日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幌加温泉「ホロカ温泉旅館」

先週の「鹿の谷」に続き、今週は「ホロカ温泉旅館」に行って来ました。
今まで、ここまで鄙び感の強い温泉宿に、縁がなかった私たちですが・・・
青空に、白い洋風の建物が、とても映えてますね
24612574_3991624416.jpg

昨日の季節はずれの大雪(ここは積雪20cmだったそうです)で、辺りは雪景色
(ちなみに、↑こちら怖い写真でないょ帯広開発の女性職員が写ってるだけです)

古い看板が、とても新鮮に感じられます。
古いモノが新鮮とは、何か可笑しいですょね

東大雪だけあって、やっぱり鹿が多いですね
ココに来る途中も、道路に鹿がいっぱい出てきて、冷や~っとすることが何度も
24612574_2203733704_convert_20101103020010.jpg
私たちの姿を見つけると、沢から集まって来ました。
昨年生まれた子供たちと、その親らしいですょ

24612574_3161902108_convert_20101103020152.jpg
手前の大きな子は、母親キャベツちゃんから生まれた6歳になるバンビなんですって
ホロカ温泉旅館の裏山で生まれ、名前を呼ぶと寄って来ます。
生後まもなく、左前足を骨折したらしく、左足が太くなっているので、直ぐにバンビちゃんだと判るそうです。

ここの「ホロカ温泉旅館」ですが
50年程前に改築された洋風の建物で、ピカピカのガラス玄関戸を開けると
話し好きなおじさんが奥から現れました。(↑の話も、このおじさんから聞きました)

入浴料の600円(1名300円)を手渡すと
「昨夜の大雪で湯パイプが外れてて、男湯の湯が水になってしまい、もう2時間も湯を入れてるんだけど、まだ冷たいんだょ~、でも、女湯は温かいから、そっちに入ったら良いょ」
そして「今日は、もう誰も客を入れないから、男湯も女湯も自由に使って良いから」と・・・ラッキ~平日万歳


奥の浴室へ向かうと、脱衣室は男女別々です。
脱衣室の古いソファは、湯冷ましするための物なのかな?
流石に、ちょっと躊躇します

こちらは、女湯
24612574_353214048_convert_20101103022402.jpg
泉質は食塩泉、効能は胃腸病に神経痛と書かれてます。

31371704_1442440037_convert_20101103022607.jpg
湯口は温泉成分で凄い状態
横にコップがあるって事は「飲め」って事か?
コップ・・・ききき汚いし、ちょっと無理っぽい

連れが、先ほどから絶叫している男湯へのドアを開けると絶句
こんな浴室は、見たことありません
ある意味、絶景です
この床を見てょ
24612574_1153988251.jpg 
温泉の成分が長年かけて堆積され、まるで鍾乳洞みたい

24612574_1016981061_convert_20101103023340.jpg
手前には打たせ湯の湯船があり、湯船から溢れ出た湯が温泉成分で、この様な床を作ったのでしょうね

1番大きな湯船は鼻を突くような匂いの硫黄泉、効能は神経痛と私に嬉しい皮膚病
ホロカ温泉旅館
お湯は透明と言うより、青く感じられます。
奥の扇型の湯船は、女湯と同じく食塩泉
もちろん、全ての湯船は源泉100%掛け流し
男女共カランもシャワーもなく、湯船に湯が注がれているのみ
ここの床はガタガタなので滑りやすく、全裸で転倒なんて洒落になりません
この床で転んだら、かなり痛いし、流血だょね

24612574_393349252_convert_20101103023857.jpg
打たせ湯に入ったり、温めの硫黄泉に入ったり・・・
身体が冷えてくると、少し熱めの女湯に入り、熱くなったら男湯へ・・・と
そうこうしているうちに、男湯の硫黄泉も温かくなり、足を伸ばしてザブザブ出来ました
いい大人が、風呂で遊んで良いのでしょうか?
秘湯と言われている湯を、ザブザブとふんだんに使い
贅沢な時間を過ごさせて頂きましたなんて幸せなんでしょう

そして、ココのおじさん
帰りは、私たちのが見えなくなるまで、見送ってくれました

※2011年1月より休業中

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



幌加温泉「ホロカ温泉旅館」
住所 北海道河東郡上士幌町幌加番外地
 01564-4-2167



(2009/04/29入浴)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。