日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十勝を観光

「帯広へ豚丼を食べに行こう」と突然があり
旭川から片道約200kmの帯広へドライブとなりました。

昼前に帯広市に到着
帯広名物の豚丼を食べてから、観光へ・・・。
しかし、突然でしたので、何も調べてない上、ナビの使い方もイマイチ理解してなかったので

道に迷いに迷いもう二度と行けそうにない道をグルグル・・・
ここに、やっとの思いで到着
896087_2019010246.jpg 当時の携帯カメラがダサイので写り悪いです。
1987年に廃線となった広尾線の廃駅「幸福駅」

縁起が良い駅名から、廃駅後も観光地となっており、私は初めての訪問でした。
896087_476015611.jpg
結婚式も挙げられたと言うニュースを見たことがあります。
観光に訪れた方のメモ書きや、名刺が駅壁一面に貼られており・・・驚き
名刺は仕事中に寄ったのかな?(笑)

896087_2119207235.jpg
駅ホームには「キハ22」が保存されていましたが、列車(鉄道)の事は、全く判らなかったので、
中を覗いただけでした

「幸福駅」と言えば、「愛国駅」なのですが・・・やっぱり行けません




それから、池田町に移動です。
896087_2270652893.jpg

896087_3977799091.jpg
「池田町ワイン城 」を訪れるのも初めてでしたので思わず、記念撮影を・・・

中世の古城に似ていることから「ワイン城」で親しまれてますが
正式名は「池田町ブドウ・ブドウ酒研究所」だそうです。

ワイン城の周りには、広大なブドウ畑が広がってましす。
美味しそうなブドウが、たくさん実ってましたが、私たちが日ごろ食べているモノとは違うのでしょうね
896087_991395601.jpg

ワイン城の中は、売店やレストラン、試飲コーナーもあります。
アルコールが飲めない私たちは、地下室へ見学へ・・・
地下では熟成室やスパークリングワインの製造工程が見学でき
熟成室は、薄暗く肌寒く・・・何か気味悪かったです
こちらが樽熟成 そして、瓶熟成


見学を終えてからは
連れが、観覧車が苦手なのも知らず
ワイン城に併設されている、地上53mの観覧車に乗って
896087_1134627169.jpg  896087_2158443621.jpg


十勝平野を一望
896087_2645121178.jpg
そして、新得町で何故かトンカツを食べて、帰路に付きました


池田ワイン城 - 十勝ワイン
住所 〒083-0002 北海道中川郡池田町字清見83-3
 015-572-2467
公式サイトhttp://www.tokachi-wine.com/


大きな地図で見る

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



(2007/08/29)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。