日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山香食堂

初雪の舞う頃、富良野へ「オムカレー」を食べに向かいました。
21142000_4247695700_convert_20101107221555.jpg
美瑛町の美馬牛の山道を走行していると
落葉樹のオレンジと、昨日降った雪の白のコントラストが、とても綺麗で撮影したけど・・・

国道38号線(狩勝国道)沿いの「山香食堂」に到着
21142000_2370782023_convert_20101107222444.jpg 富良野市緑町9-20.
建物は、ちょっと・・・だけど
ここのオムカレーが、美味しいらしい

店内には、
『富良野オムカレーの6ヶ条』が壁に貼られいて、こだわりのオムカレーに出会えるのが楽しみ
一、お米は富良野産を使い、ライスは工夫を凝らす。
二、玉子は原則、富良野産を使い、オムカレーの中央に旗を立てる。
三、富良野産の「チーズ(バター)」もしくは「ワイン」を使う。
四、野菜や肉、福神漬(ピクルス)なども富良野産にこだわる。
五、富良野産にこだわった一品メニューと「ふらの牛乳」をつける
六、料金は税込み1,000円以内で提供する。

そして、メニューの横には『山香食堂のこだわり』が・・・わくわく
お米は富良野市内扇山地区で栽培された「ほしのゆめ」を使用
玉子は富良野市内老節布にある大西養鶏所の「さくらたまご」を使用
カレーソースに「ふらの赤ワイン」を隠し味
添え物には、山香オリジナルの「漬物」を使用
一品メニューは旬の食材を使った日替わり

そして、運ばれてきたオムカレー(800円)
21142000_2036558539.jpg
玉子がトロ~リトロトロプルプルしてて・・・
ワインの風味がよく効いたカレーソースにピッタリ
そして、珍しいメロンの福神漬
今日の一品は、富良野産の「とうきび(とうもろこし)」と「ジャガイモ(男爵)」のコロッケ、
ふらの牛乳の蓋をめくると、蓋の裏と瓶の縁に生クリーム状の脂肪分が


富良野の雪をイメージした「富良野ホワイトオムカレー」(800円)
21142000_1032031267.jpg
こちらは、数量限定です食べたい方はお早めに・・・
お味は、カレーの風味は薄く、バターたっぷりクリームシチューって感じでしたぁ

他、メニュー(ラーメン・豚丼・定食など)も600円~800円とリーズナブル

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



山香食堂
住所 北海道富良野市緑町9-20
 0167-22-1045
営業時間 11:00~20:00
定休日 第3日曜日



(2008/10/29食事)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。