日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニセコ黄金温泉

秘湯の宿「新見本館」で、感動感激をしたあと、予定では「薬師温泉」のはずでしたが
道路脇に「黄金温泉」の案内看板が現れ急遽行き先変更
5月~10月迄しか営業していないと言う「ニセコ黄金温泉」へGo
しかし、温泉が湧いてる様な山間って感じでなく「ホントに温泉出てるの?」「温泉あるの?」と疑いたくなる様な田園風景が続く中に「内風呂・寝湯・五右衛門」の看板を発見
農家さんの敷地の中?ホント?
ソロ~ッと敷地内に車で入って行くと、納屋の裏手にネットで見た事ある湯小屋が
「あった~ココがそうだょ」
CA3C0369_convert_20110922234726.jpg
驚くと同時に何かホッとしたわ

駐車場は広く、荷作り用の紐で駐車スペースが区切られてるので、きちんと駐車しましょう
少し離れたところに、東屋の休憩所もあります。あたぶん休憩所だと・・・。
そして、こちら側がお蕎麦屋さん?
CA3C0405_convert_20110923000810.jpg
1日限定20食、オーナーさんが手打ちする10割蕎麦が700円で食べられるんです。(入浴込みで1000円)
なので、昼過ぎにココに来たかった訳なのでしたが、先ほど朝食を済ませたばかり・・・全然蕎麦を食べられそうにないので、本日は入浴のみ
「こんにちは、入浴ヨロシイですか?」と横の壁にある小窓から声を掛けると「どうぞ~お一人400円です」と可愛らしい声

手作り風の脱衣所には、洗面所にドライヤー、脱衣コーナーの横にはコインロッカーもあります。
休憩用のソファやテーブル、脱衣コーナーにはカーテンも掛かる様になってました
CA3C0401_convert_20110923002012.jpg
たった1枚のカーテンだけなのに、不思議と安心感が増しますょね

最初に連れと露天で混浴へ
女性内風呂から外に出ても、いきなり男性と目が合うってコトないので
CA3C0387_convert_20110923002625.jpg

露天に入りたい。でも恥ずかしいって方は、岩が積まれてる内側で入浴してれば大丈夫だと思いますが、覗かれちゃったら「変態ヤロー」と大声で叫んであげましょう(笑)
確か、男湯側には「男性はここまで」だか「見るな」みたいな注意書きがあったはず・・・
CA3C0373_convert_20110923003247.jpg

幸い私たちだけの貸し切りだったので、男湯側を覗いちゃいましょう
CA3C0378_convert_20110923003636.jpg
五右衛門風呂と寝湯が大きなパラソルの下にありますね

女湯側にもあるんですょ
CA3C0371_convert_20110923003920.jpg CA3C0372_convert_20110923003948.jpg
どの浴槽からも湯が溢れてて、豊富な湧出量なんでしょうね

でも、こんな風に男湯側からは見えない様に岩組みされ目隠しされてます
CA3C0381_convert_20110923004405.jpg
恥ずかしがり屋の女性には優しい作りになってますょね

だったら羊蹄山とニセコアンヌプリが見えるそうですが
CA3C0375_convert_20110923004901.jpg
今日はしか見えませんでした

そして、内風呂は天井も高いので圧迫感もなく、窓も大きいので明るいょ
床は、天然石が敷き詰められてますが、これもオーナーさんの手作りと言うのだからビックリ
CA3C0393.jpg
露天の湯の色と違いますね。何で青く見えるのかな?
時間の経過で湯の色が変わるのでしょうか?
五右衛門風呂や寝湯は透明な湯でしたし、温泉って生き物と聞きますが「ホント」だわ

油膜がプカプカ・・・たぶん油膜
CA3C0394_convert_20110923010913.jpg

ぬるめだけど、しっとりとした湯でよく温まります
CA3C0391_convert_20110923011338.jpg
カランは2つだけどシャワーは1つでした。手作り感が良いですょね

写真を写し忘れちゃったけど、来湯された方々のメッセージなどがボードに貼られていたので
帰りに私も脱衣所にある付箋にメッセージをしてボードに貼ってきました。
そして、蕎麦屋(?)さんの小窓から「ありがとうございました」とお礼を言うと
寝転んで観てたおじさんが慌てて「おッおおお~入って行かんか?」と飛び起き
「冷たい水があるから飲んで行かないかい?」「上がって行きなさ~い」って
んで遠慮せずに、冷た~い水を2杯も飲んでしまいました。
おばさんが若かった頃、スキーの全道大会に出場したとか・・・お孫さんの話や、温泉を掘削して一般開放した経緯や
色々な会社の人が「勝手に来て、勝手に取材して、知らないうちに帰ってる」って話も
おばさんは「最近、キララって言うに連れて行って貰った。」とか・・・たぶんキロロかな?(笑)
おじさんもおばさんも年齢より若く見え元気なのは、悩まない。何とかなる。って言う明るい考え方と
ここの温泉の効果かと思ってしまいましたおばさんの化粧乗りが良いのょ~スゴイわ

そんな「ニセコ黄金温泉」の湯は温泉分析表によると
源泉名:黄金温泉(こがねおんせん)
泉 質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉(低張性中性温泉)
湯 温:36.7℃(気温21.5℃)
湧出量:80リットル/min
ph 値:6.8
知 覚:無色澄明 無味無臭
残留物:2.615
総 計:3.389

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



ニセコ黄金温泉
北海道磯谷郡蘭越町黄金270-3
電 話 0136-58-2654
入浴時間 10:00~21:00
定休日 冬季(11月1日~4月30日)は休業、営業期間は無休



(2011/09/16)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
行きたいなぁ~
黄金温泉...もう少しで、営業の終わる時期だね。
写真いっぱい...見ていたら、行きたくなりました。
秋の紅葉時期に、鏡沼か神仙沼へ行こうかと思っているので、そん時寄ろうかな??
五右衛門風呂のシュワシュワ...お尻気持ち良いって癖にならなかった??(笑)
2011/09/27(火) 09:50 | URL | 札幌温泉人 #-[ コメントの編集]
私も、また行きたいなぁ~
札幌から直ぐに行ける距離で、超羨ましいんですけど・・・。
良いなぁ~温泉人さん
いつか一緒に湯浴みできたら良いですね
それまで、お胸より出っ張ってるお腹を何とかしたいですが
ゴロゴロして食べてばかり居るからe-351

温泉人さんの「北海道は凄いぞ、良い温泉ばかりある。感動!感激!感謝!」って
ホントにその通り
今回の島牧・ニセコの湯巡りは、ある意味勉強になりましたe-319
2011/09/27(火) 11:05 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。