湯の華が・・・と聞いてましたが、どう見ても白い湯花でした。
CA3C0192_convert_20110919021755.jpg
浴槽の底にも沈んでいて、歩くとクッキリ足跡が・・・

常連さんとお喋り(島牧村にお嫁に来た経緯など)に花が咲き、身体も温まったところで
CA3C0194_convert_20110919022345.jpg

低温浴槽の横にあるドアから露天へ・・・CA3C0185_convert_20110919022827.jpg

なんだか、凄いとしか表現しようがない露天です
源泉もザブザブと注がれ、ザバザバと溢れてて・・・
CA3C01780001_convert_20110919023233.jpg
で、どうやって浴槽に入るかって言うと、横に石とコンクリートで出来た手作りっぽい階段があるんです
で、一歩足を入れたのですが、ヌルッとしちゃって
しかも、先客の巨大蛾のクスサン(楠蚕)が湯浴み中でもあり
どうも浴槽内で藻が勢力を強めている様なので・・・よそ者の私が侵入するのも、マイマイ蛾さんにも申し訳なく思い潔く止めときました(笑)


脱衣所の温泉分析表によると
源泉名:宮内温泉
泉 質:ナトリウム-炭酸水素塩泉・塩化物泉(中性低張性高温泉)
湯 温:48.8℃(気温6℃)
湧出量:3000リットル/min
知 覚:無色澄明・微弱塩味・無臭
ph 値:7.2
総 計:1.335g/kg

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



有限会社 宮内温泉(ぐうないおんせん)
設  立 和20年
所在地  〒048-0621 北海道島牧郡島牧村字泊431
電 話  0136-75-6320
入浴時間 10:00~20:00
公式サイトhttp://www.guunaionsen.ftw.jp/



(2011/09/15 )
関連記事
スポンサーサイト
コメント
Mちゃん
おはようございます~(^^)

いや~良い湯めぐりしてるね…(^。ー)
宮内温泉もまた良い温泉だよね…(^^)
チョットシュワ感があり良く温まる湯です…(^0^)
んっ~(^^;)
露天風呂足元の藻に阻まれて断念したんですね…(ーー;)

ここの温泉は、象の花子でも有名な温泉ですよね…(^^)
過去に象の花子について調べて事がありました…(^。^)
2011/09/19(月) 07:36 | URL | ゆぅ&かん #-[ コメントの編集]
島牧制覇だね。
積極的な湯活動…お見事っす(^^)
良い湯三昧だね…お裾分けして欲しいです(笑)
しばらく、島牧行ってないなぁ(^^;;
2011/09/19(月) 14:30 | URL | 札幌温泉人 #-[ コメントの編集]
Re: タイトルなし
ゆぅ&かんさん、こんばんは

島牧村の3つの温泉、全て泉質が違うんですね
露天は・・・マイマイ蛾さんも、先に湯浴みしていたので
お邪魔かな~と思いましてe-351退散しました。
ど~も藻が苦手なんですょ
温泉には、付き物なの分かってるんですが・・・

は~いe-320私も二股ラジウム温泉で「花子さん」のコトを知り
ちょっとだけ、調べてみたのでした(笑)
2011/09/20(火) 00:19 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
島牧制覇(^_^)/
島牧村には、もう1つ海が近くに見える温泉があったんですってね
昨日、検索してて見つけて「エエェェェ~e-350」と思ったら、もう閉鎖されてるとか・・・
でも、この日にもう一風呂浴びてたら、私ブッ倒れてたかもしれないわ(笑)

札幌から島牧なら、2時間半くらい?
旭川からなら、ちょっと遠いわ~e-443
この2日間で800km以上e-125e-282
2011/09/20(火) 00:27 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。