FC2ブログ
日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

フンベ海浜温泉「フンベの湯」


※こちらの温泉は侵食のため既に消失してます。



温泉好きな方なら、1度は耳にした事がある「フンベ海浜温泉」
ネットでも多くの記事を目にする事が出来ます。
中には、詳細に道案内されてる記事もあり、Googleなどでも紹介されているので、迷うことなく辿り着けました

調べてみると「フンベ」とは、アイヌ語で「鯨」と言う意味で、このフンベ山の中腹に、
地元の有志さん達により運営されている無料の浴場があり
「ありがたく利用させて頂く」という「感謝」の気持ちで利用したい温泉です。
朝方は、地元の漁師さんたちで賑わって居ると聞いてたので「地元の方が3名以上入浴していたら遠慮して、景色だけ見て戻ろう」と言う事で向かいました。

CA3C0844_convert_20111005001116.jpg
立入禁止区域にある施設です。利用はあくまでも自己責任となります。
は、こちらの前に駐車可能ですが、それは地元の方に・・・
私たちは、徒歩5~6分離れた所に釣客で賑わって居る駐車場があったので、そちらへ

昨夜、探索に来た時と違い
CA3C0864_convert_20111005002303.jpg
緑が生い茂る細い道を歩いて行くとパッと広がる景色。青い空が広がり、爽やかな風が吹いてます

目前に広がる大海原 宿の女将さんが「景色だけでも・・・」と言っていたのが納得ですね
CA3C0861_convert_20111005001820.jpg
青いナミトタンの湯小屋
これが・・・・大勢のブロガーさんの記事で目にしていたモノと同じです
以前は、赤いトタンが使われていた様ですが、浸食のために移設した時に塗り替えられたのでしょうか?

昨夜、手湯と足湯をしていたので、私的にはこの景色が見られただけでも十分に満足でしたが
CA3C0857_convert_20111005001735.jpg
ただ本当に危ないですここに来るまでの道、湯小屋の周りバラ線が張り巡らされてます。
CA3C0854_convert_20111005061857.jpg

眼下は断崖絶壁で、かなり波も荒々しく近寄るのも私は恐怖でした。
以前は、での乗り入れが可能だったそうですが、ごと落ちた方が居たとか居ないとか・・・
そして、この看板には浸食でポッカリ穴が・・・いつ崩れてもおかしくない状態なんですね
CA3C0844 (18)
市からの許可が下りないのが納得できますが、
それでも、有志の方々や根強いファンが大勢居るのは、その危険度を顧みないほどの良い湯なんでしょう

湯小屋を覗くと・・・「ラッキ~~」と小声で叫んじゃいました
いつもの私なら、撮影に忙しいのに・・・今朝の私は一目散に服を脱ぎ・・・浴場へ
マナーなのは当たり前ですが、昨夜こちらの注意書きも見ていたので、もちろんタオル巻きせずに真っぱ

CA3C0847_convert_20111005020414.jpg
笹濁りの湯面が静かで綺麗です

掛け湯や洗身には、浴槽の脇にあるコチラの湯を使います。
CA3C0849_convert_20111005001438.jpg

柔らかい湯に身体を沈めると、アッという間に全身が細かい泡に包み込まれました
CA3C0850_convert_20111005001503.jpg
全身をツルツルと撫でても撫でても、泡に包まれるんです(私、足指長過ぎじゃないか怖いな笑)
窓から見える青い空と海。開放感と・・・のサウンドを聞きながら・・・最高の湯で最高の湯浴み
CA3C0853_convert_20111005001618.jpg
連れと「いい湯だね」「気持ちイイね」と何十回言ったでしょうか?
他に言葉が見つからない程でした。
次への移動もあっので、心置きなく・・・ってほどの湯浴みはできませんでしたが、素晴らしい湯に満足し
脱衣所で服を着ていると、地元の男性が1人。
遠慮されてる様で、私が服を着るの待っておられてたので、急いで服を着ました。

挨拶をすると
「もう、いいのかい?」
「もう十分過ぎるくらい入浴しました。ありがとうございます」
「これから、掃除するんだょ」と・・・
なんと、嬉しいことに管理されているSさんにお会いする事ができました
毎朝、9時に掃除とカンパ協力金の精算に来られるそうです。
怖い人なのかな~と勝手に想像してましたが、とても明るい方で、一緒にカンパ金を数えたり、最近老眼が進んだと隠してある老眼鏡を見せてくれたりと・・・
「フンベの湯」の色々なお話を聞かせていただきました。
脱衣所の100均の時計が盗まれてしまった事、時計には「フンベ」と書いてあったそうです。
「数日、閉鎖してたから、その時に来た人が記念に持ち帰ったんだなぁ~そう思いたいわ」と笑っておられましたが・・・そんな話を聞くと悲しくなりますね
カンパ協力金の貯金箱も「どんどん頑丈になるんだ」と・・・
脱衣所と浴場に油絵があり、これは有志の方が書かれもの・・・その絵も無くなるそうです
そして、針金で留めてあったドアも、ネジごと針金が抜き取られてました
「越川温泉」もそうですが、どうして心ない事をする人が多いのでしょうね

景色だけでも見られたら・・・と出向いたフンベ海浜温泉「フンベの湯」
CA3C0862_convert_20111005002044.jpg
「1度、この湯に入るとまた行きたくなる。」と聞きましたが、本当にその通り

絶えず笑顔のSさん、「ありがとうございました。」


フンベ海浜温泉「フンベの湯」
Sさんとのお約束なので所在地(住所等)は控えさせて頂きます
24時間・無休・無料・混浴
泉質は食塩石膏泉だそうです。

ちなみに連れと行く100湯目記念が、ここ「フンベの湯」でした

(2011/09/29)
関連記事
スポンサーサイト



コメント
Mちゃん
おはようございます~(^^)

フンベ温泉に来てたんですもんね…(^^)
Twitterで知ってしまいました…(^。ー)
いや~相変わらず良い温泉ですね…(^0^)
実家が登別なので近い内に行ってこようかな~(^ー^)
Sさんと会えて良かったですね(^^)
心ない事をされる方がいるんですね…(ーー)
大切な温泉なんですから大事にしてもらいたい
ものです…(ーー;)
2011/10/05(水) 07:37 | URL | ゆぅ&かん #-[ コメントの編集]
ゆぅ&かんさん、こんばんは
コメントありがとうございます。

登別がご実家なら、ちょっと行ったついでに・・・なんて可能ですねe-348
身近に、あのe-224があるなんて羨ましいです。
でも、いつでも行けちゃうなんて思って
なかなか行けなかったりするんですょねe-351

あの浸食も心配ですょね
あんなにポッカリ穴が開いてるなんて知りませんでした
2011/10/05(水) 20:22 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
良い湯おめでとう。
マイル500に宿泊した夜に行っただけかと思ったら...
さすがだね!!翌朝に訪問していたんだね。。。
いま、1番活動している温泉ブロガーMちゃんだね(笑)

笹濁りの湯...地元の方々に愛される湯...
堪能できて良かったね!!
2011/10/07(金) 09:18 | URL | 札幌温泉人 #-[ コメントの編集]
札幌温泉さん
コメントありがとうございます。

女将さんに「景色が綺麗」と聞いて無かったら
翌朝には、行ってなかったと思います。
綺麗な景色に、良い湯と100湯目記念は、
素晴らしいモノになりましたe-461
2011/10/09(日) 01:42 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: