日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大船下の湯

某ブログでココのを知って、この青い湯に入りたくて、入りたくて・・・
春に函館方面湯巡りに回った時は、違うルートをとったので、もう諦めてたんですが
息子のお陰で、また函館に行くことが出来て、息子様々
私が持っているルートマップ意外と重宝してます
道内の秘湯が多く記載されてて、詳細はGoogleの画像を検索すれば

林道の入り口を確認しながら、進むと「ありました」 あこがれの「下の湯」
CA3C0687_convert_20111002033815.jpg
から下りると硫黄の良い香りがしてて、嬉しくてダッシュしたい気持ちを少し抑えて・・・冷静ぶる私

橋を渡る途中、遠くの山を見ると湯気がモウモウと上がってるのが見え、驚いてると
CA3C0688_convert_20111002033839.jpg
下を流れる川からも湯気が・・・

川底を覗き込んでいると、気さくなご主人が「いらっしゃい」と声を掛けてくれ
挨拶して「あの山の湯気は温泉ですか?山の湯にも入れるの?」と尋ねると
「あれは熱くて無理だわ~うちのあそこから湯を引っ張ってるんだよ」と、こちらを見せてくれました。
CA3C0689_convert_20111002033902.jpg
どういう仕組みなのか私には判りませんが、あの綺麗な青い湯は、ココから注がれてるんですね
簡単な仕組みの様ですが、冬は雪が積もらないのかな?

ご主人に入浴料(大人1名200円)を手渡すと、ご主人は右側の家(?)受付棟(?)に入ってしまいました(笑)
CA3C0690_convert_20111002033931.jpg
玄関先では、ねこちゃんたちが遊んでます。なんとも長閑な・・・
タオルやマット類が、至る処に干してあり・・・長閑さ満開

で、受付棟の真向かいが湯小屋で、手前が女湯
CA3C0692_convert_20111002034020.jpg
女湯が手前ってのも・・・長閑(笑)

女性用の脱衣所には、洗面所とソファとカウチがあり、カウチで湯上がりにゴロ寝ですね
CA3C0694_convert_20111002034052.jpg
やっぱ、外を歩く人からは、中が丸見えみたいですけど(笑)

脱衣所には「浴槽内で洗髪しないで下さい」のお願いが貼られてました
浴場でなく、浴槽内ですょ湯船の中って・・・

さ、私だけの独り占めの ※写り悪~ッデジカメ買うかな
CA3C0696_convert_20111002034135.jpg
きゃ~素晴らすぃ~青い~と喜んでいると、隣の連れも「凄いねぇ~」って・・「うんうんうん。凄い凄い」
男湯の方は常連さんが居るようで、連れと常連さんの話が弾んでる様です

浴槽いっぱいの湯が溢れてます
CA3C0712_convert_20111002034528.jpg

ん?どんな仕組みなのか分からないけど、源泉が噴水の様に噴き出してました。
CA3C0699_convert_20111002034240.jpg
ちなみに「飲まないように」ってことです。

なんだか「感動」「感激」としか言えないです
CA3C0697_convert_20111002034215.jpg

浴槽に20cmほど身体を沈めると、見えなくなるくらい青白く濁った湯もう幸せ
CA3C07070001_convert_20111002034706.jpg
今日の湯巡りは、これで十分って感じです

確かカランは1つあったはず・・・湯浴みに夢中で、周り見てませんでした(笑)
CA3C0709_convert_20111002034454.jpg

帰りに、受付棟のご主人に挨拶して、橋を渡っていくと
次々と常連さんが訪れ、駐車場もいっぱいになってました。
CA3C07160001_convert_20111002035018.jpg

60歳の常連さん、幼稚園の遠足でよくココのに来ていたそうです。
その昔は湯小屋の隣、奥の建物は宿泊施設だったそうで・・・
それから、ず~っと通い続けているそうなので、50年以上も「下の湯」ってあるんですね更に驚き

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



大船下乃湯
住所 函館市大船温泉821 
電話 不明
入浴時間 8:00~21:00
定休日 不明
料金 200円



(2011/09/28)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
Mちゃん、おはようです^^

迷わず行けましたか?
私達は、一回通り過ぎて戻って此処へ着きましたw
いつ見ても素敵な色のお湯ですね~。

お湯も素敵ですが、周りの景色にマッチした
レトロ感満載のこの建物が良い味出してますね。

良い湯巡りしてますね。
かなり羨ましいです(^◇^)v
2011/10/02(日) 08:14 | URL | ちな #SFo5/nok[ コメントの編集]
綺麗だぁ~
青み掛かった硫黄泉…凄く綺麗だぁ~
気持ち良さそう。
あのロケーションをみた時、昭和にタイムスリップだよね。
ガキの頃、爺ちゃん、婆ちゃんに会いに行った時を思い出す。
温泉は、文化だね…行きたいなぁ。
2011/10/02(日) 18:43 | URL | 札幌温泉人 #-[ コメントの編集]
ちなさん、こんばんは
コメントありがとうございます。

なんとか迷わず行けましたe-319
ホントに素晴らしい色の湯ですょね
ここの温泉を知った時から、行きたくてたまらなかったんだけど
あきらめてたんですょ
ホント今回はv-22ラッキ~でした。

常連さんが小さかった頃からあるのですから
ホントに古い温泉ですょね
あの長閑なローカルさが、不思議とワクワクさせてくれました。
いつか、みんなで行けたら良いですねe-348
2011/10/03(月) 22:56 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
感動と感激
温泉人さん、コメントありがとうございます。

ここの湯に、ず~っと浸かってたかったほど
感動と感激で、吐息が何度も・・・
息子が函館勤務になり、最初実は泣いてたんですが
今になって、とても喜んでる薄情な母親です(笑)

みんなでツアーしましょうe-284
でも仕事が始まりそうな予感orzi-195
2011/10/03(月) 23:10 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
うわぁ~!いいなぁ
何年か前、その近くにある「泣き面山」っていうなんだか悲しい名前の山に登りましたよ。
その時入ろうかどうか迷ったんだけどあの佇まいにちょっと腰が退けて・・・
こんなに良い湯浴みの温泉だったんですねー!色は、景福っぽいけど香りはどんな感じかな?
最近涼しくなったので、やっと心ゆくまで湯浴み(魅力的な言葉ですね)できます!
(夏は、車内にルパンを残せないので)
来週、道南の山に行く予定なので時間があれば今度こそ
このパステルブルーのお湯に浸かりたいです!
2011/10/04(火) 22:17 | URL | カナリーヌ #-[ コメントの編集]
カナリーヌさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

「泣き面山」面白い名前ですね
山に名前を付けるのに、困って泣いたのかな?(笑)

ここの湯は、景福より青いょ
ホントにコバルトブルーって感じで綺麗です
臭いは硫黄です。
是非、湯浴みしに行ってみて下さいねe-257
絶対にカナリーヌさんも、気に要ると思いますょ
近ければ、頻繁に足を運びたくなる程だょe-319
2011/10/05(水) 07:08 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。