日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大雪高原山荘」を再訪

露天風呂マニアさんが“2012年の湯浴み客第一号”って記事を読み、私たちも3日後に湯浴みに行ってみました
は前に湯浴みした帰りにと遭遇した印象深いだったりします
過去記事http://kurumi2002217.blog77.fc2.com/blog-entry-169.html

国道273号からヤンベタップ林道を川沿いに約10km
1551357_435438128_167large1358.jpg  CA3C01700613.jpg
相変わらずの悪路ですが、石狩川の支流ヤンベタップ川を右に左に見ながら走行するのも清々しいね

その林道を20~30分ほどすると

1年間で123日しか営業されてない「大雪高原山荘」に到着です。

昭和29年、洞爺丸台風で甚大な被害を受けた大雪山一帯の倒木を処理するため、石狩川源流部の奥深くに分け入った造材作業員に高原温泉が発見され、作業宿舎が温泉付近に移され、登山客は宿舎の2階に泊まる事が出来そうで、昭和39年9月に「大雪高原山荘」が建設されたそうです。


駐車場のど真ん中から湧水が溢れ・・・まるで川のようだね
CA3C01610613.jpg
こんなの見てるだけで、の素晴らしさが分かっちゃいます

そして、こちらのおじさん泥遊びと言うか水遊びが好きな様です
大雪高原山荘  CA3C005811938.jpg  

玄関前には「日本秘湯を守る会」のがあり、まさに秘湯の宿ですね
CA3C00610613.jpg  CA3C00620613.jpg
そして、硫黄臭漂う足湯がおぉ~底に沈んだ湯の花に足跡がクッキリ

さ~私たちは、足湯より全身浴です
CA3C00640613.jpg
玄関には券売機があるので、日帰り入浴は700円ですが、私たちは食事付き(1,500円)を購入しました。

ご主人とランチの時間を決めてから、大浴場へ向かいます
熊さん鹿さんが居る赤い絨毯の長い廊下の突き当たりには、広い休憩所がありマッサージ器や冷茶も用意され
CA3C01150613.jpg  CA3C00650613.jpg
鹿さんの手前を左に曲がると、洗面所がズラ~~ッと並び、そこが脱衣所の入り口
あら、前に来たときと違って男湯と女湯が入れ替わってるわ~
浴場の造りが違うのかな?楽しみかも

脱衣カゴもいっぱいあるので余裕ですねぇ
CA3C00680613.jpg  CA3C010406131.jpg  
それに、脱衣所の前にも中にも、貴重品ロッカーがあるので“安心安全”

もちろん「温泉分析書」「温泉分析別表」も掲示されてます。
源泉名 高原温泉(A・B混合泉)
泉 質 単純酸性泉(低張性酸性高温泉)(旧泉質名:単純酸性泉)
泉 温 71.2℃(気温 24℃)
知覚的 無色澄明 酸味 硫化水素臭
ph 値 2.7
残留物 0.315g/kg
総 計 0.356g/kg
試験月 平成17年9月

どんな浴場かな?
・・・同じだ あ、ちょっと浴槽が小さい
でも、天井まで続く大きな窓から、の光が差し込み、清潔感いっぱいだね


この辺りはヒグマの生息地なので、それにちなんでなのかな?
お湯の注ぎ口が木彫りのヒグマだなんて珍しいょね
CA3C00710613.jpg
湯花で口の周りに白髪が増えたみたい

浴槽に入ると底に沈んだ湯花がパ~ッと散り、透明なお湯が青白く濁り
CA3C00740613.jpg CA3C00730613.jpg
浴槽からも、永遠にお湯が溢れて・・・ちょ~~気持ちイイ~

洗い場には、ボディーソープ等もあり

ん?確か以前は木製椅子と桶だったはず・・・酸性湯で劣化しちゃったのかな
それとも、こちら側は最初からプラスチック製だったのかな~
(マウスオンして見てね)

露天風呂の入り口には、かぶり笠があって・・・面白いね
でも、真夏は日傘を差しながら入浴も出来ないし、露天に屋根が付いちゃうと、折角のが見えなくなるから便利かも
それでは、お楽しみの露天風呂


やっほ~貸し切りだょ~幸せ過ぎる
CA3C00900613.jpg
囲いがあるのが、少し残念だけど雪が縞模様のように残る遠くの山々が見え、窮屈感はないですょ

お湯は注がれた分だけ、浴槽から溢れ出し
CA3C00840613.jpg CA3C00910613.jpg
しつこいアブもブヨも居ないから、これは長湯しちゃいますねぇ

