FC2ブログ
日帰りで行ける温泉を中心に湯巡りしながら、食べ歩きを気ままにご紹介…。

由仁温泉「ユンニの湯」

雪解けが進む3月、由仁町の「東京ホルモン」

その後、同じ町内の・・・ここ「ユンニの湯」
CA390214.jpg

24612574_2413321402_convert_20110310223901.jpg



栄養もタップリ摂ったし、後はで、ゆっくりと週末の疲れを癒そうと思い
玄関から中に入って、ガーーーーーン
ロビーまで人が溢れかえってる激混み
何処を見渡しても、入浴客だらけ、休憩室も・・・浴槽も・・・
カランなんて、全部使用中椅子すらありません
写真なんて写せる訳もなく
しゃ~ないので、露天
しかし、露天もイモ洗い状態
空いてたのは、ハーブ湯のみ・・・
日が悪かったのか、癒される訳もなく、1人でハーブ湯で入浴

フッと気付くと、ガラ~~~~ン
そうです
札幌行き無料バスの発車時刻
7割くらいの入浴客が帰られ、やっとゆっくり湯浴みができました

ナトリウム炭酸水素塩・塩化物泉(アルカリ性低張性冷鉱泉)
■旧泉質名 含食塩-重曹泉
CA3C-wvi889.jpg

■特徴 炭酸水素イオンが多く含まれぬめりがあり、肌がすべすべになる事から、俗に「美人の湯(美肌の湯)」といわれる温泉です。また、地下1,300mより湧き出る温泉はコーヒー色をしています。泥炭地帯に位置しており地下水が数千年前に堆積した石炭層に浸透してこの色がうまれているとか・・・・太古の浪漫を肌に感じてみてください。(公式HPより)
■適応症 慢性皮膚病・冷え症・神経痛・筋肉痛・関節痛等

入浴後は、休憩室で鯛焼き食べたり飲んだりと、ゆっくりする事ができました。

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



北海道の日帰り温泉・宿泊温泉施設 ユンニの湯
〒069-1218 北海道夕張郡由仁町伏見122番地
TEL:0123-83-3800 FAX:0123-83-3811
入浴時間 6:00~8:00 10:00~22:00
入浴料金 平日 大人600円 (税込) 土・日・祝日 大人650円 (税込) 
公式サイトhttp://www.yunni-spa.com/



(2009/03/04)

うらうす温泉保養センター

偶然なのか温泉効果なのか
アトピーが、日に日に落ち着き
手のひらもツルツルになってきました
もちろん、新しくアトピーも発症もなく

北村温泉の効果も、かなり出ている様な気がするって事で
今週も岩見沢市の北村温泉に向かいました。

今日は、1時間早く待ち合わせした事もあったので
「他のにも寄ろう
「エェェ~寄り道したら北村温泉に入れなくなるじゃん」
「だから、30分でから上がるんだょ」

・・・と言う事で、国道275号沿いに建つ道の駅「つるぬま」の国道を挟んで向かいにある
「浦臼温泉保養センター」に立ち寄る事になりました。
1.jpg ※浦臼町公式HPより引用

24612574_660369848_convert_20110709020130.jpg
施設の大きな窓からは、鶴沼や公園、いこいの森が見る事ができましたが・・・
冬だったので何も見えず、ただ真っ白
この辺りは、石狩川沿いなので、多くの三日月湖や沼があるようです。

脱衣所には、貴重品を預けることが出来るロッカーもあり安心です。
浴場は大きな窓があり、明るく開放感があります。
雪のない季節なら、眼下の鶴沼やいこいの森が眺められると思います。
24612574_4146987919_convert_20110709021131.jpg
正面に大きな浴槽と円形の小さな浴槽があり、円形の浴槽は気泡風呂となっており
またサウナもあり、そのため水風呂もありました。
シャンプーやボディーソープは備わってなかったので、持参すると良いと思います。

源泉名:浦臼温泉(鶴沼温泉井)
泉質:カルシウム・ナトリウム塩化物強塩泉(弱アルカリ性高張性低温泉)
源泉温:25.2℃    ph 7.2
備考:道内一の強塩泉で地下水を加水、加温、循環濾過、塩素投入

24612574_2816886800_convert_20110709022546.jpg
特に「この温泉固有の適応症」ってのが良いですね
私のアトピーや婦人科系疾患に効くかしら?


