日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平田内温泉「熊の湯」

「湯とぴあ臼別」で朝湯を堪能、「あわび山荘」お腹いっぱいになった後は、国道229号線の長磯海岸(奇岩ロード)を南下
奇岩ロードと言うだけあり、奇岩が点在していますが、その中でも、一際目を引く「親子熊岩」が現れます。

CA3C061167b.jpg
『親子熊岩物語』
大昔、生物の生存をおびやかす程の大嵐があり、山奥から飢えた親子熊が海岸に現れ、海岸に群れる蟹を小熊に食べさせていたが、蟹を追った小熊が、岩をすべり落ちてしまった。
親熊は夢中で溺れる子熊を助けるため手を伸ばすが、ぬれた岩に足をとられ、無残にも海中へ・・・それを見ていた海の神様は、子を思う親の愛の深さに心をうたれ、溺れる親子熊を救いあげ、愛の姿をそのままに岩に変身させたのだった。

CA3C061867b.jpg
連れに「夢がない」と指摘を受けちゃいましたが、私的には「小熊」は分かるんですが、親熊の大岩がそれこそ「臼別の大人伝説」に登場する大人(おおびと)に見えちゃうんですょ
口が耳まで裂け、身の丈が高く、恐ろしい形相をした怪物が、大きな黒い目に大口を開けてる様に・・・しかも髪型は角刈り・・・そう見えるのは私だけ?

・・・なんて夢がない事を言ってる間に、今回の湯巡りの第2の目的地に到着
駐車場には、既に1台のが駐車されてます。
先客が居ても、ココまで来て諦める訳には・・・
熊の湯駐車場1  熊の湯
荷物を持って歩いていると、八雲町のRV車がゲートを抜けて入ってきたので「乗せて行って~」と声を掛けると「直ぐそこだょ~あっはっは~

あはは・・・ホントに直ぐそこでした 駐車場から100mくらい
熊の湯1  熊の湯2
ガードレールから下を覗き込むと、平田内川の渓流沿いに丸太の脱衣小屋とオレンジ色の湯だまりが見えます
しかも先客が居ると思っていたら、誰も居な~~い

階段を渓谷側に下りて行と、男女別の脱衣小屋があるので、しながら服を脱ぎ

脱衣用の棚もあるので、きちんと脱いだ服は置きましょう
すると、先ほどの八雲町の役場の方が、脱衣所内の注意書きにもありますが「貴重品やは必ず、浴槽のところまで持って行ってねぇ~。上から丸見えだから女性はタオル巻いて良いですから~水はホースから出てますから・・・」と、わざわざ教えに来て下さいました

渓谷の大岩を刳り抜いただけの野趣あふれる無料の混浴露天風呂、温泉成分でオレンジ色になっちゃってて
熊の湯5

自分が真っ裸であることも、道路から丸見えって事も忘れ、飛び込んでしまいたくなっちゃったのでした
熊の湯7

すぐ横をゴーゴーと滝の様に流れる平田内川の渓流があり、木々の緑が覆い被さってくる素晴らしいロケーション
ただ、崖のようになっているので、足を滑らして転落しないように注意
かなり怖かった何度も背筋がゾクゾク
河  河1
昔、が居ぬ間に人々が湯浴みしたと言う「熊の湯」
この辺りは、ヒグマの生息地なのは間違いないのでしょうね

湯船は4~5名くらいの広さがありますが、しかし今日はこのロケーションもこの湯も貸し切り
あ~気持ちいい
熊の湯10
どっぷり浸かり、辺りの景色、渓流や木々の音を聞いて居ると、気持ちが良いの超越

52℃の熱めのナトリウム - 塩化物泉(旧泉質名:弱食塩泉)が岩の隙間から注がれています。
熊の湯8  熊の湯6
湯船横にはホースがあり、沢水が引かれているので湯温を調節する事も
※帰る時はホースを浴槽から出してね
この虫の居ない時季は、こんな山奥でものんびりできますねぇ
いつまでも渓流の音を聞きながら、大自然の中で湯浴みしてたかったけど・・・タイムリミット

帰り際「小熊の湯」と言う噴泉塔を覗いて「温泉玉子忘れてた」なんて話していると
噴泉塔
「熱いからヤケドしないで下さいょ~」と、親切な役場の方が現れたので、色々とお話をしていると、「どうぞ、見学して行ってください」って・・・
こんなラッキーな事、滅多にありませんょね
私たちは、そのお言葉に甘えさせて頂きました


※ここからは通常は立ち入り禁止の区域です。撮影・見学は全て許可をもらっています。

最初に源泉槽のある小屋に案内されました。
源泉3

これが3本の源泉井から源泉が送られ、この釜みたい物の中で混合泉に・・・
源泉2  源泉
お釜の蓋みたい蓋を開けて中を見せてもらうと、湯気湯気湯気3本の井戸のうち、1本が故障中のため、2箇所から源泉が噴き出してました。
この日は、修理に役場の方が来られて居たそうです。
旧熊石町の老人ホーム等の公共施設、4kmほど離れたところにある「あわびの湯」に給湯されているそうです。

