日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊牛温泉「ペンション熊牛」

オーロラファームビレッジで、ツルツルの湯を堪能したあと、鶴居村に戻らず、国道391号を弟子屈方面に向かって
すると案内板があるので、そこを左折すると周辺は温泉付き分譲地のようで、数件の家が並んでいるのが見えます。
角にミニギャラリー「写心館」があり、そこを右折すると
路上にタンチョウヅルですょ~
CA3C004800.jpg CA3C005000.jpg
を向けているうちに、写心館のお庭に歩いて行ったけど、オーロラ温泉で見たより間近に見られちゃいました
それに全然逃げる様子もなく、の方も私たちの様子を伺ってるみたい
これ以上、お散歩の邪魔をするのも可哀想なので、私たちは隣の「ペンション熊牛」の方へ

教員だったご主人が平成8年にペンションをオープンしたそうです。

中に入るとフロントがあり、カウンターには料金箱があるので、入浴前に入れましょう
 CA3C005500.jpg
横を見るとご主人が居たので、挨拶してから浴室へ向かいます。
それと、ここは貸し切り家族風呂なので、入浴時間は1時間以内って事です。
そうそうご主人のブログ記事になってた自動掃除機ルンバがありました

浴室は2カ所あり、手前の浴室を覗いてみることに
CA3C006000.jpg CA3C005900.jpg
紅茶色の湯が注がれた小さめの内湯と露天風呂だね

じゃ、奥の浴室はどうかな?
奥の浴室の方が、露天が面白そうかも・・・
脱衣所も小ぢんまりしてて、家庭的な家族風呂って感じで良いですね
CA3C006900.jpg CA3C006800.jpg
小さくたって、源泉100%の温泉は間違いなし
温泉分析書温泉分析別表も、ちゃ~んとあります

源泉名 熊牛温泉 3号井
泉 質 アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性高温泉)(旧泉質名:単純温泉)
泉 温 58.8℃(気温9℃)
湧出量 900リットル/min
知覚的 強褐色澄明、無味、無臭
ph 値 8.8
残留物 0.768g/kg
総 計 0.826g/kg
試験日 平成5年11月

で、露天風呂へのドアが何故か開けっ放しなので、がも~も~
CA3C007200.jpg
お湯は紅茶色したモール泉で、水道蛇口からかなり熱めの源泉が少しずつ掛け流されています
そして、片足を入れて
何故ドアが開けっぱだったのか、すぐに判明
激熱激熱ヤバス熱すぎる

で、露天風呂なら適温だろ~と (マウスオンすると画像がかわります)

綺麗な色の湯です~湯船の形も素敵雪に埋もれてるけど五右衛門風呂もあるのょ
喜んで片足入れて足が底に届かな~い
お股が裂ける~~
しかも超が付くほどあっぢ~い
でも、脚力弱すぎで湯船から上がれな~い

上がる事も入る事も出来ずジタバタする私を見てた連れに助けられ、湯温計を見て絶句!
48℃だと~~ コレ壊れてるょね?
CA3C008200.jpg CA3C008500.jpg
そこで、私たちはですが「掟破りの行動」に出た
水道蛇口のように自分で調整出来るので、湯を止めて加水しちゃいました
で、全裸の2人はかき混ぜ棒で混ぜ混ぜ行動 きっと、そのために2本?

5~6分もかき混ぜたかなぁ~加水もしちゃって、平日だから居ないと思うけど、このあとの入浴者様ごめんなさい
でも加水なしじゃ、ちょっと無理でした

それでも良い色でしょ  (マウスオンすると画像がかわります)
甘いモール臭がほんのり香り、僅かながら泡も纏わり付いてツルツルのとっても気持ちが良い湯
加水しなかったら、もっと良い湯だったんだろ~なぁ

熱めの湯にも慣れ、連れがをあっちにも、こっちにも
CA3C0079.jpg CA3C008100.jpg

身体も慣れたところで、内湯に
CA3C007500.jpg
すみません・・・ここも加水しなきゃ、無理です
でもでも、泡ツルツルで気持ち良い湯だょ
お陰で足も真っ赤っかかちょっと足先もヒリヒリピリピリ
全身から汗もよ~く出て湯浴み&デトックスと両方の効果ありの湯でした

そして、外に出ると・・・さっきのが、まだ路上を散歩中
一羽だけだけど、この熊牛が好きで住み着いてるのかな?

