日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強アルカリの湯『オソウシ温泉』

 6年ぶりの復活リニューアルを果たした「かんの温泉」で、感動の湯浴み後は・・・
さて、次どこに行こう?
で、思いついたのが、廃業から復活したもう1軒の温泉宿へ行こう
道道718号線をトムラウシ温泉方面へ岩松ダム手前で右折
原生林の中、途中道が崩れている箇所もありますが、砂利道のオソウシ林道を7km
すると、オソウシ川渓谷沿い原生林に囲まれた中に赤い屋根の『オソウシ温泉 鹿乃湯荘』が見えてきます。

ん?営業してない?って思えるほどの鄙びた外観ですが・・・

秋田犬のケン君がお出迎え
オソウシ温泉 ケン君 オソウシ温泉 ケン君
秋田犬にしては珍しく、とても人懐こい子の様ですが・・・

違いますね
しっかり番犬のお役目を務めてる様子、1人1人の匂いをクンクンと確認
オソウシ温泉 ケン君
フレブル飼いの私は特に念入りに確認され中

玄関先には、温泉宿でよく見られる鹿の剥製が、更にたちを歓迎してくれます(?)
オソウシ温泉 鹿乃湯荘 オソウシ温泉 鹿乃湯荘

カウンターの前には自動券売機があるので、そこで入浴券(大人1名600円)を購入するのですが、今回もまたご主人がボタンを押して、釣り銭まで取ってくれました
何のための自動券売機なんだろね 発券された入浴券はカウンターの入浴券入れ
オソウシ温泉 鹿乃湯荘 オソウシ温泉 鹿乃湯荘
ロビーのコーナーには、もうストーブが置いてあると言うか、は大雪の山の中、夏なんてあっという間に去ってしまうので、ずっと置きっ放なしかな?
明日には平野部でも初冠雪と予想されているので、既にこのストーブも点火中でしょうね

廊下の先には、男女別の脱衣・浴場入り口強アルカリのツルツルの湯が楽しみですねぇ
気づくと早足になってたりして
オソウシ温泉 鹿乃湯荘 オソウシ温泉 鹿乃湯荘
その手前に温泉分析書も掲げられてます。

源泉名  オソウシ温泉
泉 質  低張性アルカリ性低温泉 (単純硫黄泉)
泉 温  26.9℃(気温12℃) 湧出量 155リットル/min
知覚試験 無色澄色 ほとんど無味 硫化水素臭
ph値    10.0
成分総計 0.235g/kg
試験日   平成17年11月

では、久しぶりのツルツル温泉を堪能しましょう
浴場への入り口を開けると、微かな硫黄の香りこれくらいが丁度良いですね
オソウシ温泉 鹿乃湯荘
は~い。女湯狭いで~す。

手前に源泉が満たされている小さなお一人様ポリタブと掛け湯槽
オソウシ温泉 鹿乃湯荘 オソウシ温泉 鹿乃湯荘

泉温24~26℃と、ちょっと冷たいけど、源泉ポリタブの方にザブ~ン
この源泉はph値10.0と北海道で断トツの強アルカリ性  
オソウシ温泉 鹿乃湯荘
ツルンツルンと気持ち良いょ~
かつて強アルカリ性温泉と言えば、世界でも数少なかったそうですが、掘削技術が向上すると非火山性・深層地下水型の温泉に時々見られるようになったそうです。
しかし、オソウシ温泉の様な強アルカリ性の自然湧出泉は、やはり希少なのだそうです

大きな浴槽には加温されたツルツルの湯が、古代ローマのテルマエな気分が味わえる様にライオンの口から注がれ、贅沢にも掛け流されておりますが、これにはちゃんと理由があるんですょ
アルカリ性の水を好む熱帯魚や海水魚を飼育されてる方ならご存知だと思いますが、湯(水)を循環させてしまうと、空気中の二酸化炭素と結合してph値が低下し、最終的には中性(ph7.0)に近い状態になってしまうんです。
それでは、折角のph10.0の湯が台無しになってしまいますものね
オソウシ温泉 鹿乃湯荘 オソウシ温泉 鹿乃湯荘
そして、女湯の洗い場は増設したって感じです。
露天風呂出入り口付近の床が、ちょっと腐って穴が開いてるので、出入りは気をつけましょう

