日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本一と世界初がある水族館「山の水族館」

昨年の11月6日に閉館したあと、日本で唯一の水族館プロデューサー「中村 元」氏がプロデュースした「山の水族館」が、平成24年7月7日新しく生まれ変わりオープンしました

オープン後1日に4000人近い入館者数を記録し、わずか10日間で、1万7千人(有料入館者は1万4千人)も
旧館の年間入館者が約2万人程度だったらしく、2週間で1年分を集客しちゃったそうです

先ずは『生命がきらめく滝つぼ』

「日本初(おそらく世界初)」の滝壺の底から見上げる水槽(マウスオンしてね)
最初から、おくちポカ~~ンと開けて、滝壺を見上げる私たち
滝壺の魚たちから、私たちはどう見えてるのかな?

瀑布の泡の真下で、水流に揉まれながら元気に動き回るオショロコマたち

(マウスオンしてね)
銀色に輝く鱗のきらめきと、この躍動感「生命のきらめき」

そして、世界初の『北の大地の四季』
何が世界初なのって

実は、この水槽が世界初なのは、冬になれば凍る水槽なんです(マウスオンしてね)
だから、冬は氷の下で寒さに耐えている魚たちを見る事ができるんですね

ドイツ製の新兵器ハイドロウィザードという起流ポンプを、日本で一番最初に導入したことで、春から秋の渓流の激流を再現した日本初の水槽です。
川1  凍る川2
ニジマスやヤマメ、綺麗なブラウントラウトなどが、激しい流れに逆らって泳いでるのですが・・・
「疲れないの?」って思っちゃいます

『北海道の川辺の生き物たち』のゾーンには
ヒメマス
大群のヒメマスが泳いでたり

オスが水草類を集めて、水中に巣を作り、そこで子育てするトゲウオの仲間「トミヨ」が

水槽を指でトントンすると・・・         (マウスオンしてね)
わ~ぉ寄るわ寄るわ・・・トミオさんの正面アップなんて初見です
何だか、とっても可愛い

その他は水棲生物の水槽も展示されてて、そこには子供の頃に普通に見かけたサンショウウオや、ウチダザリガニによる捕食、さらにはこれら外来種のザリガニが持ち込んだ寄生虫や伝染病、河川環境の悪化、採集業者の乱獲などが重なって次々に生息地を追われ、2000年には絶滅危惧II類(環境省レッドリスト)に指定されたニホンザリガニ、池や沼で見かけるスジエビ、息子と川へ釣りに行くと毎回毎回釣れたハナカジカが展示されています。

20分ごとに水位が変化して、魚のジャンプが見られる水槽もありました。

しばらく見てたんですが、20分も待ってられなく、次に移動しちゃいます 

『天然イトウの棲む大河』
この水槽は日本の淡水魚水槽としては、日本一奥行き感を感じる大水槽を実現したそうで・・・
イトウ2
1m級の・・・しかも顔も身体も美しい・・・通常の飼育下では、顔や体が変形する事が多いらしいそうですが、そんな美男美女のイトウが、なんと40尾の群をなして流れに逆らいながら泳いでいるんです
水槽奥の木の根は、地元の林業会社が立派な根振りの白樺を提供してくれ、樹液を抜くため池に木の根を半年間つけ込んでおいたそうですが、半年くらいでは、なかなか樹液を出し切ることはできないそうです。
しかし、井戸水100%掛け流しだから、樹液が少々出るくらい大丈夫らしいです

このイトウは最大2mの日本最大の淡水魚
また1mになるには15年もかかるそうで、北海道の一部にしか生息して居ない「幻の魚」と言われ
サケ科の魚は、一度産卵すると一生を終えますが、イトウは一生のうち何度も繁殖するそうです。

イトウに居て欲しい窓側に、ハイドロウィザードポンプの水流を付ける事で、私たちの目の前を巨大なイトウが静かに泳いでるんですょ(マウスオンしてね)
すごい迫力だわ

そして「世界の熱帯淡水魚」ゾーンへ
「ま、たぶん熱帯魚屋さんで、よく見かける魚ばかりでしょ~」なんて思っていたら、確かに熱帯魚屋さんで見かける魚も居るけど、その大きさに圧巻

サービスショットのピラルク、奥が大ナマズのレッドテールキャット(マウスオンしてね)
「山の水族館」で使ってるのは、温根湯の温泉と冷泉をほどよくブレンドした『魔法の温泉水』で飼育しているため、大きくなる様です
ピラルクとしては、小さくて1.5mほどですが、2年前は10cm程度の大きさだったそうなので
魔法の温泉水の凄さを証明してますね
このアマゾン川の水槽には、巨大コロソマ、このコロソマより一回り大きな日本最大のコロソマが工事の振動で死亡しちゃったそうですが、この子も60~70cmありそうょ
他には、シルバーアロワナ、大ナマズのレッドテールキャットやタイガーシャベルノーズキャットロングノーズガースポッテッドガーと肉食魚だらけ
この手の熱帯魚を飼育している人には、見応えあるんだろ~な

そして、アマゾンと言えば「ビラニア」だねでも、まだちっこいょ
ピラニア  シクリッド
四角の水槽は、マウスブリーダーで知られているアフリカンシクリッドのモーリーやピーコックが泳いでます。

このアクアリウムみたい水槽には、インドネシアのキッシンググラミーと骨が透け透けのグラスキャットたち
キッシンググラミー  ブタバナカメ1
で、私的に1番気に入ったのが、ブタハナカメ(スッポンモドキ)
スッポンモドキだの豚鼻亀だのと、気の毒に変テコな名前を付けられちゃってるけど、可愛い顔してるょ