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



熊牛温泉「ペンション熊牛」
住所 〒088-3171 北海道川上郡弟子屈町熊牛原野86-23
 0154-82-2956
入浴時間 08:00~22:00
入浴料金 大人300円(2回目以降250円)←嬉しい
公式サイトhttp://www2u.biglobe.ne.jp/~kumaushi/



(2012/03/08)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
ここも・・・
 Mちゃん、こんにちわ
ここも未湯!露天風呂深いんだぁ~
そして俺の苦手な熱湯かぁ~…
厳しいなぁ~他の人がいたらなかなか
加水し辛いし…でもツルツルなお湯は魅力!
一度チャレンジだな。
2012/03/17(土) 11:53 | URL | きんちゃん #AzmySJ4g[ コメントの編集]
こんにちは~(^-^)/

ツルツル~で鶴鶴ときて鶴っとあわツル~で鶴っと♪
鶴ツルで楽しませていただきました~(^ー^)

ペンション熊牛は行ってみたいな~謎の円盤型湯船に浸かりたい(_´Д`)ノ

源泉温度高いのに泡つきアリだなんて凄い!!

マッパの湯もみ大会お疲れサマでした(笑)
2012/03/17(土) 14:45 | URL | 道産子おやじの相方 #-[ コメントの編集]
ここは・・・
きんちゃんさん、こんばんわe-343
コメントありがとうございます

貸し切りe-224だから、他の人が入って来ないから
加水しても、文句って事はないんですが
やっぱり、源泉100%を目的に湯巡りしてるとねe-351
でも、加水しないで混ぜて湯温を下げるって、
入浴時間1時間以内の制限では無理だと思うe-443
しかし、加水しても良い湯なので、オススメe-284
雪が溶けたら、五右衛門風呂にも湯が入るので、満喫してみて下さ~い
2012/03/17(土) 21:19 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
劇的な出会い(^-^)/
いるわけないだろう場所に丹頂鶴…
驚きと感動だね(^-^)/
ツルツル三昧だね…良いところ攻めてるわ!
俺、ここは、未湯 Σ(゚д゚lll)
お連れ様…雪だるま作り過ぎです(笑)
2012/03/18(日) 08:05 | URL | 札幌温泉人 #-[ コメントの編集]
驚きでしたw(@o@)w
こんにちは、温泉人さん
コメントありがとうございますe-466

> いるわけないだろう場所に丹頂鶴…
> 驚きと感動だね(^-^)/
ホントに驚きましたe-451
e-330郊外の路上でヒグマと出会した時と同じくらいの感覚?
いや、ヒグマの時の方が焦ったかなぁ~
一度目のヒグマの時は、かなり大きかったから、しかも一人だったので
ぎゃ~~~e-350と悲鳴が上がったくらい
その点、鶴は感動が先にでる感じ

> お連れ様…雪だるま作り過ぎです(笑)
生まれたままの姿になると、幼少の頃に戻れる?
いや~違うか!子供があんな事やこんな事出来るわけないし(爆)
2012/03/18(日) 13:41 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
ごめ~ん
ツルツルで鶴鶴だょ~
道産子おやじの相方さん、コメントありがとうございます

普通に鶴が歩いて居るんですょ~
湯は、どこに行ってもツルツルだし
もう驚きと感動の今回のツルツルツアーでした

> マッパの湯もみ大会お疲れサマでした(笑)
相方さんも混ぜ混ぜi-6湯もみ大会に参加されて下さい。
そんな姿のおやじさんを激写ってのも・・・悪くないかも(笑)

PS 相方さんからのコメントは気づかずe-466レス書き直したっすe-330
2012/03/18(日) 19:18 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。