約束の30分で待合室に行くと
24612574_828145684_convert_20110709023152.jpg
連れは、まだみたいなので、100円でマッサージに座り、アホ~っと・・・
「冬の遠出は運転も大変だろ~?残りの道の駅も遠くばかりだから、冬は温泉巡りなんて、ど~~だ?」

そして、私たちの温泉巡りが始まったのでした。

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



うらうす温泉(浦臼町温泉保養センター)
住所:〒061-0602 浦臼町キナウスナイ188-30
TEL:0125-68-2727  
営業時間:10:00~21:00
定休日:日帰り入浴は年中無休
入浴料:大人400円
公式サイトhttp://www.town.urausu.hokkaido.jp/iroiro/syukuhaku.html



(2009/01/14)

月形温泉「ゆりかご」

岩見沢北村温泉に行く予定でしたが、「たまに違うにしょう」と突然変更
月形町皆楽公園内の「月形温泉ゆりかご」に行きました。
24612574_378385747.jpgここの温泉は、月形町民保養センターとして昭和62年にオープン

24612574_234777353_convert_20101109231705.jpg「月形温泉ゆりかご」の隣は「月形温泉ホテル」
向かいには黒味噌ラーメンが美味しい「むつみ屋」があります。

館内は、平成になってから改装しているだけあって、とても綺麗
ゆっくり出来そうな大きく広い休憩室や、子供が楽しめそうなゲーセンなどもあります
入浴料は1名500円
偶数日と奇数日で、男女の大浴場が入れ替わるそうですょ

私は、もちろん女湯へ
24612574_1198972257.jpg
入浴客が大勢居るので、これが限界
毛染めコーナーや、ブラックシリカサウナがあった、大きくゆったりとした浴槽が列んでます。

露天に行くと、誰も居なかったので撮影できました
24612574_2030797741.jpg
近くの北村温泉よりも、塩分濃度が低いのかも・・・皮膚(傷)にピリピリとしませんでした。

泉質:ナトリウム・カルシウム塩化物泉(低張性中性低温泉)  旧名 含塩化土類ー食塩泉
効能:神経痛、筋肉痛、五十肩、関節炎、運動麻痺、うちみ、くじき、火傷、慢性消化器病など
源泉温度:35.6℃
加水:なし   加温:あり
湧出量:毎分 426リットル
pH値:7.9←弱アルカリ性じゃん
循環ろ過・塩素殺菌あり

下調べをきちんとして、に行きましょう(笑)

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



月形温泉「ゆりかご」
樺戸郡月形町81番地10 月形温泉ホテル
TEL:0126-37-2188
開館時間: 夏期(4月〜10月)
 10:00〜22:00(最終入浴受付 21:30)
冬期(11月〜3月)
 10:00〜21:00(最終入浴受付 20:30)
定休日: 第3火曜日
料金:大人500円
公式サイトhttp://www.tsukigata-onsen.com/hotspring.html



(2008/12/01入浴)

やすらぎの湯 北村温泉ホテル

アトピー性痒疹に悩まされている私に、友人から「北村温泉がアトピーに良いらしい」と朗報が入った
お試しに入浴してみよ~って事で、早速GO
旭川からは、滝川市を経て、道道6号線を岩見沢方面へ進みます。
24612574_2075279663.jpg
http://www.kitamuraonsen.com/index.html        これ私たちじゃないょ(笑)
北村温泉の所在地は、岩見沢市北村赤川156番地7   

昼過ぎに北村温泉に到着した私たちは
まずは、ホテルのレストランでお食事
北村温泉名物の牛乳ベースの味噌ラーメン「北村ラーメン」を
濃厚なスープに、コーンに玉葱、白菜、チャーシューが載ってて
お味は味噌ラーメンがマイルドな感じですが、濃厚なんです(意味不明なんですが)
名物は他にも「北村ドジョウの柳川」があります。
※入浴前の食事は良くないそうなので、ご注意ください。私たちの事はスルーしちゃってね

ここのは、沸かさず薄めず43度の天然温泉、つまり加温なし源泉100%かけ流し
豊富な湯量の温泉はナトリウム-塩化物強塩泉で、アトピー等皮膚病、神経関節痛、筋肉痛、運動麻痺、疲労回復、冷え性、慢性婦人病に効くとされています。
大小二つの露天風呂、大浴槽の内湯、岩盤浴も設置しており、無料の足湯もあります。

フロントで、1名500円の入浴料を払い、下足ロッカーに靴を預け(コインは返却されるょ)
小さな売店(?)前を抜け、浴場へ
24612574_3398625689_convert_20101107010259.jpg
浴場前で時間の約束を済ませ、私は「姫」へ
ちなみに、の画像、私はこんなに若くないです(汗)
脱衣所では、地元の方が井戸端会議中
脱衣カゴを見ると、平日なのに15個以上が使用されていたのにはビックリ

まずは洗身して、灰濁りの湯が満々と溢れ、流れ出ている大きな浴槽に入浴
アトピーにピリッピリッと染みるけど、直ぐに身体の芯まで温まり、汗が出てきました
入浴客も至る処でお喋りに花が咲いている様子、内湯の撮影は断念しました

