日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸瀬布昆虫生態館

 1928年(昭和3年)に雨宮製作所製造の「雨宮21号」が走る丸瀬布森林公園「いこいの森」そばにある丸瀬布昆虫生態館へ (マウスオンすると画像が変わります)

幼虫系や多足類は無理ですが、コウチュウ目類はカッコイイなんて思っちゃいます
地元昆虫同好会が「いこいの森へ遊びに来た人に生き物とのふれあいをもってもらいたい!」という思いから、「昆虫の家」を作ったことが始まりだそうで・・・
生きている昆虫を一年中展示ており、丸瀬布の昆虫を中心とした1500点以上の標本コーナー、売店コーナーなども併設されています。

入館前の注意事項は虫除けスプレーは禁止かどうかは分かりません
昆虫生態館

入館すると、ドーーンと真っ正面ゼブラ柄で派手な昆虫展示コーナーが

(マウスオンすると画像が変わります。スマホはタップしてね)
哀川翔さん自身が育成したやクワガタムシ26匹を寄付したコーナー「アニキの森」
実は本日の目的は、コレだったりして

2012年に「まるせっぷ昆虫大使」を任命され、「カブトムシ・クワガタ特別学芸員」になった哀川翔さんをはじめ、勝ちゃんや中野英雄さんのサインもあります。
昆虫生態館  昆虫生態館

アニキのアクティオンゾウカブトにアニキのニジイロクワガタが居たり
昆虫生態館  昆虫生態館
全部に「アニキの」って吹き出しが貼り付けられてる

そして「アニキのカブト」も・・・ギネス最大記録を更新した巨大カブトのご兄弟だそうです。
兄弟・・・
昆虫生態館  昆虫生態館
兄弟とバカにしてられません
facebookでお借りした画像になりますが、丸瀬布のカブトムシと比べると巨大
日本のカブトムシだって、海外のカブトに負けてませんね
他にも、アニキの幼虫たちに、アニキのサキシマヒラタが飼育され、哀川翔さんのオリジナルグッズも販売されています。

・・・と言うことで、「アニキの森」も見たので、にでも・・・と思いましたが、折角なのでゆっくり見てみることにします
昆虫生態館  昆虫生態館
さすが夏休みですね子供達がいっぱい

ムシキングに出てくる昆虫たちの標本などの数々の標本
昆虫生態館  昆虫生態館
でも、生体の方が人気あるようですね

それも、やっぱり中南米原産の世界最大の「ヘラクレスオオカブト」や世界最強と名高い「コーカサスオオカブトムシ」に東南アジア「ツヤクワガタ」などの大型のコウチュウ類が大人気
昆虫生態館  昆虫生態館

生体や標本ばかりに、目が向いちゃいますが、見上げると大きな蝶が居ますね
昆虫生態館

では、蝶の広場に行ってみましょう
昆虫生態館  昆虫生態館
蝶の広場前にもに、枝に擬態している「ナナフシ」や「イリオモテモリバッタ」なども展示されています。

蝶の広場への扉を開けと、ブーゲンビリアやハイビスカスが咲く熱帯植物園の温室の様な蒸し暑さ
昆虫生態館

では、3種のが見られるんですね

(※画像はクリックすると拡大します)

さっそく、大きなチョウが現れましたね
昆虫生態館  昆虫生態館
東南アジアに広く分布し、日本では喜界島、与論島以南の南西諸島に分布、日本のチョウとしては最大級の「オオゴマダラ」
ゆっくりと羽ばたきフワフワと滑空するような飛び方と羽の模様が新聞紙が風に舞っているように見えることから、『新聞蝶』と呼ばれることもあるそうです。

手を近づけても、逃げませんね (チョウには触れてはダメです)
昆虫生態館
オオゴマダラの幼虫は有毒のホウライイケマの葉を食べ、その葉を食べることで毒を体内にため込み、他の動物から捕食されることを防き、この毒は蛹や成虫にも残っており、目立つ体色は毒をもっていることを周囲に知らせる警戒色となっているそうです。

