日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芽登温泉ホテル・巨岩の湯

 道道88号本別留辺蘂線、置戸町より55km付近に温泉案内が現れます。
そこから、鬱蒼と茂るトドマツやエゾマツの原生林の中、ヌカナン川に沿って進む未舗装の林道を3km
ここの地名はアイヌ語のメトッ( 山奥)に由来しているそうです。

(※マウスオンすると画像が変わります。スマホの方はタップすると画像がか変わります。)
がパッと開けると、真っ赤な屋根の「芽登温泉ホテル」が現れます。
ここのはアイヌの方々には古くから知られていたそうですが、「発見」「開湯」されたのが1901年(明治34年)。
それ以来、100年以上にわたり湯治の湯として非循環、非塩素、非濾過、自然湧出 源泉100% 掛け流しが守り続けられているので、今でも多くのファンがを訪れるのでしょうね

から降りると森の香りと微かに温泉の香りが・・・もうたまりません
温泉は逃げないのに、足早に芽登温泉ホテルの入り口へ向かう
入り口には会員の証 『日本秘湯を守る会』の提灯が下がっており、その横の小さな窓口で入浴料を支払います。
芽登温泉・巨岩の湯  芽登温泉・巨岩の湯
「2名で1,040円です。」と案内され、支払ったのですが、今年の4月頃から少々システムが変更になった様で、窓口の横に貼られている案内を読まなかったばかりに・・・のちにガッカリするハメに・・・
案内画像はクリックすると拡大しますので、よく読まれると良いと思います。

左側の廊下の奥が大浴場 (※マウスオンすると画像が変わります。スマホの方はタッフして下さい)

こちらにも『日本秘湯を守る会』の提灯が下がって、秘湯感満載
大浴場入り口付近はリフォームされ、座り心地良さそうなソファにも変更されて、掲示物もスッキリと温泉分析書と「当温泉は飲用許可を取得していないため、飲用なさらないでください」って貼り紙が・・・え以前来た時は黄色のコップまであったのに・・・
別に温泉を飲みに来たワケでないので、それはソレで・・・

源泉名 湯元1号、湯元2号、混合泉
泉質 アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性高温泉)(旧泉質名:単純温泉)
泉温 51.4℃(気温 -2℃)
知覚的試験 無色澄明・無味・微弱硫化水素臭(採水後28時間・無臭)
ph値 9.1
成分総計 0.247g/kg
試験日 平成21年3月

脱衣所もリフォームされたかな?綺麗になったかも・・・
芽登温泉・巨岩の湯  芽登温泉・巨岩の湯

でも、あの古い昭和32年の温泉分析表はそのまんまです (※クリックすると拡大します)

廊下にもありましたが、脱衣所にも貴重品ロッカーがあるので、長湯してても安心です
また「当館の給湯・冷暖房システム」の図解も貼られてたので、見てみると
2つの湯口のうち、1つは熱交換機を使用しているので冷たいですが100%温泉水です。
その熱エネルギーは、館内の暖房やシャワーなどの給湯の加熱に利用し、また冷房は湧水を冷熱源としてるそうです。

では~久しぶりの芽登温泉の湯を堪能しましょう
芽登温泉・巨岩の湯
澄んだお湯が浴槽から溢れてる光景は、まで来て良かったという気持ちにさせてくれます

また女湯はヌカナン川の渓流に面しているので、眺めもこの通り
芽登温泉・巨岩の湯  芽登温泉・巨岩の湯
大露天風呂への入り口に木製のフェンスが見えますね
大露天風呂も変わったのでしょうか

以前は出入りが丸見えで、女性風呂に入るなとか、覗きは犯罪です。などとアホなお客のために苦労していた様ですが・・・
芽登温泉・巨岩の湯  芽登温泉・巨岩の湯
フェンスがあるとたち女性も安心感は

本日の1番の目的は、大露天風呂(混浴)だったので、早速


渓流沿いを降りて行くと・・・
芽登温泉・巨岩の湯

向こうに脱衣所らしき建物が・・・
芽登温泉・巨岩の湯

暖簾に「巨岩の湯」と書かれているけど、新しい大露天風呂なのかな
芽登温泉・巨岩の湯

脱衣所のもう1枚のピンクの暖簾を潜ると・・・
芽登温泉・巨岩の湯

そりゃ~もう~ビックリ
(※マウスオンすると画像が変わります。スマホの方はタップすると画像がか変わります。)

モザイク柄の青い湯底が余りにも綺麗過ぎます
新聞記事に寄ると、今年4月28日に完成した3つ目の露天風呂「巨岩の湯」なのでした

芽登温泉・巨岩の湯  芽登温泉・巨岩の湯
ヌカナン川を眺め、時には水を飲みに来るエゾシカやキタキツネ、運が良ければシマクフクロウも見る事が出来るそうです
湯口は2ヵ所、岩組した間から湯が注がれ、ちょっと味気ない塩ビパイプから排湯されています。