次に楽しみの露天風呂に移動
21142000_3297360611.jpg
手前が小さな露天風呂で、奥が大きな露天風呂
大きな露天風呂からは、滝の様に・・・豪快に温泉が溢れ落ちています
いやいやもったいない
いやいや贅沢
ただ・・・残念なのは、露天風呂全体が囲われているので、景色が全く見られなく、開放感が・・・

私は迷わず、大きな露天風呂
21142000_2208374392.jpg
外気温が-6℃と寒かったので、しばらくの間、この露天は独り占め
バタ足なんかして遊んでいたら、そこへ入浴客が2人

そして、露天でも、井戸端会議がスタート
「ここの温泉はアトピーが良くなる。」「皮膚科要らずだ」「水虫が治った」
「ここの湯で漬け物を漬けるんだわ。塩加減が丁度良いんだわ」「塩の節約になる」
「この湯を飲んだら高血圧になる」
こんな感じで、楽しいお喋り に仲間入りして、お喋りがつづく・・・

はッと気付くと、約束の時間を過ぎちゃってて
急いで休憩室に行くと
なんともアットホームな休憩室
は、誰も観てない韓国ドラマが入って
みかんを食べながら、ワンカップ片手のお婆さんと、何やらウロウロしているお爺さん(このお爺さん、全く座る様子がない)と
ずっ~と渋い顔して、クロスワードに燃えているオバサンと
夫婦でアイマスク装着、白いタオルケットを掛けて完全に熟睡している御夫婦
この御夫婦は、この休憩室に住んでいるのか?と思えるくらい
身の回り品を持ち込み、気合いが入ってる
そして、一番手前にお連れさんがゴロ寝しています。
ゴロゴロしながらお喋りして、北村温泉を出た頃は、真っ暗で
21142000_4017996750_convert_20101107023608.jpg
慌てて帰路につきました

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓




やすらぎの湯北村温泉ホテル
〒068-1213 岩見沢市北村赤川156-7
電話番号 0126-55-3388
定休日 無休
日帰り入浴料 大人(中学生以上) 500円
時間 7:00 ~ 22:00
公式サイトhttp://www.kitamuraonsen.com/price/index.html



(2008/11/26・2009/01/07入浴)

ホテルかもい岳温泉

美瑛町のポテトの丘にある「ブラン・ルージュ」で食事後

ドライブがてら、温泉にでもって事で、歌志内市のチロルの湯へ・・・
平日なのに駐車場が、でいっぱい混み合ってる

で、かもい岳国際スキー場に隣接する「かもい岳温泉」で入浴することに
21142000_1237151651.jpg


玄関を入ると、水を張ったガラス容器の周りに氷が山盛り
「ん?」と覗き込むと
21142000_3501394472_convert_20110115213407.jpg
流氷の「翼足目裸殻翼足亜目ハダカカメガイ科のクリオネ」が3匹
天使と言う割に、肉食性で獲物を捕まえる時なんか、悪魔みたい顔になるんだょね

大人1名450円の入浴料を払い
浴室へ行くと・・・・・・・・・わ~い貸し切りだぁぁぁ
CA390058_convert_20110115213926.jpg
ん?なんで?隣の「チロルの湯」は激混みなのに

と、不思議に思いながら、浴場へ
CA390055.jpg温泉?そして、気付く・・・

薬湯のみ・・・しかも~沸かし湯

「かもい岳国際スキー場に隣接した市営の宿泊施設。洒落た建物で入浴のついでにアスレチックジムも利用できる。露天風呂はなく、内湯とサウナ・ジャグジーなどがある。天然温泉じゃなく「センキュウ」を使用した薬湯になっている。」(HPより)

そりゃッこっちは空いてて当然ですね
だってね。隣の「チロルの湯」は、毎分650リットル湧出している天然温泉(ナトリウム-炭酸水素塩泉)ですょ
650リットルも湧出しているんだから、「かもい岳温泉」って言うんだし・・・・ね
そう思うでしょ

しかし、気を取り直し
この広い浴場を1人締め
21142000_3331118603_convert_20110115215238.jpg
湯船で、ストレッチ三昧
バタ足をしても
少々、ハシタナイ格好をしても、誰も居ません
足を思いっきり、足だけでなく全身も伸ばし、プカプカ
湯はともかくとして、やっぱり大きなお風呂は幸せ

湯上がり後は、懐かしのフルーツ牛乳を飲んで、お喋りして楽しく帰ってきました
一応、「温泉」のカテゴリにしましたが・・・(笑)
これからは、下調べして、お出かけする事にします。

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



ホテルかもい岳温泉
〒073-0404 北海道歌志内市宇歌神95-10
 0125-42-2717
時間 10:00~20:00
公式サイトhttp://win.kamoi-hotel.jp/


大きな地図で見る

(2008/11/19)

えべおつ温泉

丸加高原でコスモスの花見をした後、えべおつ温泉に行きました。
函館本線の線路脇に、ちょっと鄙び感が漂う「えべおつ温泉ホテル」があります。
19793406_2208285996.jpg


