日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そば天国村工房

 以前「北海道B級旅グルメ徒然記」で読んだ記憶はあったのですが、お連れさまが連れて行ってくれるまで、すっかり忘れてたお蕎麦屋さん

てか、この佇まい
そば天国村1
大丈夫なのか?どんな人が経営してるんだろ?

暖簾をくぐると「ようこそ、おかえりなさい」と・・・
そば天国2 そば天国3
でも、まだ和めないと言うか・・・不安と言うか・・・

入り口では、靴を脱いで古民家にお邪魔って感じ
そば天国村4
店舗の中は・・・ 昔のお婆ちゃんちだ
この建物は、そば打ち歴四十年以上の松野力さんが自ら建てられ、自営する民宿「北のゆりかご」内で「そば天国村」を営業しているそうです。

段ボールがそのままだったり、囲炉裏と薪ストーブだったり
囲炉裏と薪ストーブ 古いテレビと戸棚
古~いブラウン管テレビだったり、仮面ライダーが並ぶ古い茶だんすだったり

ここより奥にも客間がある様ですが、私たちは昭和を彷彿させる家財道具に囲まれた囲炉裏のあるこのお部屋でをいただく事にします。
そば天国村5 そば天国村7
テーブルの上にはお品書き「帳房」があります。

開くと変わり種のお蕎麦が目に留まり 鶏も鴨も苦手、どじょうは・・・と、困って
帳房1 帳房2
次のページを開くと美味しそうなメニューが (画像をクリックすると拡大します)

10分ほどで運ばれて来たのが「長いもの、かわり揚げそば」(730円)

(マウスオンすると画像が替わります)
ここ夕張市で種まきから収穫までの全てを自ら手がけた自家製の手打ち田舎そば、つなぎに夕張特産の長いもと烏骨鶏の卵を使い、独特のこしの強さが持ち味になっているそうです。

そして、江戸時代から漢方薬の原料や珍味の食材として飼育されてきた烏骨鶏の卵
烏骨鶏卵
烏骨鶏は、1年に50個ほどしか卵を産まないらしく、そんな貴重な卵をサービスしてくれました

そして、私がオーダーした「北のとろろ ろまん かわり揚げととろろ入り」(980円)

(マウスオンすると画像が替わります)
こちらは、紅葉山の板谷さんちの長いも(とろろ)とかわり揚げに烏骨鶏の卵入りで付きそうだね
つけ汁やつゆは、甘みとコクを凝縮させるため、土佐のかつおで出汁を取った後、を通してカメの中で一週間熟成させてる拘りのつゆでいただきます
先ほどから「かわり揚げ」なるモノが登場してますが、餅ような感触が特徴の長いも団子
作り方を教えて貰いましたが、時間と労力の手間暇がめちゃ掛かる上、蒸したり挽いたり、勘も必要で難しそう・・・諦めました

では、冷鉱泉が湧出しているらしく、予約さえすれば、五右衛門風呂での湯浴みも可能のことです
次回は、必ずや予約して訪問ですょね
また「そば天国」さんは、北広島店・江別店・輪厚店、平成16年 4号店となる「北のゆりかご店」がオープンし、平成22年 創業者松野力さんは会長職に退き、この『北のゆりかご そば天国村』で、お客様を楽しませてくれてます。

・・・と言うことで、松野さんとお連れ様、年齢も近いからなのか?
意気投合しまして、2人で歩いてどこかへ・・・追いかける私
なんと着いたのは「大夕張山荘 北の宿」
大夕張山荘
民宿「北のゆりかご」以外にも、民宿を経営されているのでしょうか

これまた こちらも昭和へタイムスリップ
古いステレオに扇風機に、交換手が出て繋いでくれる黒電話のはず・・・
大夕張山荘1 大夕張山荘3

その奥には、ご主人自慢のミラーボール付きステージがある宴会場
大夕張山荘 ステージ 大夕張山荘 宴会場
壁には、CDやレコードがズラリと並び、その中からご主人やお連れが懐かしいのかな
大音量で誰かの歌が流れだし~

そして、ご主人が「懐かしいだろ~」と取り出したのが、マンガ本や「平凡」
すみません、このマーガレット知らないです
「平凡」の表紙を飾るのは、西城秀樹らの御三家と桜田淳子。
藤井フミヤ率いるチェッカーズの「ギザギザハートの子守歌」のレコードは高校生でしたから懐かしかった
レコードチエッカーズ アコーディオン
「大夕張山荘」では、夕張岳に登山に来られた方々と、ご主人がケーナや何故か鍵盤に「ドレミファソラシド」と書かれたアコーディオンで、毎日ステージショーが繰り広げられるのでしょうか

そして、ご主人が写された北海道の山々の写真を見て、帰り際に間引きした夕張メロンを「漬け物にでもしなさい」と大量にいただき、帰路に付くことになりました。
気さくでお喋り好き、自然を愛する楽しいご主人でした

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。



そば天国村工房
住所 北海道夕張市南部大宮町8-1
0123-55-2666
営業時間  午前11時-午後2時
休日 不定休
そば天国(松乃家)公式サイトhttp://www.sobatengoku.com/index.html



(2014/06/18)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
味はさておき・・・
 Mちゃん、こんにちわ
蕎麦は田舎そばという事で太い感じですかね?
汁の色で判断すると醤油が濃そうでなんとなく俺の苦手な感じですが
この店は味はさておき行ってみたいっすね~
この建物と内装、レトロな品々だけでお金払えます(笑)
やはり夕張は探索に行かないとダメな地区だなぁ~と感じる記事でした。
2014/09/25(木) 12:18 | URL | きんちゃん #AzmySJ4g[ コメントの編集]
Re: 味はさておき・・・
きんちゃん、こんばんわ
コメントありがとうございます。

醤油色が濃いけど、そんなに濃くなかったと思いますが・・・
味覚は、人それぞれですからね
と言うか、味覚より視覚のお店でした。笑

ホントに昭和の初期の物が多くて、面白いですょ
でも、ここのオヤジさんが1番面白いv-218
2014/09/26(金) 22:26 | URL | Mちゃん(雨女) #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。