ここにも『日本秘湯を守る会』の提灯があり、秘湯度アピール
芽登温泉・巨岩の湯
20名くらいは湯浴み出来そうな広さです。
スベスベ感たっぷりの優しい湯に浸かって、待ってたのですが、それにしても・・・連れが来ませんね

先ほどのフェンスのところまで戻って、大露天風呂の方に声を掛けてみると「施錠してあって“巨岩の湯"に行けないょ」って・・・
混浴しながらお喋りしたかったのに、他に男性客も居ないと言うので、フェンス越しにお喋りとなってしまいました
以前の混浴露天が、現在は男性専用の露天風呂になり、あのお昼寝していたヘビも居ないとか・・・
芽登温泉・巨岩の湯(2009年撮影)
景色は「山の斜面が素晴らしく見えるょ」と・・・ 男湯露天ちょっと可哀想かも

内湯に戻ると、ドアの曇ったガラスに「ご利用案内」が貼られてました

(※クリックすると拡大します)
ちょっと字が見難い上ビデオ撮影に気を取られていたのと、受付横の「巨岩の湯案内」も見落としてました
男性専用・女性専用・混浴・貸切と時間制になり、混浴は13:30~ですが、既に14:00過ぎ、全く解錠してくれる様子もなく・・・更に(カッコ)内をよく読むと、混浴での利用の場合は、当館指定の湯浴着(レンタル費300円)着用厳守になってました
今更、また服に着替えて湯浴み着を借りに行くのも・・・時間が無く
てか、受付で混浴のこと声掛けてょ~

・・・と言うことで、本日の混浴は諦め、内湯と女性専用露天風呂で〆て帰ることにしました
混浴希望の方は、公式HPや館内の案内掲示物や入浴料支払時に受付窓口に確認してね
は、そのうち「巨岩の湯」リベンジの予定ですが・・・
《内湯・女性専用露天につづく》

参考になったと思われた方は、
是非↓↓↓こちらをクリックしてね



芽登温泉ホテル
住所 北海道足寄郡足寄町芽登2979番地 
 0156-26-2119
日帰り入浴 10:30~20:00(閉館)
巨岩の湯 10:30~12:00 男性専用
12:00~13:30 女性専用
13:30~20:00 混浴(湯浴着着用)
料金(税込) 大人:520円(中学生以上)小人:250円(3歳児から小学校6年)乳児:150円(3歳児未満)
公式サイトhttp://metouonsen.jp/
過去記事http://kurumi2002217.blog77.fc2.com/blog-entry-68.html



(2015/09/09)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
すげ~!
 Mちゃん、こんばんわ~
女性用露天、すげ~!こんな風になったんだぁ~!
コリャ参考になった!是非男用の時間にいってみようと思いました。
男用の露天は以前から素晴らしいと感じていましたが
これを見ちゃうとここに入りたくなっちゃったよ・・・
冬の雪見も良さそうだなぁ。
帯広からなら結構近いので俺でも行けるな!
ナイスな記事、ありがとうっす!
2015/09/28(月) 22:00 | URL | きんちゃん #AzmySJ4g[ コメントの編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/09/29(火) 17:59 | | #[ コメントの編集]
変わった
こんばんは~

かなり変化しましたね。
露天風呂とか増えたのはいいことだけど、
色々と面倒な部分も増えたようですね。
2015/09/29(火) 20:11 | URL | 露天風呂マニア #bxvF113M[ コメントの編集]
きんちゃんへ
きんちゃん、こんにちわ
レスが、またまた遅くなってしまい、申し訳ないです。

巨岩の湯は、時間を確認してから湯浴みしてね
じゃないと、男性は山肌と高いフェンスを眺めることに・・・(^◇^;)
経営者が変わり、他にも変わったところがあるかもしれないので、確認するのが良いかも・・・
2015/10/05(月) 14:51 | URL | Mちゃん(雨女) #-[ コメントの編集]
鍵コメさんへ
鍵コメさん、こんにちわ
そして、コメントありがとうございます。

お出かけ時に参考にしてます。って言われるのが1番嬉しいです。
そのためにも、正確なことを書かないとなりませんね。

気分屋で、気ままな私ですから、更新しなかったり、レスが遅れたりしますが
今後も当ブログを宜しくお願いします。
2015/10/05(月) 15:05 | URL | Mちゃん(雨女) #-[ コメントの編集]
マニアさんへ
マニアさん、こんにちわ
コメントありがとうございます。

面倒と言えば、かなり面倒(;^_^A
混浴が苦手な人には、良かった様ですが・・・

あとはFBで書いた通りの接客でした。
2015/10/05(月) 15:08 | URL | Mちゃん(雨女) #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。