日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えりもの春は何もない春です♪

桜ロコモコでお腹もいっぱい
このまま帰るのは、勿体ないくらい良い天気です
「Mちゃん天気も良いし、襟裳岬にでも行こうかぁ」
CA3C0397893.jpg
「こんなにだから、きっと素晴らしい景色が見られるね」と襟裳岬へGO
国道235号線を快走快走お日様もニッコリ

それが・・・えりも町あたりから・・・
CA3C0493468.jpg
怪しいんですけど

道道34号に入ると・・・・
CA3C0488468.jpg
なんですか?コレ

岬の駐車場に着くと、辺り一面がガスってて真っ白の上、寒いんですけど・・・8℃って
さっきまでのポカポカ陽気は?
とりあえず、岬まで歩こうって・・・厚着して岬に向かってる途中
連れが「森進一の『襟裳岬』って歌を知ってるかい?」
「あ~少し・・・えり~もの・・・あ、続き知らない。教えて~」
「続きはね。えり~もの春は~何もない春です~♪だょ
「なぬ?それを早く言ってょ私は室蘭の地球岬や、先週見た初山別の金比羅岬みたい景色が見られると思ったじゃんかホントに、この先は何もないの?」
「いやいや、何も無いなんて失礼だょ。何かあるさ
・・・と言う事で、何かあるかもしれない襟裳岬で記念撮影

青い空も・・・青い海も見えません

一応、景色を撮影

風が冷たくて、既に耳が千切れそうなくらい痛いです

それでも可愛いアザラシの姿でも見られれば
と思い覗き込んでみるが

400頭が生息しているらしいけど、全員お留守ですガ―――ン

は日高山脈の南端部に位置する岬であり、沖合い7kmまで岩礁が連なるそうですが見えません
岬の周囲は高さ60mに及ぶ断崖となっており、三段に及ぶ海岸段丘が発達し、眺望が開けておりあ~そうなんですか

岬ですから、灯台くらいは・・・当然あります
CA3C0481468.jpg
さすがですね~この濃霧ですもの・・・15秒に1回の割合で閃白光が海上42kmまで届くそうです

沖合で暖流の黒潮(日本海流)と寒流である親潮(千島海流)とがぶつかり、年間100日以上が濃霧に覆われ、また風速10メートル以上の風の吹く日が年間290日以上って・・・社会科で習ったの思い出したかも・・・
てか、私の頭の中で、地球岬と襟裳岬の位置がゴチャゴチャになってました

江戸時代後半から海の岩礁に生える昆布を求めて、人々の移住が始り、明治になると開拓農民も加わり、人々は強風と寒さに耐えながら、暖をとるなど生きるために森の木を切り続け、明治中期には紙の材料として広葉樹がつぎつぎに切り倒され、ついに砂漠となった。砂が飛んで生活に支障をきたしたほか、昆布が生えなくなり、鮭や回遊魚も来なくなった。つまり明治の森林伐採、放牧などにより実質砂漠化し、土砂で海が汚染されたことにより海産物の漁獲量が激減したそうです。
そのため林野庁は1953年以降治山事業を開始。まず、草本の種子を蒔き、風を防ぐため海藻で覆うことにより最終的に草本緑化を完了。その後、防風垣で覆った上でクロマツを中心とした植林が行われ、1999年度末で、荒廃地面積のほぼ89%にあたる170ヘクタールの木本緑化を終了したらしく・・・

えりもの春は何もない春ですは本当のようです。
てか、春だけじゃなく、他の季節も何もなさそうですけど・・・

何もない訳でもなく、ちゃんとお土産屋さんや「風の館」なんてのもあります。
CA3C0463486.jpg CA3C0464486.jpg
「風の館」では風速20mを体感できるそうですが・・・「この寒空の下、何が悲しくて強風に耐えなければならん」と私の一言で、強風体験は中止となりました

