日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿の子温泉「鹿の子荘」

石北峠を下り、留辺蘂の「滝の湯」手前を右折し、しばらく行くと目的の置戸町があり
そこには、1世紀近くの歴史をもつ「鹿の子温泉」があります。

鹿の子温泉は1916年(大正5年)に発見され、地元の農家などに親しまれ、1964年に「鹿の子荘」が建設されました。
林業が盛んだった頃は、山で働く作業員でにぎわい宿泊棟を増築することもあり、最近は近くのパークゴルフ場の利用者やシカ撃ちのハンターなどが訪れているが、宿泊客は減っているそうで・・・

ところ川に架かる「温泉橋」を渡ると、赤いトタン屋根の鄙びた温泉宿があります。
31371704_1213079713.jpg
温泉橋に鄙びた温泉宿なんて、風情があって良いょね

31371704_2343022963.jpg「てか、閉鎖しちゃってるの?」と怖々中を覗き込むと、自動ドアがゴゴゴ~ンと開きました

館内はレトロレトロ ・・・赤い絨毯がローカルっぽい
33101505_3920500597_convert_20101104230822.jpg  

受付で800円(1名400円)の入浴料金を払い
受付横の食堂前を通り、大浴場へ・・・
CA3C0135_convert_20101104233737.jpg

しかし、脱衣所は意外に綺麗で、ちょっとビックリ
そして、もっとビックリなのは、館内にはBGMが流れていて・・・
しかも映画音楽なんですょ
脱衣所には、こんな注意書き が貼られてました。

「ん?滑るの?なんで?」と不思議に思い
「銘石大浴場」と書かれたドアを開けると、大きな岩と、透明な湯が溢れ出た大きな湯船が飛び込んできます。
33101505_2146915398.jpg

一足踏み入れると、タイルがヌルッ
「え湯垢?」て思っていたら
「滑るから転ぶんじゃないょ。私らは上がるから、ゆっくりと入ってな~」って、地元のオバチャンのお声が・・・

も~~~うッ驚きです
お肌がツルツルではなく、ヌルヌルスベズべなんです
全身に白く膜が張った様になったので、両手で撫でてみると、細かい気泡が湯の中に放たれ
しかし、直ぐに細かい気泡が肌に付着
もちろん湯船の中もヌルヌル、転んでは洒落にならないので、慎重に歩かないと・・・。

あ、説明を忘れてました。
泉質はアルカリ性単純温泉で、数年前までは半混浴だったそうです。
男湯と女湯の間に水車があり、天井から下がっているホースの湯で水車が回っていたと聞いてます。
だから、水車の隙間からお互いの内湯が覗けたらしいですが
水車を取り外した訳は、危ないから・・・ってコトです。
どの部分が危ないのでしょう(笑)指を挟む・・・覗く・・・・

今では木の板で仕切られてますが、湯船の下50cmは繋がっていて・・・
33101505_4243916191.jpg
ちょっと楽しかったですょ


そして、噂の岩陰を覗いてみると
33101505_2430433560_convert_20101104235725.jpg
ありました噂の隠し湯
男湯だけの仕組みかと思ってましたが、女湯にもありました

源泉が注がれている小湯船
小湯船から溢れた出た源泉が、岩を伝い流れ、
下の大きな湯船に、温度調節されて、流れ込む仕組みになっているそうですブラボ~
33101505_1645211086.jpg

もちろん、その小さな湯船にも入ってみました
ザザザザ~っと源泉が溢れ出し、勢いよく下へ流れ・・・大きな湯船に注がれます。
きゃ~気持ちいいい~


最近のスーパー銭湯みたい綺麗なも、それなりに良いと思いますが「鹿の子荘」みたく、鄙びた素朴な温泉宿も、風情があって良いですょね
しかし、その「鹿の子荘」も今年(2010年)10月末で、閉湯してしまいました
この様な良い温泉宿が、少なくなるのは寂しいですが、時代の流れなのでしょうか?

 ※2010年に閉鎖されました。

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



(2009/06/03入浴)




関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
ヌルヌルスベスベ~~!
あ~~~、入りたぁ~~い!v-48
気持よさそう~っv-63
2010/11/05(金) 21:37 | URL | poohpooh #dOcone5o[ コメントの編集]
Re: No title
でも、このe-224無くなっちゃた~e-259
こんな良い湯が、勿体な~い

> ヌルヌルスベスベ~~!
> あ~~~、入りたぁ~~い!v-48
> 気持よさそう~っv-63


2010/11/08(月) 21:02 | URL | Mちゃん(雨女) #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。