また、この「リュウキュウアサギマダラ」も食草のガガイモ科植物に含まれるアルカロイドを体内に持ったまま成虫になるので、食べても苦いらしく、それによって鳥に食べられるのを防いでいるそうです。
昆虫生態館  昆虫生態館

ラナタナの蜜をいっぱい吸ってますね
昆虫生態館
奄美大島などでは集団越冬をする蝶で有名ですね

トカラ列島や沖縄地方に分布する「シロオビアゲハ」
昆虫生態館

シロオビアゲハの雌には、白い帯に加えて赤色の斑点がある「ベニモン型」と呼ばれるシロオビアゲハも居ます。
昆虫生態館  昆虫生態館
有毒のベニモンアゲハに体色を似せることで、敵から身を守っているらしいょ
ヒラヒラと弱々しいチョウだけど、食べたら苦かったり、有毒に見せたり、集団で越冬したり、私たち人間よりずっと強いのかもしれないですね

次は生態展示室へ・・・

(マウスオンすると画像が変わります。スマホはタップしてね)
丸瀬布に生息している生物を自然に近い形で展示しています。

の稚魚」に「ヘイケボタルの幼虫」、ゲンゴロウにエゾサンショウウオ.なども・・・
昆虫生態館  昆虫生態館

広葉樹林の伐採や特定外来種のウチダザリガニに生態を脅かされている絶滅危惧Ⅱ類の「ニホンザリガニ」
しかし、丸瀬布ではまだたくさん見られますが、遠軽町には既にウチダザリガニが生息しているそうなので、将来が心配です
昆虫生態館  昆虫生態館
何故か外来種の「セイヨウミツバチ」も展示中です。

最後に昆虫以外の・・・虫
昆虫生態館  昆虫生態館
最も美しいと言われることがあるタランチュラ「毒蜘蛛アンティルピンクトゥー」と世界最大級のオオヤスデ「タンザニアオオヤスデ
美しいだろうが、意外と気持ち良かろうと足が多いの無理
でも、ちょっと調べてみると・・・タンザニアオオヤスデ君、どう見ても毒持ってそうな風貌だけど、実はまったく無害で平和的な生物なんだそうで
自然界での役割はミミズと同様完全なる腐食食性で、害があるどころか益虫なんだそうですが、うっかり踏んでしまったりすると、めちゃ臭い液を分泌するのだそうです
・・・と言うことで、今回は虫特集でした

参考になったと思われた方は、
是非↓↓↓こちらをクリックしてね



丸瀬布昆虫生態館
住所 北海道紋別郡遠軽町丸瀬布上武利68番地
 0158-47-3927
利用時間 9:00~17:00(冬期 10:00~16:00)
定休日 毎週火曜日 (祝日の場合翌日)
年末年始・ゴールデンウィーク・夏休みは無休
料金 一般400円 高校生以下 150円 幼児無料



(2015/08/10)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
行こうと思ってたんだけど・・・
 Mちゃん、こんにちわ
ここ、キャンプ場が近くにあるよね?
ここ、今年の夏に行こうと思ってたんだけど
カミさんと子供と予定が合わずに行けなかったところなんだぁ~(涙)
カブトやクワガタは子供達にとって宝物だ!って思っていたけど
うちの子はあまり興味ないんだよなぁ~(涙)
行ったら俺の方が興奮しちゃいそうです(苦笑)
アニキの事は下調べで知ってましたがギネスの兄弟分がいるとは
知りませんでした。
来年のキャンプで行くこと決定だな・・・俺が行きたいからだけど・・・
2015/09/22(火) 11:56 | URL | きんちゃん #AzmySJ4g[ コメントの編集]
Re: 行こうと思ってたんだけど・・・
きんちゃん、こんばんわ

何でも、ここの花火が凄く綺麗らしく
1月4日に役場で夏のキャンプ予約が始まるらしいんだけど
朝9時に電話しないと予約がとれないって聞きましたょ
花火に列車に昆虫に・・・温泉もあったね
遊び放題ですょね
私も子供が小さかったら、行ってみたいと思いました。
是非、レポってみて下さい(^^)/

2015/09/28(月) 19:45 | URL | Mちゃん(雨女) #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。