こちらも源泉小屋
ポンプ
この小屋は、混合泉になる前の源泉がパイプから溢れ出ているので、入り口から覗くだけ

汲み上げられた源泉が、溢れ出て床がオレンジ色に染まっていました。
ポンプ3  ポンプ2
そして、配湯口からザ~ザ~外へ・・・豪快

櫓の方に案内されると・・・
7h@o.jpg

新しいポンプが設置さてて、3本目の井戸の復帰も間近の様子
ポンプ5  ポンプ4
そして、櫓の小屋で修理作業中の照れ屋さんのご夫婦を紹介され、源泉井のお話を聞くことが出来ました。

備品庫の中も外も配湯パイプでいっぱい
備品庫  備品庫1
この配湯パイプに付着するスケール(堆積物)の多さには、もう驚き
そして、そのスケールの除去費用とパイプの費用を聞いて、更に
老後は湯守でもしながら、ゆっくり生活したいと思っていた私ですが、ゆっくりなんか出来そうにないわ
私は、湯浴み専門で1つでも良い湯が閉鎖ならない様に、運転できる間は通うことにします
難しい専門的な泉質の話も良いかもしれませんが、ここで聞いた話も面白く、ますます温泉に興味が湧いたかも・・・

そして、帰りにスケール(堆積物)をお土産に貰いました。岩シューでないょ
土産
これを真湯に溶かして、顔を洗うとツルツル美人なっちゃうとかって

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓




平田内温泉露天風呂 「熊の湯」
住所 北海道二海郡八雲町熊石平町 
営業 24時間
休み 冬期間
公式サイトhttp://www.town.yakumo.lg.jp/modules/tmap/index.php?lid=107



(2012/10/10)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
貴重な体験
 Mちゃん、こんばんわ
旧PCにての作業お疲れ様です。
熊の湯でヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ体験したんですね~
普通の人には体験できない色々なものが見れて
聞かせてもらって・・・ラッキーとしか言い様がないね~
熊岩・・・確かに角刈り大人に・・・
2012/10/22(月) 23:22 | URL | きんちゃん #AzmySJ4g[ コメントの編集]
オレンジ色いいね(^-^)
超時間労働ご苦労様です。
予想より、はるかに早い仕上げ、UPでしたよ(笑)
UPより、俺が熊の湯に行く方が早いと思ってましたが…負けました(笑)
角刈り?伝説の大人?…お連れさんのいう事に、同感です!「夢がない」!!
あるのは…愛なんだよ!…愛に包まれたお話です(#^.^#)
2012/10/23(火) 04:22 | URL | 札幌温泉人 #-[ コメントの編集]
http://kan1957.blog.fc2.com/
Mちゃん

おはようございます…(^^)

遅いPCで頑張ってエントリーしてるね…(^^;)
お疲れ様です…m(_ _)m

熊の湯今年はまだ行ってないな~(^^;)
ここの噴煙塔毎年成長して大きくなってるん
だよね…(^ー^)
温泉たまご作るの忘れたの…ここの湯温65℃
位だから茹で上がるのに時間掛かるんだよね…(^^;)
20~30分入れて半熟トロトロの本当の温泉
卵が出来ますよね…(^。ー)
しかしMちゃん達ついてるね…(^0^)
役場の人が来てて源泉小屋を見せてもらってお話
出来るなんて…何回もここに行ってるけど役場の人
とあった事ないな…(^^;)
2012/10/23(火) 07:14 | URL | ゆぅ&かん #k9MHGdfk[ コメントの編集]
こんにちは
Mちゃんの、親子熊感想…おもろいw
これって、多分だけど子育てして沢山の経験をされてる
逞しい母親ならではが、言える言葉なのかもね(^^)
この、パイプの作業…熊の湯ではないけど
TVで二日ほど前に見ました。
…パイプに湯の花蓄積物が溜まるので
定期的にパイプ掃除作業。源泉相手だから火傷もたまに…
Mちゃんは現場を見て来たんですね~。ラッキーすぎる~w
2012/10/23(火) 12:12 | URL | ちな #SFo5/nok[ コメントの編集]
Re: 貴重な体験
きんちゃんさん、こんばんわ
コメントありがとうございます。


> 旧PCにての作業お疲れ様です。

e-351いや~参りましたょ
自分のブログを見るのにも、数十分も待たないと
見られないのょ~e-444
画像多すぎかな?


