日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壮瞥温泉「湖畔の宿 洞爺かわなみ」

壮瞥温泉「湖畔亭」に続き「泊まって無料のお湯巡り券」を、洞爺湖西湖畔の「湖畔の宿 洞爺かわなみ」に利用させていただきました
PAP_0070.jpg
宿からは、洞爺湖、中島、そして羊蹄山を望むことができます。

今まで巡ってきた鄙びた温泉宿とは違いリゾートホテルかペンション風の作り
PAP_0066.jpg PAP_0067.jpg
広いロビーには、アロマ酸素バーがあったり

洞爺湖町在住の写真家、田中正文氏の常設フォトギャラリーも・・・
PAP_0065.jpg
他には、ビリヤード台があったり、コンサートホールがあったり、なんとオシャレ

長~~い廊下を真っ直ぐ進んで右に左に・・・けっこう遠い
PAP_0061.jpg PAP_0060.jpg
廊下の突き当たりが男湯で、その前にマッサージチェアや、大きな休憩所が2ヶ所ありますが

PAP_0059.jpg PAP_0027.jpg
女湯はココから岩盤浴の前を抜け、右に左に・・・

赤い暖簾を潜ると、貴重品ロッカーと下足入れがあり・・・やっとに到着
PAP_0054.jpg PAP_0053.jpg
脱衣所も広くて、アロマディフゥーザーで良い香り

札幌国際大学で観光学部教授(専門:温泉文化論)をされている松田忠徳先生が「日本百名湯」の一軒に選んだのココのが温泉だそうです。
温泉分析書分析別書があったので、読んでみましたが・・・・
私にはいまいち他の温泉との違いが分からない

源泉名 川南井
泉 質 ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩酸
    (中性低張性低温泉)(旧泉質名:含重曹・石膏-食塩泉)
泉 温 32.8℃(気温15℃)
湧出量  ℓ/分(動力揚湯)
知覚的 無色澄明、弱塩味、無臭
pH値 6.7
ラドン 0.014マッヘ単位/kg
密 度 0.9998
残留物 1.721g/kg
総 計 2.168g/kg

湯遣いは■24時間掛け流し■100%天然源泉■循環ろ過なし■塩素殺菌なし■加温あり、加水なし

読んでもわからない私は、まずはゆっくり湯浴みですょね
楽しみですねどんな湯なんでしょう?

浴室に入ると直ぐにランプの灯りが目を引く洗い場があり

ココの洗い場を中心に左右へ行ける様で・・・取りあえず掛け湯をして右に行ってみます。

進んでみると通路に洗い場が3つあるって感じ
PAP_0037.jpg
その奥のドアは露天

ドアを開けると、薄暗い5mほどの通路

その先に5~6人くらい入浴できそうな石造りの露天がありました。

やや微温めですが、無色透明・無味無臭の、あっさりとした柔らかい質感の湯です
露天からは、囲いがあるので洞爺湖も中島も羊蹄山も眺めることが出来ず
大型トラックが行き交う轟音だけが耳に残り・・・ちょいとガッカリ
男湯の露天風呂の方が開放感はあったそうです。

さて、長い通路を戻ってきて、先ほどの洗い場から反対の左へ行ってみます。
2~3m行くと左側に入り口があるので、そこから中に・・・
PAP_0035.jpg
33℃設定の微温湯があり、湯船の深さも深くないので寝湯なんか出来そうですが・・・
この季節には、ちょっと寒いかも
それにしても、浴室内は薄暗くて、ところどころにあるランプがとってもオシャレだわ
間接照明って良いですねぇ~何だか癒されちゃうね

そして、その隣室とでも言うのかな?そこにメインの浴場がありました。

L型の湯船が2つ、42~44℃に加温された湯が、ドンドンとオーバーフローされているのですが、なんとリサイクルされているのでした

「次世代に対する責任として「環境」に負担をかけない、環境を劣化させない取り組みとして、2008年度より掛け流しのために捨てている膨大な量の温泉排熱を回収再利用(ヒートポンプ)しております」とのことです。
湯の鮮度の事を言ってしまうと・・・・ですが、環境の事を思うと良いのかもしれませんね
ただ・・・かけ流し温泉の全てが、リサイクルシステムになっちゃうと・・・

PAP_0031.jpg PAP_0048.jpg
メインの湯船には、上の国町のブラックシリカ(黒鉛珪石)が置かれ、遠赤外線とマイナスイオンを大量に放出しているそうです。
また湯をなめらかにするそうですょ

湯上がりは、休憩所前に「ブラックシリカ活性水」が飲める様になってて
PAP_0029.jpg
とてもまろやかで美味しい水でした
そして、私の目を引いたのは「アロマボディマッサージ」「レインドロップ」「足反射マッサージ」
どれも大好き最近、全然やってなかったので、時間があれば施術して貰いたかったわ
それにしても、洗い場も点在している上、メイン浴場から露天まで長~い面白い形の浴場でした

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



壮瞥温泉「湖畔の宿 洞爺かわなみ」
住所 〒052-0107 北海道有珠郡壮瞥町洞爺湖温泉53番地
電話 0142-75-2715(受付時間8:00~21:00)
日帰り入浴毎日営業(大人600円、子供250円)午前11時~午後9時
湖畔の宿洞爺かわなみ公式サイトhttp://www.kawanami.jp/



(2011/11/02)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。