この色鮮やかな躍動感あふれる巨体は「アジアアロワナ」
紅龍
一緒に泳いでいるパロットファイヤーと同じオレンジの「紅龍」


世界の熱帯魚ゾーンの最後に・・・
ハイギョ  ハイギョ1
日本一大きかったハイギョがオープン1週間後に亡くなったと掲示されてるではないですか

オープン当時のマスコミ撮影の様子
肺魚
寿命が10~20才らしく、18才と高齢で寿命ではないか・・・って話です。
他にも、色々とハプニングが続いたらしく、日本最大のコロソマが死亡、そして巨大で美しかったオオウナギが死亡、さらにやっぱり日本最大級のマタマタが死亡、いずれも工事の振動が原因だった様です。

そして、最後の「ふれあいコーナー」は、玄関ホールにあり
巨大なミシシッピーアカミミガメ(みどり亀)やアメリカザリガニと触れ合えるようですが、係員が居ないと噛まれたり挟まれたりしちゃうょ
ふれあいコーナー2
アクリルトンネルの記念撮影コーナーもあり、親子連れが記念撮影中でした。

ココで私は人生初の体験です
を水槽に入れた途端来るわ~来るわ~ドクターフィッシュが大勢寄って来ました
私のが、そんなに角質だらけで汚いのかコチョコチョ・・・ツンツン・・・

他には、万華鏡みたいな金魚を見る水槽もあります。
知ってました本来、金魚って真上から観賞するモンだって
あまり色鮮やかって感じでないけど、マウスオンしてみてね

日本一の魚が亡くなったりと、少し不幸も続いてる様ですが、他のたちは、イキイキと泳ぎ回り、海水魚より地味ですが、私たちの目を楽しませてくれてます。
わずか3億5千万円の建設費で、一日入館者数が4千人近いなんて、大成功の水族館ですょね

深層水ソフト  道の駅
帰りは、隣の留辺蘂道の駅「果夢林の館」で、知床羅臼の深層水ソフト
薄っら塩味だけど、甘くて爽やかなを食べてから、魔法の温泉水の源へ湯浴みに向かいました

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



おんねゆ温泉「山の水族館」
住所 北海道北見市留辺蘂町松山1番地4
 0157-45-2223  FAX.0157-45-3374
営業時間 (夏季)9:00~17:00 (冬季)10:00~16:00
休館日 (夏季)無休 (冬季)毎週月曜日 毎月第1・第3火曜日 年末年始12月28日~1月5日
入館料 大人670円 中学440円 小学300円
公式サイトhttp://onneyu-aq.com/



(2012/07/25)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
こんなところに!
 Mちゃん、こんばんわ
こんなところにこんなものが出来てたんですね~
知らなかった~
結構色々いて楽しめそうですなぁ~
イトウがこんなに沢山!そういえば十勝川にも結構いて
喫茶店のマスターが釣ってたなぁ~
もう幻の魚とは言えないのかもねぇ~
まあ良いことだけど…
ここの道って結構オマワリ多くてねぇ~…
2012/07/30(月) 18:58 | URL | きんちゃん #AzmySJ4g[ コメントの編集]
Re: こんなところに!
きんちゃんさん、こんばんは
いつもコメントありがとうです。


> こんなところにこんなものが出来てたんですね~

もう33年前からあったそうで、今回リニューアルでした。
小さな水族館ですが、なかなか見応えありますょ


> もう幻の魚とは言えないのかもねぇ~

そのマスター凄いですね
私の釣りをする友人が言うには
気配はあっても、なかなか釣れないらしいのですょ


> ここの道って結構オマワリ多くてねぇ~…

前職で毎週北見に行ってましたが
毎回、捕まってる車を見かけましたe-351
私も気を付けなきゃ
2012/07/31(火) 00:17 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
わわっ
新聞でやってた!! こんなに素晴らしくなったんですね!!
これはぜひ行かねばっ  
丁度今週末から知床行くので、寄り道してみます!
楽しみ~♪
2012/07/31(火) 19:55 | URL | カナリーヌ #-[ コメントの編集]
面白そう。
こんばんは~

滝壺水槽見てみたいです。どんな感じなのだろう。
興味がそそられるなぁ~
2mの巨大イトウ こんな魚釣ってみたい(爆)
食べたら旨いのかどうかも気になります~
2012/07/31(火) 21:31 | URL | 露天風呂マニア #bxvF113M[ コメントの編集]
Re: わわっ
カナリーヌさん、こんばんわ
コメントありがとうです。


> 新聞でやってた!! こんなに素晴らしくなったんですね!!

新聞やテレビでも宣伝してたね
子供より大人の入館が多いらしいょ

 
> 丁度今週末から知床行くので、寄り道してみます!

山岳犬ルパンも一緒?
もう回復したみたいだもんねi-184
知床気をつけてねe-463
私は、これから南に向かいます。
んで、朝風呂してくるね
2012/08/01(水) 20:44 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
Re: 面白そう。
マニアさん、 こんばんは
いつもコメントありがとうです。


> 滝壺水槽見てみたいです。どんな感じなのだろう。

豪快ですょ
そして、水も魚もキラキラと綺麗e-420


> 食べたら旨いのかどうかも気になります~

釣り友だちが言うには、食べられるけど
目つぶれるょって・・・e-350
それくらい釣るのが難しいってことでしょうかね

2012/08/01(水) 20:59 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。