ギクッ食事の時間忘れてた
慌ててロビーに行くと、連れがお待ちかねの様子…スミマセン
受付フロント横の薪ストーブに、なんとストーブに
さすが~標高1,260mだわ
CA3C01190613.jpg CA3C01210613.jpg
暖炉がある広い食堂に行くと窓側の席に「予約席」って・・・なんか照れくさいかも

席には既に食事が用意されてます。
CA3C01240613.jpg
私が好きな山菜がメインのお弁当と

山菜ときのこ、たっぷりお野菜のお鍋です  
CA3C01280613.jpg  CA3C01250613.jpg
お弁当は「ヤマベ幼魚の塩焼き」や「ウドの醤油漬け」「新ふきとなめこの和え物」に「たらんぼ(たらの芽)と笹の子の胡麻和え」

天ぷらは、たらんぼ・笹の子・とっても柔らかい白身魚
CA3C01300613.jpg  CA3C01310613.jpg
煮付けは、ふき・笹の子・舞茸・人参と薄口でした。
私的は、もう1つお弁当が食べられそうな・・・

食後は、直ぐに帰らず高原山荘の裏まで・・・
CA3C01471923.jpg  CA3C01380613.jpg
裏大雪と言われているそうで、緑岳への登山口があり、辺りはアチコチに噴気孔があるので、気をつけて歩かないとなりません

ぼっけもあるので、覗きに行ってみました。
CA3C01450613.jpg  CA3C01370613.jpg  
可愛いが2頭で草を食べていたので、声を掛けると

何故か一定の距離を保ちながら、私たちのあとを付いてきます
CA3C01520613.jpg
農作物を食い荒らす害獣とも言われているけど、可愛いね
そうそう・・・初めて鹿の鳴き声も聞きました

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



高原温泉「大雪高原山荘」
住所 上川郡上川町層雲峡高原温泉
 0165-85-3818
営業期間 6月10日~10月10日まで
入浴時間 10:30~17:00
入浴料金 大人 700円 子供 350円
公式サイトhttp://www.daisetsu-kogen.com/default.htm

つづく⇒鹿の谷



(2012/06/13)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
Mちゃん

おはようございます…(^^)

ついに大雪高原温泉行かれたんですね…(^。ー)
ここの温泉はあの湯口の熊さんが印象的だよね…(^^)
しかもここの硫黄泉が濃いんだよね…(^ー^)
食事付き券があるんですね、知りませんでした…(@。@)
食事付きで1500円にしては料理が良い感じです…(^0^)
今年は、行けると良いな~(^0^)/
2012/07/09(月) 07:15 | URL | ゆぅ&かん #k9MHGdfk[ コメントの編集]
いいね
こんにちは~

高原温泉良いですね。あの硫黄泉がたまりません。
ここに行ったら、沼巡りも行ってみたら楽しいですよ。
綺麗な景色が楽しめます。昨日はヒグマも遠くに見えた!

沼巡りコース脇の林の中で、大きな物体が動いていました。
鹿のガサゴソ音とは明らかに異なっていたので焦りました~
2012/07/09(月) 08:12 | URL | 露天風呂マニア #bxvF113M[ コメントの編集]
ここは良いよね(^^)/
素晴らしい硫黄の湯 ... ここは、大好きだよ。
空気も良いし ... 癒されるよね。
山宿だけど ... 凄く綺麗だよね(^^)/
あぁ~行きたいしーーー。。。
2012/07/09(月) 09:08 | URL | 札幌温泉人 #-[ コメントの編集]
こんばんは♪
早くも高原温泉、しかも貸切状で楽しんできたんですね~♪
最初行った時、雨で山歩きの客が殺到してイモ洗い状態だった苦い思い出を思い出します( ̄▽ ̄;)
1500円のセット、これは絶対お得だ~!!
それも気づかず、入浴料金の他にカレーを昼飯に。。1500円位でした(^_^;)
今年はリベンジしなくちゃ!!
2012/07/09(月) 22:04 | URL | 道産子おやじ #-[ コメントの編集]
行きましたかぁ~
 Mちゃん、こんばんわ
高原温泉、行きましたかぁ~凄く昔に行ったので
今では記憶が定かではないのですが
熊と遭遇した時の対応の仕方って言う看板が凄く記憶に残ってます。
目をそらさずに後ろ向きにゆっくり歩いて逃げるって…
絶対無理!
2012/07/10(火) 22:18 | URL | きんちゃん #AzmySJ4g[ コメントの編集]
Re: No title
ゆぅ&かんさん、こんばんわ
いつもコメント感謝してます。ありがとう~。


