日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能取湖「卯原内サンゴ草群落」と能取岬

 能取湖は、オホーツク海とつながる日本の湖沼では14番目面積の大きな塩水湖です。
その湖畔のあちこちにサンゴ草群落が点在し、9月になると全体が深紅の色を帯び、真っ赤な絨毯が能取湖に広がります
能取湖の南岸・卯原内(うばらない)に38,000㎡のサンゴ草大群落が広がっていましたが、平成22年に環境改善のために搬入した土砂がかえって悪影響を与えて、群生地が縮小してしまいました
 翌年「網走市能取湖サンゴ草再生協議会」を立ち上げ、群生地の再生に向けてオール網走で「種の採取」と「種まき」を行った結果、サンゴ草は徐々に回復し、平成25年には全体の3割程度、平成26年には全体の6割程度まで再生し、今年度は出芽の段階から生育状況も非常に良いことから、先日の「平成27年8月31日にサンゴ草復活宣言」に至りました

 その2日後、はその地に立って居ます (マウスオンすると画像がかわります)

予定では、真っ青の空と真っ青な湖水との見事なコントラストをつくりあげている予定でしたが・・・本日、全道的に大雨注意報が発令中

 能取湖には、卯原内(うばらない)地区・能取(のとろ)地区・美岬(みさき)地区・平和地区と4ヶ所の群落地があるのですが、こちらの「網走国定公園」内の卯原内群楽が、今回の復活宣言の群落です。(マウスオンすると画像がかわります)

遊歩道も整備されているので、ブラブラ歩く人にを構える人、某国の観光客も居なく、とっても静か…

綺麗ですね (マウスオンすると画像がかわります)

ただ青空がないのが残念すぎる

 毎年、9月中旬には「サンゴ草祭り」も卯原内で開催され、奏会やホタテ、ツブ貝などの海産物グルメが味わえ、多くの観光客で賑わう様です。

(マウスオンすると画像がかわります)

赤とんぼが産卵してるけど・・・これは雨上がりの水溜まり産卵しているのと同様に無茶だね
能取湖 卯原内サンゴ草群落  能取湖 卯原内サンゴ草群落

 サンゴ草は、正式名称をアッケシソウと言い、寒帯地域に広く分布する植物です。
アッケシとは北海道の厚岸のこと。明治時代に北海道の厚岸湾で見つかったことから、その名が付いたそうです。

葉の生えない珍しい草でアカザ科の草。 (マウスオンすると画像がかわります)
草丈は15cm~30cmの小さな植物で、塩湿地に生息する塩生植物の仲間で、特に強い耐塩性を持っている種類。能取湖は海跡湖のため塩湖ですから、サンゴ草の生育にぴったりな環境がそろっているそうです

 一方、厚岸の「サンゴ草」はと言うと、昭和27年(1952)の十勝沖地震や昭和35年(1960)のチリ沖地震などにより牡蠣島の地形が変化し、干潮時でも水没している状況になり、今後、回復も見込めないことから、平成6年に天然記念物の指定が解除され、試験栽培地を造成するなどし、人工栽培を行いアッケシソウの保護増殖に取り組んでいるそうです。
また、アッケシソウ自体が平成12年(2000)の環境庁(当時)発表の植物レッドデータブックに絶滅危惧ⅠB類として挙げらています。

 真っ赤な絨毯に青い空に青い湖水とはなりませんでしたが、真っ赤な絨毯の上をゴロゴロしたい気持ちを封殺して、能取岬に移動してみることに・・・
能取岬の近くには、オホーツク海にダイブしていく様な…ちょっと興奮しそうなくらい素敵な景色が見られる道があります。
40~60mの断崖が網走河口からオホーツク海にのび、先端に白黒の灯台が見えます

ちなみに「能取」って、アイヌ語の「ノッ・オロ」(岬のところ)に意味。(マウスオンすると画像がかわります)

遊歩道もあるので、岬周辺を散策することも

アザラシ生息地でもあるのですが、この日は不在の様です。(マウスオンすると画像がかわります)

晴れていれば、知床連山も一望できるそうで・・・でも、この日は
能取岬
網走市営「美岬牧場」のの放牧も見られるそうです

 灯台より先端に「水産日本の発展を希望」し漁民の像「オホーツクの塔」も立っていますが・・・
詳しいことは分かりません。気になる人はググッてみて下さい
能取岬  能取岬

参考になったと思われた方は、
是非↓↓↓こちらをクリックしてね



卯原内サンゴ草群落
群生地 北海道網走市卯原内60付近
お問い合せ 卯原内観光協会 0152-47-2301



(2015/09/02)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
 Mちゃん、こんばんわ
能取湖が9月になるとこんなふうになるなんて知りませんでした。
珊瑚草っていう植物も知らなかったし・・・俺って無知・・・
環境改善させようとして群生地が縮小とは皮肉なもんだなぁ。
それでもここまで回復させたのは関係者たちの努力は
すごいものだと思います。
アッケシソウ、アップで見るとすごく綺麗ですね。
こういうのはなくして欲しくないものです。
2015/09/06(日) 18:15 | URL | きんちゃん #AzmySJ4g[ コメントの編集]
Re: No title
きんちゃん、こんばんわ
コメントありがとうございます。

きんちゃんが知らなかったなんて
とっても驚きでしたe-452
まだまだ見頃が続いてるので、是非行って見てください。
完全復活ではないそうですが、綺麗ですょe-461
2015/09/10(木) 19:18 | URL | Mちゃん(雨女) #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。