で、他の男性客は露天で湯浴み中と、お連れ様に確認したので、錆だらけのカギを解錠
ちょっと覗かせていただくと・・・・男湯は広いですねぇ~
オソウシ温泉 鹿乃湯荘 男湯 オソウシ温泉 鹿乃湯荘 男湯
源泉浴槽もポリタブでなく、カランやシャワーも女湯と違い通常の浴場内にあります。

さてさて、他の女性客も露天で湯浴みしている様なのでも・・・
と思い、外に出てチョーーービックリ
男性客が女湯の露天に居るじゃないですか
それなのに、根っからの日本人の私は「すみません。ごゆっくり~」って・・・

内湯に戻って、暢気にピース写真なんか撮影してたけど、ど~考えても私が「すみません」ではない
しかも、女湯なのに男性に「ごゆっくり」って、それ絶対に違うだろ
オソウシ温泉 鹿乃湯荘 オソウシ温泉 鹿乃湯荘
すると、「申し訳なかったです。ごめんなさい。露天にどうぞ」と女性客が、ちょっと焦った様子
怒ってても、仕方ないので・・・(てか、最初から怒ってないけど)

の露天で、そんな固いこと言っても・・・ね
男性露天と板で仕切られてるだけで
オソウシ温泉 鹿乃湯荘 オソウシ温泉 鹿乃湯荘

オソウシ川沿いの源泉風呂からは、女性露天が葦簀(よしず)で目隠しされてるだけなのでチラ見状態
オソウシ温泉 鹿乃湯荘
つまり、半混浴に近いです

の露天の簡素な・・・・・大雑把な作りにも驚きですが
オソウシ温泉 鹿乃湯荘
もっと、驚くのが源泉風呂の脇にそびえ立つヒューム管

この源泉塔に温泉成分が堆積して凄いことになってます
オソウシ温泉 鹿乃湯荘  オソウシ温泉 鹿乃湯荘
まるで氷柱だ

大雪山の自然の中、のんびりとツルツルの湯を楽しんだ後は
オソウシ温泉 鹿乃湯荘

水分補給してから、10:00~16:00まで利用可能な休憩室で、更にのんびりしましょう
オソウシ温泉 鹿乃湯荘 オソウシ温泉 鹿乃湯荘
の休憩室には薪ストーブがあるので、冬には薪の良い香りも楽しめるのでしょうね

番犬として見回りも大変なんでしょう
オソウシ温泉 鹿乃湯荘
おやすみ中だったので、そ―――っと帰ることにしました

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



オソウシ温泉 鹿乃湯荘
住所 北海道上川郡新得町屈足オソウシ鹿ノ沢330
  0156-65-3338
営業時間  10:00~20:00
入浴料  大人:600円・小人(小学生以下):300円※日帰入浴回数券(6枚綴り) 3,000円
定休日 
貸部屋  1時間 500円
公式サイトhttp://osoushi.foodsnet.net/
こちら過去記事http://kurumi2002217.blog77.fc2.com/blog-entry-145.html



(2014/09/03)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
 Mちゃん、こんばんわ
オソウシ、最近行ってないなぁ~新しいオーナーになってからも
最初はオソウシ復活で嬉しくて通ったけど一昨年の道路が通行止めに
なっちゃって逆からしかいけなくなってから行かなくなりました。
もう普通に行けるようですが一回遠のいた足はそちらに向かなくなってます。
ただ、この記事見たら又、行きたくなってきちゃいました。
オソウシは夏の暑い時期がベストですが時期間違うとアブの攻撃受けるんですよね~
女性用の浴槽は久々に見ましたが以前はこちら側が男性用で
何度も入った記憶がありますが洗い場のシャワーやカランが
新しくなってるんですね~
露天もこれでも以前と比べて境を増やしてるんですよ~
昔はほぼ完璧な混浴でしたから(苦笑)
あぁ~あのツルツルを久々に味わいたくなってきたなぁ~
2014/10/28(火) 03:16 | URL | きんちゃん #AzmySJ4g[ コメントの編集]
Re: No title
きんちゃん、こんばんわ
毎度のコメント、とても感謝してます。

そうそう。
通行止めになってましたょね
ヌプンの帰りに寄ろうとして、通行止めだったので
また戻るの面倒で、行くのやめましたもの

あの露天で、細かいこと言ってたら
露天は入れないですょね
男女の境も気休めって感じですし(笑)
2014/10/30(木) 23:36 | URL | Mちゃん(雨女) #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。