> 熊の湯でヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ体験したんですね~

ホントにラッキーe-53でしたょ
まさか見学させて貰えるなんてv-437
とっても親切な方で、色々な裏事情なんかも・・・笑


> 熊岩・・・確かに角刈り大人に・・・

でしょ?でしょ?
角刈りの怪物に見えるでしょ?
大人がこんな所に居たんですe-284
2012/10/23(火) 19:46 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
Re: オレンジ色いいね(^-^)
温泉人さん、こんばんわ
コメントありがとうございます。


> UPより、俺が熊の湯に行く方が早いと思ってましたが…負けました(笑)

てか、勝った私にサプライズは?(笑)
丸2日かかりました
画像編集にイライラでしたょe-442


> 角刈り?伝説の大人?…お連れさんのいう事に、同感です!「夢がない」!!
> あるのは…愛なんだよ!…愛に包まれたお話です(#^.^#)

実は、温泉人さんのブログを見た時から
親熊がどこに居るのか分からなかったのょ
小熊が大きな怪物にしがみついてる風に見えててe-351
ココに行った時、温泉人さんの説明を受けて、やっと親熊の居場所が分かったのでした(笑)
だから「愛だ」「愛だ」と言われても、「なんで?」と思ってたりして・・・
あの~夢がないと言うより、感性が豊かと言って欲しいなぁ~e-319
2012/10/23(火) 20:04 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
Re: http://kan1957.blog.fc2.com/
ゆぅ&かんさん、こんばんわ
コメント感謝です。

> 遅いPCで頑張ってエントリーしてるね…(^^;)

もう10年以上前のパソコンですからね
ひどいモンですょe-444
思い通りに動かないから・・・かなりe-262e-262e-262


> ここの噴煙塔毎年成長して大きくなってるん
> だよね…(^ー^)

時々、壊すようですょ
そうじゃないと、かなり大きく成長するのかな?


> 温泉たまご作るの忘れたの…ここの湯温65℃

そそそそ・・・かんさんのブログを見たら
温泉玉子を作ってたから、私も~って思ってて忘れちゃってたょe-443


> 出来るなんて…何回もここに行ってるけど役場の人
> とあった事ないな…(^^;)

平日に行ったのが良かったのと
ポンプが1つ故障中ってのが、良かったんだょね
いつか見学できたら良いですねv-218
2012/10/23(火) 20:15 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
Re: こんにちは
ちなさん、こんばんわ
コメント感謝です。

> Mちゃんの、親子熊感想…おもろいw

最初は親熊が居ないのに、何故?って思ってたんです。
どう頑張って見ても「角刈りの怪物が大口を開けて、小熊を食べようとしている」って(笑


> TVで二日ほど前に見ました。

何年か前に見たことあるわ~
熊の湯は札幌の業者にスケール除去を依頼するそうですょ
その費用を聞いて、e-233儲かるなぁ~とか思っちゃった(笑
2012/10/23(火) 20:28 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
こんばんは♪
スゴイ!!源泉小屋潜入ですか~w(°O°)w
管理している人の大変さが伝わる記事ですね♪
此れからも、ありがたく浸からせてもらわないと
そのスケール俺も欲しい。。( ̄¬ ̄)
ってゆう変な人も他にいるかも知れないので、
スケール売ればなんぼかでも費用の足しになるんだけどね~、、
売ってれば絶対買いますよ(笑)
2012/10/23(火) 21:28 | URL | 道産子おやじ #-[ コメントの編集]
Re: タイトルなし
道産子おやじさん、こんばんわe-320
コメント感謝です。

今週中にパソコンが戻ってくるので
そしたら、お邪魔しま~す(^-^)


> スゴイ!!源泉小屋潜入ですか~w(°O°)w

これは貴重な体験でした(^_^)v
熊の湯も、なかなか行けないので、
思い出深いものになりましたe-53

> そのスケール俺も欲しい。。( ̄¬ ̄)

え?
これ噴泉塔を鉄筋で突っついて、はぎ取ってくれたので
少々の持ち帰りなら良いのかも・・・未確認ですけど・・・


> 売ってれば絶対買いますよ(笑)

狙ってるのは、ツルツルイケメンおやじですねe-284
2012/10/25(木) 01:30 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
貴重な体験
凄い貴重なお話聞けたんだねー!!
いつも感謝してるよね、こういう湯守りの方々のお陰で、素晴らしい温泉に浸かれる幸せ!
そこ、友達が呑気にお湯に浸かってたら川のあちらに熊さんがいたって(笑)
2012/10/26(金) 23:40 | URL | カナリーヌ #-[ コメントの編集]
Re: 貴重な体験
沢ノボリーヌさん、こんばんわ
コメント感謝です


> いつも感謝してるよね、こういう湯守りの方々のお陰で、素晴らしい温泉に浸かれる幸せ!

ホントに「温泉」と一言で言っても、とても苦労してるんですょね
それに、維持費には、めちゃ驚きでしたょ


> そこ、友達が呑気にお湯に浸かってたら川のあちらに熊さんがいたって(笑)

熊の居ぬ間に・・・と「熊の湯」と名付けられただけあって
そんな近くに出没とはe-451
でも、あそこなら居ても不思議ないね
てか、呑気に浸かってるとは・・・根性入ってますねe-271
2012/10/27(土) 22:40 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。