中に入ると、直ぐに気さくなオバチャンが
「いらっしゃい。そこの階段から、ど~ぞ~」と

階段を下りると
19793406_978338173.jpg
「おぉぉ~いきなりの休憩室だ」

 女湯・・・
19793406_2158258783.jpg

 
狭い脱衣所と浴場
19793406_1767616035.jpg 19793406_3927970344.jpg
「なんか、良い雰囲気だわ」
お婆ちゃんが3名入浴中でした。
湯場は広く、カランが両面で20はあると思います。

塩化物泉-効能…神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・冷え性・慢性消化器疾患・慢性皮膚炎・他
大正初期に釣り人が冷鉱泉を発見、そこを湯場としたらしく、その後昭和57年にボーリングしたところ、温泉が噴出したそうです。
それからは、白濁した源泉100%の温泉と冷鉱泉が、掛け流しで使われている贅沢な温泉となってます。

19793406_457583634.jpg
電気湯と寝湯            
意外や意外
サウナに冷鉱泉に高温湯、ボディシャワーまで有るのょ
で、寝湯でボケーとして、隣の電気風呂に手を浸けてビックリ
かなりビリビリきました~

で、こちらが高温泉と適温の温泉
19793406_3315278199.jpg
あっさりした湯で、とても気持ちが良く身体もポカポカになりました。

そして、休憩室に行くと、連れが懐かしいフルーツ牛乳を飲みながら
新聞を読み、テレビを見てました。
メインは、どっちなのでしょう?
チャンネルを替えれば「見てた」と言うし・・・

で、私はと言うと、100円で永遠動いてる壊れた(?)昔ながらのマッサージ椅子に身をゆだね
身体中をグニャグニャに揉み倒され、帰って来ました。

後で知りましたが、別館「みだて」では、自家栽培したキタワセの10割蕎麦が食べられるそうです。


ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓




えべおつ温泉
住所 079-0462 北海道滝川市江部乙町西12-8-22
TEL 0125-75-2555 (FAX)0125-75-2595
時間 10:00~20:00
公式サイトhttp://onsen.secumaint.com/



(2008/09/10入浴)

三頭の湯「せいわ温泉ルオント」

確かに鄙びた温泉も好きですが、時にはこ~言う温泉にも入ります
幌加内市街地から国道275号線を北に向かい約12Km程進んだ所にある
道の駅「森と湖の里ほろかない」と隣接していてる「せいわ温泉ルオント」に入浴しました。
19793406_3711633879.jpg
天塩山脈の麓、そばの里政和に沸き出す「三頭の湯」は、ナトリウム-塩化物泉(中性低張性冷鉱泉)、泉温は6.5度。
湧出量は毎分30リットル、加温・循環ろ過・塩素-銀イオン殺菌され(こ~言う温泉施設は仕方ないょね)
効能-神経痛・筋肉痛・五十肩・健康増進・慢性婦人病・皮膚炎
内湯は4つ、露天は1つの浴槽があり、サウナやジェットバスも設置されていますが、サウナやジェットバスは、私に余り関係ないかも・・・。

平日なので、今日も貸し切りに近い状態

19793406_2593739631.jpg  楕円形の浴槽は重曹湯                

19793406_1519801172.jpg 薬湯は日替わりだとか・・・・ブルーミント湯


湯色が少し黄色がかった「二頭の湯」
19793406_3038478891.jpg
掛け流しでもなく、循環してますが、よく温まるのは温泉だからでしょうね

次に、ここルオントの目玉「庭園露天風呂」へ
二頭の湯より色が濃い「三頭の湯」         園庭内は、ずっと歩いて行けるけど、真っ裸ではちょっと勇気が・・・
19793406_2106901666.jpg  19793406_2867101716.jpg
紅葉の季節にも早く、蕎麦祭りも先・・・貸し切り露天を思う存分満喫しちゃいました

湯上がり後は、休憩室で座布団を敷き詰めて・・・

ブログランキングに参加しています。
ワンクリック応援よろしくお願いします。
↓↓↓



三頭の湯「せいわ温泉ルオント」
住所 北海道雨竜郡幌加内町字政和第一
 0165-37-2070
温泉 10:00~21:00閉館
レストランそばの里 11:30~14:00/17:00~20:00ラストオーダー 20:30閉店
物産館 10:00~17:00
入浴料金 大人500円
公式サイトhttp://www.soba-horokanai.com/yu.html



(2008/09/01入浴)
プロフィール

Mちゃん(雨女)

Author:Mちゃん(雨女)
性別 : 女性
現住所 : 北海道

湯桶とイスを元の場所に片付けましょう
アルバム
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

YouTube
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
お友達の新着記事
リンク
アクセスランキング
ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: