日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旭岳温泉「ロッジ・ヌタプカウシペ」

6月のある日、我が家から45分程の旧湧駒別温泉(現在は旭岳温泉)の温泉宿へ
「大雪山国立公園」の原生林の中を走って行くと
1551357_138954878_1large.jpg

1551357_138954877_1large.jpg

人慣れしたキタキツネが、私たちのの前に現れました。
何か食べ物を貰えると思ったのでしょ~ぅねぇ
クラクションを鳴らしても、驚く事もなく、原生林に消えて行く様子もありません
1度をバックさせ、反対車線に回り込み、に向かう事に・・・。
それから、10分ほどを走らせると、目的の温泉宿が見えてきました。

1551357_138954880_1large.jpg
舌を噛んでしまいそうな宿名「ロッジ・ヌタプカウシペ」
アイヌ語で「大雪山」って意味だそうです。

1551357_138954881_1large.jpg
「露天風呂は貸し切りだょ。ゆっくりしておいで~」と女将さんが言ってくれたので、入浴料1000円(1名分500円)を支払い、ゴムの健康サンダルに履き替え、食堂を抜け外に出ます。

勇駒別川に面した露天風呂は、ここのご主人の手作りだそうです。
ロッジの張り出しテラスを回って露天
1551357_138954882_1large.jpg

 
丸太がアスレチック施設の様に、天井から吊り下がっていて、脱衣所の目隠しにされているところなんて、面白い発想
1551357_138954883_1large.jpg
しかし、駐車場やテラスからは、ほとんど見えちゃうんですけど・・・

吊り下げられた丸太の路地から、脱衣所へ抜けると
岩の上に木の箱(?)棚(?)があり、簀の子が敷かれています
ど~やら、そこが男女共同の脱衣所の様です
1551357_138954884_1large.jpg


その先には、自然光の明るい岩作りの露天が見えると、思わず「わぉぉ~~」と2人同時に感嘆の雄叫び
1551357_138954885_1large.jpg
ちなみに混浴です


光をキラキラと反射する湯は「最高」としか言いようがありません  
1551357_138954888_1large.jpg

無色透明のお湯は、少し熱めでしたが、サラサラで気持ちが良く
これぞ温泉浴&森林浴今日来てよかったぁ~
1551357_138954892_1large_convert_20101021222336.jpg
ヘビも入浴したかったのか、湯船の脇からが顔を出してきました

そして湯船を湧駒別川の方へ歩いていくと、噂のもう1つの露天を発見
1551357_138954890_1large.jpg
隠しみたいな感じで、ワクワクしちゃいます
川縁なのでヘビも多そうですょ
こちらの下の露天は、上のからお湯が流れ込む作りになっています。
上の露天の半分ほどの小さな露天で、お湯の温度はかなり温めで
入浴した日は15℃と気温が低かったので、長湯は出来ませんでした。


足場の岩が滑るので、下の露天に下りるときは注意しましょう! 
私は真っ裸で大転倒しちゃいました
それと下の露天は、橋の上から丸見えです  

1551357_138954891_1large_convert_20101021014027.jpg
温かい日でしたら、下の露天でも湧駒別川の流れを眺め、マイナスイオンを浴び、風で揺れる木々の音を聞き、長湯が出来たと思います。

そして、一旦服を着て、ロッジの中の内湯へ移動です。 
無垢材で作られた綺麗な女性脱衣室
1551357_138954896_1large.jpg


こちらは、ヒガツラで作られた女性専用の内湯
1551357_138954895_1large.jpg


1551357_138954893_1large.jpg
この豊富な湯量を・・・
露天と同じく、癖のないサラサラした湯で、湯温は高め
浴室には、カラン(湯と水)とシャワーもあり、木の香りがほのかにします。


1551357_138954894_1large.jpg
こちらは、オンコ(イチイ)で作られた男性専用の内湯
壁の縞模様が、とても良い感じですね

 
入浴後は、こちらのロビー(休憩室)で、まったりとした時間を過ごしました
1551357_138954897_1large.jpg

こんな近くに、これほど素晴らしいがあったなんて・・・した気分になっちゃいました

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。



旭岳温泉「ロッジ・ヌタプカウシペ」
住所 北海道上川郡東川町旭岳温泉
 0166-97-2150
入浴時間 12:00~16:00
定休日 不定休



(2009/06/17入浴)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
はじめまして…このロッジの露天風呂が懐かしくなって検索していたところ、拝見させていただきました。
私がここを訪れたのはもう20年近く前なのですが、変わらず様子でなんだかほっとしたような(笑)

露天風呂なんですが、夜、入ると最高です。
わずかな灯りしかないのですが、そのおかげで、湯船につかりながらに満天の星空を眺めることができます。私がお世話になったときは天の川までくっきりと見え、友達と二人、時間の経つのも忘れ気がつくと1時間程入っておりました(苦笑)。
それほどに素敵な眺めでした。
もし機会がございましたら、是非一度、体験してみてください。
本当に、時の経つのも忘れ、最高の一時を体験できます。

それでは失礼いたしました。
2012/11/04(日) 00:43 | URL | おるか #-[ コメントの編集]
Re: タイトルなし
おるかさん、はじめまして
コメントありがとうございます。
時々、覗きに来てコメントしてくれたら、嬉しいです。


> 私がここを訪れたのはもう20年近く前なのですが、変わらず様子でなんだかほっとしたような(笑)

以前は、行者ニンニクv-373が食べられたそうですょね
ログハウスに暖簾が下がっていて「おもしろいな~」と
思って見ていた記憶があります。
v-373は食べられましたか?


> わずかな灯りしかないのですが、そのおかげで、湯船につかりながらに満天の星空を眺めることができます。私がお世話になったときは天の川までくっきりと見え、友達と二人、時間の経つのも忘れ気がつくと1時間程入っておりました(苦笑)。

良いですねぇ~v-218
冬は露天風呂の方が閉鎖されるはずだったので
日帰り入浴が夜でも可能なら、来年行ってみたいなぁ~
そんな眺めなら1時間なんて、すぐに経ってしまいますねe-454


> それでは失礼いたしました。

また覗きに来てくださいね
2012/11/05(月) 19:16 | URL | Mちゃん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。