日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘境の温泉宿「新見温泉ホテル」の今後は?

 新見温泉郷には、「秘湯の宿 新見本館」と「秘境の温泉宿 新見温泉ホテル」の2軒の湯宿が隣接していましたが、「新見本館」と同じく平成28年3月末に閉館となる「新見温泉ホテル」
さようなら!秘湯の宿「新見本館」の記事http://kurumi2002217.blog77.fc2.com/blog-entry-815.html
どちらも開祖故新見直太郎氏によって発見され、明治45年から万病卓効の良泉として親しまれた奥ニセコの秘湯です。

(※マウスオンすると画像が変わります。スマホの方はタップすると画像がか変わります。)

「美人女将が居る」「お蕎麦が絶品」などと聞いてはいたけど、隣の「新見本館」でたっぷり癒されてしまい
こちらへ足を運ぶまでには至らなかったため、今回が最初で最後の湯浴みになってしまいます

(※マウスオンすると画像が変わります。スマホの方はタップすると画像がか変わります。)

入浴料のを支払い、横を見るとアンティークな金庫の上に温泉分析書があります。
新見温泉ホテル  新見温泉ホテル
(※画像をクリックすると拡大します。)

お湯はお隣の「新見本館」と同じ・・・
源泉名 新見温泉1号井
泉質 カルシウム・ナトリウムー硫酸塩温泉(旧泉質名:含芒硝ー石膏泉)(中性低張高温泉)
泉温 63.2℃(気温16℃)
知覚的試験 無色澄明・無味無臭
ph値 7.3   ラドン 0.649マッヘ単位/kg
成分総計 1.446g/kg
分析終了日 平成22年10月5日

残念だったのが、この日は2階部分に位置する野天風呂「立木の湯」で湯浴みできないとのこと・・・
混浴ですが、野趣溢れる素敵な露天風呂だったと記憶しています。
新見温泉ホテル  新見温泉ホテル
(※画像をクリックすると拡大します。)

しかし、最後ですから、我が儘は言ってられません
内湯の脱衣所は、とにかくシンプル子供のオモチャが置いてあるだけ
新見温泉ホテル  新見温泉ホテル
(※画像をクリックすると拡大します。)

初めての浴場はどんな感じかな?いつもながらしちゃいます
ガラガラ~っとガラス戸を開けると・・・
透明な湯が静かに静かに浴槽から溢れ、湯面はまるで鏡の様、床タイルはコーティングされた様に光ってます

(※マウスオンすると画像が変わります。スマホの方はタップすると画像がか変わります。) 

シャワー付き洗い場も6つ、広くはないけど、自然光が取り入れられ明るい浴場です。
新見温泉ホテル

掛け湯槽もあります。そして、剣を持っている様なのでお不動様でしょうか?
新見温泉ホテル  新見温泉ホテル
(※画像をクリックすると拡大します。)

浴槽の真ん中の岩から、湯がゆっくり注がれて、岩に付着している白い温泉成分に歴史を感じます
新見温泉ホテル  新見温泉ホテル

・・・と言うことで、誰も居ないことを良いことに、本日もさん登場

(※マウスオンすると画像が変わります。スマホの方はタップすると画像がか変わります。)
野天風呂でも湯浴みをしたかったけど、この浴場と良く温まる湯感さっぱりの新見温泉の湯を満喫して、2つの新見温泉に別れを告げるのでした

それが、「新見温泉存続」と言う情報がありました
記事元はhttp://mainichi.jp/articles/20160131/ddl/k01/070/142000c

『名湯は残った』 〈一筆半歩/小川祐希〉 毎日新聞2016年1月31日
蘭越町の山中にひっそりとたたずむ秘湯・新見温泉の2軒宿「新見本館」と「新見温泉ホテル」が、3月末で100年余りの歴史に幕を閉じる。そう聞いて、札幌から車で2時間半、現地を訪ねた。
 新見温泉は広島県から入植した新見直太郎氏(故人)が発見し、1912(明治45)年に開業した。現在、2軒の宿はいずれもその孫が経営している。
 新見本館の新見健社長(74)によると、最盛期の90年代前半には平日でも1日約130人が宿泊したが、その後、長く続いた景気低迷で減少。今は湯治などの常連客が8割以上を占め、1日あたりの宿泊者は10人に満たない。2軒とも後継者がおらず、廃業を決めた。
 昨年12月、廃業のニュースがインターネット上で流れると、全国から買い取りの申し出が相次いだ。中には10億円を出すという話もあったが「投機目的で買われるより、温泉を生かしてくれるところに」(新見社長)と、別の企業に約1億円での売却を決めた。
 建物は取り壊される見通しだが、湯は引き継がれる。北海道の歴史ある観光資源として、いつまでも愛される温泉であってほしい。

もしかしたら、近いうちに新見温泉「再開」や「復活」のニュースがあるかもしれませんね

参考になったと思われた方は、
是非↓↓↓こちらをクリックしてね



秘境の温泉宿新見温泉ホテル
〒048-1327北海道磯谷郡蘭越町字新見5


(2016/03/23)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
うれしぃ~
 Mちゃん、こんにちわ
新見温泉、もったいないなぁ~と感じてました。
そういう人は沢山いたはずです。そんな人達にとって
すごく嬉しいニュースですね。
投機目的ではなく温泉を生かしてくれるところに・・・男気と
愛着を感じました。

私もこちら側には入ったことなかったです。
こちらも素朴で素敵な湯ですがやはりあの露天のある方に
行ってしまうのは致し方ないのかな・・・

コメ返信は気が向いた時で構いませんし忙しいようでしたら
無くても構いません。勝手に思ったこと書いてるだけですから(^ω^)
2016/05/25(水) 09:30 | URL | きんちゃん #AzmySJ4g[ コメントの編集]
Re: うれしぃ~
こんばんわ、きんちゃん
コメント、いつもありがとうございます。

この風情ある建物に混浴は残して欲しいけど・・・
やっぱり難しいのかなぁ~と思います。
でも源泉かけ流しだけは、絶対に残して欲しいですょね
保健所がうるさいのかな・・・
2016/06/21(火) 00:04 | URL | Mちゃん(雨女) #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。