日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロッジ・ヌタプカウシペの混浴露天

 友人と向かうは、北海道最高峰・大雪山旭岳(2291m)の中腹にある日本有数の高山温泉地は旭岳温泉郷「ロッジ・ヌタプカウシペ」
最近、温泉に目覚めた友人に「ど~しても、ここの露天の素晴らしさ」を堪能してもらいたく
混浴というハードルはあるけども、平日なので大丈夫だろ~と・・・

(※マウスオンすると画像が変わります。スマホの方はタップすると画像がか変わります。)

天然木をふんだんに使用した温もりあるロッジ
ロッジ・ヌタプカウシペ  ロッジ・ヌタプカウシペ
カウンター越に女将さんに入浴料のを手渡し

食堂を抜けてロッジの外に出て、張り出しテラスから露天風呂へ
ロッジ・ヌタプカウシペ  ロッジ・ヌタプカウシペ

1年ぶりに訪れると、天然の素材を生かした素敵な靴置き棚が出来ていたり・・・
ロッジ・ヌタプカウシペ  ロッジ・ヌタプカウシペ
脱いだ服を置く棚が木製の箱から、これまた素敵な棚に作り替えられてます。
2人で「キャーキャー」言いながら脱衣、修学旅行生か?

・・・と言うのも、脱衣場から張り出しテラスと道路が丸見えなもので・・・
ロッジ・ヌタプカウシペ

友人が初めて見る「ロッジ・ヌタプカウシペ」の露天は、本日もキラキラしてて
まるで、野湯の様に大雪の自然が辺り一面に広がっています
もちろん、友人は「うぁ~」と息を呑んでいる様子、気に入ってくれたかな?

(※マウスオンすると画像が変わります。スマホの方はタップすると画像がか変わります)

早速、湯浴み開始2人で、足見せ撮影

さんも加わり…(※マウスオンすると画像が変わります。スマホの方はタップすると画像がか変わります)

身体も温まったので、の露天風呂には、もう1つ秘密の露天風呂があるので、そちらにも行ってみましょう
の露天風呂は上下の2段式で、上の大きな露天風呂から溢れた湯が下の露天風呂へ流れ込む仕組みになっています

(※マウスオンすると画像が変わります。スマホの方はタップすると画像がか変わります。)

勇駒別川の流れを眺めながらの湯浴みは格別ですね
ロッジ・ヌタプカウシペ  ロッジ・ヌタプカウシペ  
温泉が発見されたのは1914年(大正3年)。この一帯はアイヌ語で「湯に向かってゆく川」という意味を持つ「勇駒別」(ゆこまべつ)と呼ばれたことから勇駒別温泉と名付けられましたが、1982年(昭和57年)に旭岳温泉に改名されました。
また勇駒別川周辺からは、現在もあちこちで温泉が湧出しているそうです。

気づくと、直ぐ脇にヘビの抜け殻
ロッジ・ヌタプカウシペ
本日、これ脱ぎっぱの本人が見あたりませんね
どこかで、日向ぼっこでもしてるかな?

が苦手な友人を呼んでも、下の露天風呂に下りて来てくれません
ロッジ・ヌタプカウシペ
と何度も混浴しているでも余り気持ちの良いもんじゃないから・・・ね

2人でのんびりしていると、そこへ女将さんが現れ
「外国のご夫婦なんですが、混浴したいと言うんですが、一緒に良いですか?」と
の露天風呂で初混浴平日だから大丈夫だろ~と思っていたんですが、ダメと言う理由もなく・・・
ロッジ・ヌタプカウシペ  ロッジ・ヌタプカウシペ
オランダからのお客さんで、何とか身振り手振りの真っ裸ジェスチャーでの会話
緊張しながらも、楽しい時間を過ごし、オランダのご夫婦に・・・

ロッジ内には男女別の内湯があります。
女湯は朱紅色の緋桂造り、男湯は樹齢数百年の総イチイ造りとなっています。
ロッジ・ヌタプカウシペ  ロッジ・ヌタプカウシペ

源泉名 ヌタプカウシペの湯1,2及び3号井の混合
泉質 カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉
    (中性低張性高温泉)(旧泉質名:含食塩・正苦味-石膏泉)
泉温 52.6℃(気温2℃) 湧出量167リットル/分
視覚的試験 無色澄明・無味・無臭
ph値 6.1
成分総計 2.200g/kg

平日なのに、まさかの混浴なってしまい、昼の混浴が初めてだった友人にはハードだったかもしれませんが・・・まだまだ連れて行きたいがあるので、懲りないで付いて来て欲しいと願いながら、旭岳温泉郷を後にするのでした。

参考になったと思われた方は、
是非↓↓↓こちらをクリックしてね



旭岳温泉「ロッジ・ヌタプカウシペ」
住所 北海道上川郡東川町旭岳温泉
 0166-97-2150
入浴時間 12:00~16:00
定休日 不定休
過去記事http://kurumi2002217.blog77.fc2.com/blog-entry-691.html



(2015/08/26)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
良い体験
 Mちゃん、こんにちわ
ここ、素晴らしいロケーションですね。
友人も喜んだのでは?
混浴になるときわざわざことわりに来てくれるんですか?
その気遣いも良いですね~
友人も良い体験になったのでは??
2015/10/22(木) 08:12 | URL | きんちゃん #AzmySJ4g[ コメントの編集]
Re: 良い体験
きんちゃん、こんばんわ

友人を初めて連れて行ったのが
真夏の深夜に、十勝岳温泉「吹上露天」
初心者にはハードル高過ぎかな?と思ったのですが
真っ暗の中、v-354に手が届きそうな素晴らしい夜空の下
ビール片手に湯浴みしまして
私の男友達も居る上、見知らぬ男性客も居ましたが、
彼女温泉に目覚めたのでした。笑

そして、2度目がココ
それで外人さんと混浴です(@_@)
外人さんは、全く隠さないので、私も彼女も困惑しちゃいましたが
それでも、喜んでくれて良かったです。
次は「鹿の谷」に連れて行こうかと・・・
混浴率高いから、ハードルちょっと高いかな?(^^;)
でも、あの素晴らしさを知って貰いたくてね(^^)/
2015/10/23(金) 00:15 | URL | Mちゃん(雨女) #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。