> ここの温泉はあの湯口の熊さんが印象的だよね…(^^)

珍しいですょね
普通、何故かライオンですもの


> 食事付き券があるんですね、知りませんでした…(@。@)

他にv-373v-374等もある様ですが
セットではないようです


> 今年は、行けると良いな~(^0^)/

鹿の谷に来られたら、ちょっと足を伸ばして
そして、帰りは愛山に寄って・・・のコースでv-218
2012/07/10(火) 22:21 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
Re: いいね
マニアさん、こんばんわです。
いつもコメントありがとう~。感謝e-459


> 高原温泉良いですね。あの硫黄泉がたまりません。

マニアさんのブログを見て、後追いしましたe-319


> ここに行ったら、沼巡りも行ってみたら楽しいですよ。
> 綺麗な景色が楽しめます。昨日はヒグマも遠くに見えた!

沼巡りもしてみたいけど・・・体力が~
それに、沼巡りできる様な装備も何一つ持ってないし・・・
でも長靴レンタル600円って、
長靴だけでも巡れるってことですかね?


> 鹿のガサゴソ音とは明らかに異なっていたので焦りました~

マニアさん、激写v-212e-329お願いします。
あ、動画でも・・・
2012/07/10(火) 22:30 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
Re: ここは良いよね(^^)/
温泉人さん、こんばんは
コメントありがとう~。感謝感激e-328

> 空気も良いし ... 癒されるよね。

まだ2度しか行った事ないけど、静かでホントに良いわぁ~
紅葉のシーズンに行ってみたいけど、激混雑してるんでしょうねe-351


> 山宿だけど ... 凄く綺麗だよね(^^)/

フローリングなのにクッションが効いてて、驚きでした(笑)
下山して、足の疲れている人には優しいですょね
ひとつひとつに心遣いを感じる宿って感じがします。


> あぁ~行きたいしーーー。。。

マニアさんとヒグマ撮影会とかいかが?
私は休憩所で待ってます(笑)
2012/07/10(火) 22:36 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
Re: タイトルなし
道産子おやじさん、こんばんは♪
コメントありがとうございます。

> 早くも高原温泉、しかも貸切状で楽しんできたんですね~♪

平日しか動けないので、貸切率は高いかも・・・
でも紅葉のシーズンは平日でもダメなんでしょうね


> 最初行った時、雨で山歩きの客が殺到してイモ洗い状態だった苦い思い出を思い出します( ̄▽ ̄;)

あははは・・・同じ入浴料を払って、混雑してたら
何だか、損した気分になっちゃいますょね(笑)


> 1500円のセット、これは絶対お得だ~!!

おやじさんには、ちょっと足りないかも
セットのあとにカレーを飲んで下さいませe-348
2012/07/10(火) 22:40 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
Re: 行きましたかぁ~
きんちゃんさん、こんばんわ
コメント感謝です。ありがと~

あれですね
今度、平日組でプチオフやりましょうe-454e-319


> 目をそらさずに後ろ向きにゆっくり歩いて逃げるって…
> 絶対無理!

あ、看板にもソレ書いてあったわe-451
読んでビックリして、その帰りにホントに熊に遭遇したんですょe-330
車だったのと、熊が1mくらいと小さかったから怖くなかったけど
昔遭遇した熊はバカデカくて
最初は黒い車かと思ったほどで、そんなのに遭遇したら、絶対に走って逃げますょね



2012/07/10(火) 23:04 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
高原温泉の秘密
ふふふ、今度露天風呂の秘密をこっそり教えます(^q^)
ご飯美味しそうですねー、私も泊まってみたいなぁ
2012/07/11(水) 07:33 | URL | カナリーヌ #-[ コメントの編集]
Re: 高原温泉の秘密
カナリーヌさん、こんばんわ
コメントありがとう~。


> ふふふ、今度露天風呂の秘密をこっそり教えます(^q^)

ななななに?何?何?何?
教えて~~~


> ご飯美味しそうですねー、私も泊まってみたいなぁ

こんな宿でゆっくりしたいょね(*^_^*)


2012/07/11(水) 19:57 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。