日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白金温泉「森の旅亭 びえい」

白一色の世界を美瑛町白金温泉郷に向かいます
銀瑛荘の手前に、2010年にオープンしたオシャレな温泉宿があり、今回はそこに湯浴みに行きました

純和風平屋造り(一部2階建て)の宿ですが、大雪に埋もれちゃってましたね

宿泊客専用と日帰り入浴専用の玄関に別れており、向かって正面側が日帰り入浴専用となってます。

玄関は、一般住宅っぽいかも
CA3C02050001t.jpg CA390009t.jpg
左側に小さな受付があり、エステサロンスタイル風の綺麗なお姉さんが、お出迎えしてくれて、ちょっとビックリ
私たちは美瑛町民でないので、一般大人800円の入浴料をお姉さんに手渡します。

宿内は、横長の造りで照明の配置が何ともオシャレ
CA390006y.jpg CA390007y.jpg
浴場の奥には、食事処「森の坊」もあります。

浴場の反対側の廊下を進むと売店があり、その奥は宿泊棟に続いているようでした。
CA390073y.jpg CA390008y.jpg
休憩室もオシャレで ゴロ寝なんて絶対に無理
他には、アロマオイルマッサージ・フット・フェイシャルサロンもあったので、受付のお姉さんが兼務しているのかも・・・

連れと時間を決めて、さ~私は赤い暖簾をくぐり中へ・・・前室があり奥が脱衣所です

無垢材が落ち着いた雰囲気で素敵
アメニティも充実してて、無料ロッカーもではなく、暗証番号ロック式のロッカーでした。
長湯しすぎで逆上せちゃって、暗証番号を忘れたって事ないようにしなきゃね
また脱衣所には、温泉分析書別表浴槽の温泉に関する情報なる物も表示されており、これを見るとA浴槽に直行しちゃうょね

浴場に入ると手前に、4人ほどが入ると窮屈になりそうなサウナがあり、水風呂などの浴槽が3つ
浴槽の湯の色が全然違うねぇ~結構加水されているのかな?

もちろん、私はA浴槽の濁り湯へ

CA390043yo.jpg
この濁った湯がたまらないんだなぁ しあわせぇ

食塩化土類-芒硝泉の笹濁りの湯が、よく温まる
CA390048yo.jpg yo.jpg
湧出口からの湯量はさほど多くないけど、オーバーフローされて

築2年くらいなのに、床は堆積物でコテコテになっちゃってるょ
CA390044r.jpg CA390020r.jpg
各洗い場ごとにボディーソープにシャンプーも備わってました。

身体もになったので、次は雪見露天でのんびりですょね

マイナスの気温で凄い湯煙ですねぇ~

あれれれ・・・・貸し切りかと思ったら、先客が居ました
CA390027rot.jpg

ちょっと釣り目だけど、小さな可愛いさんと一緒に湯浴み
CA390028000rot2.jpg
ひんやり空気の中、湯煙にも覆われて

おぉぉ~湯煙の中に、五右衛門風呂発見

もちろん、ザブ~ッと勢いよく湯が溢れ・・・ぬるい

もう時間なので、脱衣所に戻ると・・・こんなの発見
CA390067k.jpg CA390070k.jpg
伸縮する孫の手「背中かいて」

これが気持ち良いのょ 痒いところに手が届くって、こ~いうこと
CA390068k.jpg CA390069k.jpg
いつも「背中掻いて~」と言う連れに買ってあげようと思ったら、なんと1,260円
給料が出てからにしましょう

そして、折角なので「森の坊」でランチすることに
CA390077lu.jpg CA390078lu.jpg

私が「特製天丼(1,000円)」に、連れが「自家製ビーフカレー(900円)
CA3C020100010001lu.jpg CA3C02020001lu.jpg
他にも、蕎麦
・うどんもありました。

美瑛産のお野菜がいっぱいの美味しい食事に、イイ湯に癒され帰路につきました。

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



白金温泉 「森の旅亭 びえい」
住所 北海道上川郡美瑛町白金10522-1
 0166-68-1500
日帰り入浴 11:00~14:00まで 大人800円 子供400円
定休日 毎週月曜日
公式サイトhttp://biei-hotel.com/



(2012/01/11)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
綺麗だね!
え?私の事?なんて言わないでね。
施設の事ですから(笑)

施設もおおき過ぎず感じよくみえます。

ちょっとお忍びできだね!
2012/01/26(木) 20:44 | URL | ユキヒロ #SFo5/nok[ コメントの編集]
五右衛門風呂も結構いい色に変色してきましたね

思うに白金温泉は冬と夏ではかなり湯温の調節難しそうです
露天風呂は夏季はチョット熱過ぎで五右衛門風呂が適温かな

「銀瑛荘」もそうですが逆に冬の露天は温過ぎだし
マァ自然の恵みには文句も言えませんね湯浴み人が適応するしかないか。
2012/01/26(木) 23:04 | URL | 八海のおやじ #-[ コメントの編集]
ユキヒロさん、こんばんは
ユキヒロさん、コメントありがとうございます

おぉ~私の事だと思ったら、先に突っ込まれたわ

ここは、銀瑛荘の露天風呂の真ん前で、湯もほとんど同じ感じです
ゴロゴロできる休憩室があったら、綺麗だから良いんだけど・・・
来月、お忍びでお邪魔してみてはどうでしょう?
ん?誰と?
2012/01/27(金) 22:35 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
コメントありがとうございます
おやじさん、こんばんは

あのマイナス10℃以下の気温だとぬるくなって当然ですょね
特に五右衛門風呂は小さいし仕方ないと…
で、すぐに内湯に移動しちゃいました
貸切状態だったから、誰にもウザがられないので、アチコチ移動しまくりの私でした
2012/01/27(金) 22:48 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。