しかし、人の手で自然って、こんなにも変わってしまうんですね

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓





(2012/05/09)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
えりも
こんにちは~

イキナリ森進一風にスタートですね。
何も無い春、昔住民が反発したとかテレビで見たことあります~
一応店とかあるし、何も無いわけでも無さそう(笑)
最近えりもに行ってないなぁ~
2012/05/25(金) 08:17 | URL | 露天風呂マニア #bxvF113M[ コメントの編集]
何も無い・・・
 Mちゃん、こんにちわ
襟裳岬は以前何度か行った事ありますが
その頃は風の館も無く、小さなお土産屋があったくらいだった記憶があります。
風がやたら強くて二度と行かないと感じたなぁ~(苦笑)
色々と地元は苦労したんですねぇ~
そうういう歴史があったとは知りませんでした。
2012/05/25(金) 08:55 | URL | きんちゃん #AzmySJ4g[ コメントの編集]
こんばんは♪
懐かしいなぁ襟裳岬、、
確かに本当に何もなかった(^o^;)期待の強風も。。無風とゆうオチ(笑)
とゆうことで一度しか行ったことないんですが、
真ツブの美味しいの食べてみたいし、海産物は美味しそうなので今年は久々に行ってみるかな~
道駅でも出来ればまだ活気づきそうだけど、ないよね?
2012/05/25(金) 19:40 | URL | 道産子おやじ #-[ コメントの編集]
・・・らしいです。
こんばんは、マニアさん
コメントありがとうです。

> 何も無い春、昔住民が反発したとかテレビで見たことあります~

何も無いなんて失礼だ!!とか何とかって・・・連れが教えてくれました。
でも・・・春なのに・・・桜もなかったし
印象に残ったのは、「寒い」と「何もない」ってだけ・・・e-351


> 最近えりもに行ってないなぁ~

綺麗な景色を撮影してみて下さいね
ここの絶景を見てみたいかも
2012/05/25(金) 22:12 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
人の力って・・・
こんばんは、きんちゃんさん
コメントいつもありがとうです。

> その頃は風の館も無く、小さなお土産屋があったくらいだった記憶があります。

一応、公衆トイレもありましたし
土産物屋と食堂も・・・風の館はオシャレな感じで、新設されたばかりかと・・・


> 風がやたら強くて二度と行かないと感じたなぁ~(苦笑)

そんなに風は強くなかったけど・・・私も行かないと思うe-351
だって、つまんないだもの~景色も見られない上、花も咲いてないし、鳥も飛んでなかった


> 色々と地元は苦労したんですねぇ~
> そうういう歴史があったとは知りませんでした。

凄いですょね
人の力って・・・こんなに環境を変えてしまうんですね
そ~考えると現代なんて、もっと自然破壊を進行させてるのでしょうね
2012/05/25(金) 22:18 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
道の駅は・・・
こんばんは、道産子おやじさん
コメント感謝です。

> 確かに本当に何もなかった(^o^;)期待の強風も。。無風とゆうオチ(笑)

風もなかったなんて、珍しい事なんでしょうね
地元民には、無風は嬉しかったのかも(笑)


> 真ツブの美味しいの食べてみたいし、海産物は美味しそうなので今年は久々に行ってみるかな~

食堂が棟続きで3軒ほどあって
つぶ蕎麦とか看板に書かれてた気がしますが、はっきり覚えてないe-351
岬の下にある民宿の食事が「旨し」らしいです
温泉でもあれば宿泊してみたいけどね


> 道駅でも出来ればまだ活気づきそうだけど、ないよね?

道の駅は無いです(笑)
道の駅を建てれば「何もない」なんて言われなくなるのに・・・
でも、あえて作らないとか
2012/05/25(金) 22:27 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
別な景色だ
今年の初日の出はここでした。
寒くて寒くて大変でした(笑)
食堂でツブ丼食べましたが、思い出したくないです。  
海が復活して海産物は抜群なはずですが、
どうやら流通は問題ありのようです。
2012/05/26(土) 21:55 | URL | ユキヒロ #SFo5/nok[ コメントの編集]
襟裳岬と地球岬
こんばんは、ユキヒロさん
コメントありがとうですe-320


> 今年の初日の出はここでした。

私の頭の中で、地球岬と襟裳岬がゴチャゴチャになってたんですょe-330
それ、ユキヒロさんのブログで、初日の出が綺麗な襟裳岬の画像と
晴れ渡る地球岬の画像を見て、同一の場所だって
勝手に勘違いしてて(笑)
地球岬と襟裳岬が同じ場所なら、私の頭の中の北海道地図って・・・e-350
かなりヤバイ形ですわ(笑)


> 寒くて寒くて大変でした(笑)
> 食堂でツブ丼食べましたが、思い出したくないです。

それは、寒さを思い出したくないのか?
ツブ丼なのか?気になるかも(笑) 
きっと迫力あるお味だったのね

高価なタヌキの剥製を見てくるの忘れちゃいましたe-444
2012/05/26(土) 22:36 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【えりもの春は何もない春です♪】

桜ロコモコでお腹もいっぱいこのまま帰るのは、勿体ないくらい良い天気です「Mちゃん天気も良いし、襟裳岬にでも行こうかぁ」「こんなにだから、きっと素晴らしい景色が見
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。