日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虎杖浜温泉「民宿500マイル」1日目

函館から一気に、白老町虎杖浜までぶっ飛ばしてきました

虎杖浜温泉郷は、川湯温泉・摩周温泉・ぬかびら温泉に続き、9月6日「源泉100%かけ流し宣言」をした道内4番目の温泉郷です。
それで、ココの温泉郷に宿泊を・・・と決めたんですけど、ど~も距離感が無かったと言うのか、逆算の算数が出来なかったのか、結構辛かったぁ~
で、予定より30分遅れで「民宿500マイル」に到着

私たちのお部屋は、2階の「潮」の間
なんと12畳もある大きなお部屋
CA3C0740_convert_20111003022146.jpg
うさぎ小屋に慣れている生粋の日本人である私たちは、ほぼ半分しか使わないのょね

部屋に入って驚いたのは、部屋の大きさもだけど、
テーブルの上に毛ガニド~~ン!!
CA3C0739_convert_20111003022119.jpg
夕食までに通常は、いただくようです

部屋に落ち着く間もなく、食事が運ばれてきます。
ココのお宿の良いところは、部屋食ってのが良いお食事も良いって噂
CA3C0744_convert_20111003022251.jpg
新鮮な魚介類ばかり凄く美味しそう食べきれるかなぁ~

CA3C0746_convert_20111003022341.jpg
北寄貝・サーモン・甘エビ・ハマチ・ソイのお造りに、いくらの醤油漬け、黒ガレイ煮
黒ガレイは卵がびっちり詰まってて、煮魚苦手な私でも美味しく食べられました
旬のいくらは、漬け立てなのでプリプリ

CA3C0748_convert_20111003022508.jpg
イカしゃぶとタコ燻製、青つぶ煮
イカしゃぶは、コリコリと歯応えが良く、もっと食べたかったで~す
の燻製は、サラダと一緒に・・・燻煙の風味が

CA3C0749_convert_20111003022537.jpg
そして、毛ガニと海鮮玉子とうふ、つぶ貝の酢味噌、そして白飯と海草の味噌汁
蟹味噌が最高に美味しくて、ほぐした身を蟹味噌と混ぜ合わせて、ペロリと連れの分まで完食

更に、お部屋は海に面していての音が心地よいの
太平洋の沖に浮かぶ烏賊釣り漁船の漁り火が、真っ暗な夜空をぼんやりと照らし、岩内で見た夜景とは違い幻想的
見上げると、私の頭上には冬の星座オリオンが・・・もう手が届きそう~
・・・と私は喜んでいるのに、連れはシカトしてニュース見てるし(コレ読んだら、少し反省して下さい)

そして、ココの宿の貸し切り
CA3C0761+(1)_convert_20111003022803.jpg
内風呂が2つ、露天風呂が1つ、どちらもが掛けられ、貸し切りにして入浴できます。

海の脇にある露天
CA3C0751_convert_20111003022619.jpg

真っ暗で海は見えないけど、と潮風を感じながら湯浴み
CA3C0754_convert_20111003022647.jpg
八墓村のアノ名シーンみたいですね足を出しすぎました
湯は、言うまでもありません
癖のないツルツルの湯で、泡付きも最高です
たっぷりと夜の露天を満喫した後は、浴衣を纏い内風呂に移動です。

家族風呂なので小さな脱衣所ですが、洗面所にはドライヤーもあり、座椅子もあります。
CA3C0764_convert_20111003022941.jpg
薄緑の湯が満々に注がれてる浴槽の脇にあるカーテンを開けると、海が見えるはず・・・夜は見えないょ(笑)

浴槽の中にホースがあったので・・・源泉が注がれてました。
CA3C0767_convert_20111003023009.jpg
蛇口は開けっ放しの源泉かけ流し

カランとシャワーは1つだけ
CA3C0768_convert_20111003023044.jpg
連れは、さっさと自分だけ終わらせ、上がって行ってしまったので、私はゆっくり
たぶんお布団敷いてるでしょう※お布団はの上げ下ろしはセルフです。

連れが、またニュース見ているので
私は、ポカポカのうちに、波の音を聞きながら寝る事にしました

・・・ところが、1時間ほどで目が覚め
「明日の朝じゃ、いっぱい漁師さんが居るだろうから無理だょ。今の内にフンベの湯に行こう」と、嫌がる連れを誘って
驚く女将さんが「危ないから気を付けるんだょ。崖に近寄らない様に・・・」と玄関のを開けといてくれると言うので
予め簡単な住所とフンベ山をネットで調べてあったので、某ブログで見ていた「立ち入り禁止」の立て看板を見つけるのも容易でした
から下りると、温泉独特の臭いと金気が混じった様な臭いが漂っていたので、ココで間違いないと確信
立て看板の向こうを懐中電灯で照らすと、1本道も・・・
で、懐中電灯で照らしながら
でも、真っ暗で怖くて・・・手湯と足湯で終了しました(笑)
次回につづくhttp://kurumi2002217.blog77.fc2.com/blog-entry-377.html

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



『民宿マイル500』 
【住所】北海道白老郡白老町字虎杖浜2-4
【電話番号】0144-87-2682(ご予約・お問い合わせはAM8:00~PM9:00)
【宿泊料金】8,900円(平日・朝夕食あり)
公式サイトhttp://ameblo.jp/500mile-net/



(2011/09/28)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
お湯が、、
良いことで有名だけど、料理もすごいね!
しかも毛蟹はむいてあるみたいだし。

これは「ちな]むきですね(笑)

いってみたいかも、、。
2011/10/04(火) 17:08 | URL | ユキヒロ #SFo5/nok[ コメントの編集]
おはようございます。
ヒロユキさん・ちなさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

虎杖浜温泉、初めてでした。
どこの湯も良いですねぇ~驚きました。
そして、少しずつ施設によって泉質が違っていて
かけ流し宣言した15のe-224全部に入ってみたくなりました。
北京飯店みたく、隠れたe-224もあるんでしょうね
なんだか、とても面白い町でファンになってしまいました(笑)

500マイルさん、良かったですょ
最近、宿泊した宿で「ハズレ」は無かったわv-218
「ちな」剥きですね
e-461私も、その呼び方使わせて貰いますe-348
2011/10/05(水) 07:00 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
飯が
噂には聞いてました

お湯も良いけど料理は最高なんてね

”いずみ”よりおやじ好みじゃな~うんまそ~
2011/10/05(水) 08:46 | URL | 八海のおやじ #-[ コメントの編集]
飯が美味しかったです(^ο^)ノ
こんばんは、八海のおやじさん
コメントありがとうございます。

旅館いずみが、予約いっぱいだったんですょ
それで、こちらにしたんですょ
部屋食なので落ち着けましたし、食べきれないほどでしたv-437
しかも、お手頃価格が嬉しいですe-461

朝日の中の露天風呂、最高でしたょi-184
2011/10/05(水) 20:30 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。